NEXT MOBILITY

MENU

2018年11月13日【社会インフラ】

AGC、従来よりも紫外線劣化を抑えるポリカシートを開発

NEXT MOBILITY編集部

 

AGCは、高い耐候性と自己修復性を持つポリカーボネートシート「CARBOGLASS LF」を開発。今後、本製品を遮音壁やフェンスなどの屋外設置物件向けに販売し、2019年からの量産を予定している。


ポリカーボネート(ポリカ)は、透明で耐衝撃性に優れることから防護フェンスや道路の遮音壁などに使われる一方で、紫外線を浴びると劣化(耐衝撃性の低下、変色)するという短所がある。

 

表面に紫外線吸収剤を添加して保護層とした耐候グレード品も販売されているが、これら製品でも紫外線を長時間浴びると保護層が低分子量化し、紫外線がポリカに到達して劣化してしまうと云う。

 

AGCは今回、同社開発の被塗物の寿命を延ばす高耐候性フッ素樹脂ルミフロン(※1)をコート樹脂(※2)に用いて「CARBOGLASS LF」を開発。以下の3つの特長を備えている。

 

・紫外線を長時間浴びても保護層の紫外線吸収能力が落ちないため、耐衝撃性と透明度を長期間維持。

・時間の経過とともに微小な傷が自然消滅する“自己修復機能”。

・熱曲げしても表面にクラックが生じないため、より自由な形状デザインが可能。

 

なお、同製品は、12月5日(水)~7日(金)に幕張メッセで開催される「第9回高機能フィルム展」に出展が予定されている。(ブース番号:4ホール16-48)

 

※1:AGCが開発した高耐候性塗料用フッ素樹脂で、被塗物を屋外環境から保護し、耐久性の向上に貢献。1982年の上市以来、世界の建築構造物に採用されている。

※2:AGCと塗料メーカーで共同開発したコート液。

 

 

[開発品の耐衝撃性と自己修復機能の検証結果]

 

 

■耐衝撃性

 

高出力の水銀ランプの光(紫外線)を3時間照射した際の耐衝撃性(衝撃吸収エネルギー)の変化をみると、ポリカシート単体(CARBOGLASS クリア)や共押し品の耐衝撃性は照射前と比較して30%低下するのに対し、「CARBOGLASS LF」の耐衝撃性は同条件の照射で10%程度しか低下しない。

 

紫外線照射による耐衝撃性(衝撃吸収エネルギー)の変化

紫外線照射による耐衝撃性(衝撃吸収エネルギー)の変化

 

■自己修復機能

 

スチールウールでポリカのコート面に傷をつけた後、室温で放置すると傷が徐々になだらかになる(1μm以下の傷で実証済みだが、傷の種類によっては消えない場合もある)。

 

室温で放置(1分、10分)した際の傷の修復度比較

室温で放置(1分、10分)した際の傷の修復度比較

 

 

[問い合わせ先]

 

AGC株式会社 広報・IR部長 玉城 和美
担当:太田
電話: 03-3218-5603
メール: info-pr@agc.com

 

 

■第9回高機能フィルム展:http://www.filmtech.jp/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。