NEXT MOBILITY

MENU

2021年5月20日【IoT】

ヤマハ、専用アプリに“つながる”「NMAX ABS」発売

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ヤマハ発動機は5月20日、原付二種スクーター「NMAX ABS」をモデルチェンジし、2021年モデルとして6月28日に発売すると発表した。

 

「NMAX ABS」は、「MAXシリーズ」のDNAを受け継ぎ、その特徴である斬新なスタイルやスポーティな走りをコンパクトなボディに凝縮。通勤や街乗りなど、市街地の移動における快適性を追求したシティコミューターだという。

 

着信通知や燃費管理が可能なスマートフォン用専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect(略:Y-Connect)」に国内モデルで初対応するほか、トラクションコントロールシステムを採用した平成32年排出ガス規制適合の新「BLUE CORE」エンジンを搭載している。

 

BLUE COREとは、ヤマハ発動機が“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を目指し、2014年から掲げるエンジン設計思想。この思想のもと、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図る。

 

なお、製造はグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行う。

 

 

■カラー
・ホワイトメタリックB(シルバー)
・パステルダークグレー(グレー)
・マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)
・マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)

 

■メーカー希望小売価格
368,500円(本体価格335,000円/消費税33,500円)

 

 

■NMAX ABSの新たな特徴

1.着信通知や燃費管理が可能なスマートフォン用専用アプリ同社国内モデル初対応
「YAMAHA Motorcycle Connect(略:Y-Connect)」をダウンロードしたスマートフォンとペアリングすることができる。ペアリングにより拡充する機能は以下。
(1)電話やメールの着信、スマートフォンの電池残量など、車両側のメーター表示項目の追加
(2)スマートフォン画面でのエンジン回転数表示
(3)オイル・バッテリーのメンテナンス推奨時期のお知らせ
(4)燃費など運転状況把握
(5)車両の最終駐車位置確認

 

 

2.トラクションコントロールシステムを採用した平成32年排出ガス規制適合の新「BLUE CORE」エンジン
エンジンは、吸気・排気系の仕様、およびFIセッティングの最適化により平成32年排出ガス規制適合化を図りながら、リニアで扱いやすい出力特性をさらに向上させた。また濡れた未舗装路等で滑らかな発進性と走行性を実現するため、トラクションコントロールシステムを新採用。軽量鍛造ピストン、VVA(可変バルブ)”、放熱性に優れるDiASilシリンダー、ロス低減を図るオフセットシリンダーなどは継続している。

 

 

 

3.静かなエンジン始動/再始動を可能にする「Smart Motor Generator system」
エンジン始動用モーターとジェネレータの機能を一体化した「Smart Motor Generator」を同社国内モデルとして初採用。走行時はジェネレータとして働き、エンジン始動・再始動時はモーターとして働く。

 

 

 

4.低燃費に貢献する 「アイドリングストップシステム」
信号待ちなどで停車すると自動的にアイドリングを停止して燃料消費を抑え、また再発進時には静かなエンジン再始動で発進できる「アイドリングストップシステム」を同社国内原付二種モデルとして初採用した。

 

 

 

5.スタイルと機能性をバランスさせた新フレームと快適な乗り心地を支える前後サスペンション
スタイルと走行性能・実用機能をバランスさせた新設計フレームを採用するほか、エンジン懸架レイアウトを最適化することにより各部の振動を低減。また、サスペンションには最適なセッティングを施し、2段階でイニシャル調整が出来る新構造も新たに追加した。また、前後ともに新作の軽量キャストホイールを採用している。

 

 

 

6.信頼性と質感の高さを表現したスタイリング
“Prestige Confidence”をデザインコンセプトに、初めてスクーターに乗る人にも一目でわかる快適性・信頼性の表現やビジネスクラスに乗るような優越感をスタイリングのポイントとしてデザインしている。

 

 

 

その他の新しい特徴
・ヘルメットが収納可能な容量約23Lのシート下トランク(トランクの前方に2個分のヘルメットホルダー装備)
・12V DCジャックを備えた小物入れ&リッド付き収納BOX
・明るい LED 6 灯ヘッドランプ
・立体感あるリアビューを演出するテール&ストップランプ
・見やすいフル液晶メーター
・スマートキーシステム

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。