NEXT MOBILITY

MENU

2021年1月12日【新型車】

「メルセデスAMG GLB 35 4MATIC」を発表

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

メルセデス・ベンツ日本は1月12日、ハイパフォーマンスモデル「メルセデス AMG GLB 35 4MATIC(以下 GLB 35)」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて同日より予約注文の受付を開始することを発表した。また、納車は2021年1月末頃を予定している。

メルセデス・ベンツ・ロゴ

GLBは、世界で持続的な成長を遂げるSUV市場において、すでに多くのラインアップを持つメルセデス・ベンツが、さらに多様なニーズに応えるべく投入する、全く新しいモデルとして2020年6月にデビューした。オフローダーであるGクラスからインスピレーションを受けた本格的なSUVでありながら、広い室内空間に7人乗車を標準とし、かつ日本の都市部でも取り回しのよいボディサイズを実現している。

 

GLB 35は、「メルセデスAMG 35シリーズ」6番目のモデルとなる。前輪駆動アーキ テクチャーモデルに高出力なエンジン、十分なトラクションを確保する四輪駆動システム、高い剛性とアジリティのためのシャシーの補強やサスペンションのセッティングなど高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なうことがないように開発されているという。

なお、GLB 35には、新車購入から3年間、一般保証修理/定期メンテナンス(点検 整備の作業工賃・交換部品)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償 で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。また、メルセデス・ケア期間中には、希望のモデルを3回無料で利用できる週末貸出サービス「シェアカー・プラス」も利用可能。

 

さらに、メルセデス・ケア終了後も引き続き2年間、一般保証、定期メンテナンスや24時間ツーリングサポートを利用できる有償のサービスプログラム「メンテナンス& 保証プラス*1」も用意している。
*1:メンテナンスサービスは総走行距離75,000kmまでで終了となる。

 

 

■メルセデスAMG GLB 35 4MATICの詳細説明
サスペンション
標準装備となる「AMG RIDE CONTROL サスペンション」は、サスペンションを制御する3つのモードをドライバーが選択することができる。システムは走行状況や路面の状態に応じて各ホイールに対する減衰力を自動で調整するが、この調整は連続可変式で減衰特性を広い範囲にわたって変化させるため、走行快適性とアジリティを等しく高めることが可能になる。

 

ブレーキシステム
強化ブレーキシステムは耐フェード性に優れるとともに、制動距離も短縮されている。搭載されているディスクはドリルドベンチレーテッドタイプで、熱の発散を高めることで過酷な使用条件のもとでもフェード現象を予防する。

 

パワートレイン
GLB 35には最高出力306PS(225kW)、最大出力400N・mを発生する、2.0リッター直列4気筒ターボエンジン「M260」が搭載される。低回転域での力強く、自然なレスポンスと、中高回転域での伸びやかな加速感を両立させるため、ツインスクロールカムトロニックターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」が採用された。
組み合わされるAMGスピードシフトDCT8速デュアルクラッチトランスミッションは、全速度域でのきわめて自然な加速性能に加え、素早いシフトとシフトアップ時の最適なギアのつながりが得られるようにセッティングされ、俊敏、かつダイナミックで気持ちの良い加減速を実現している。

 

四輪駆動システムAMG 4MATIC
トルク可変配分四輪駆動AMG 4MATICのトルクの前後配分は、状況に応じて連続可変制御され、前後100:0から50:50までの範囲で変化する。トルクの前後可変配分は、リアアクスルの伝達装置に内蔵された多板クラッチが行う。電気機械制御式である多板クラッチは、トルク配分可変範囲全体にわたってクラッチのレスポンスが速く、しかも動作が速度に依存しないことなどから、電気油圧システムよりも、よりシャープなドライビングダイナミクスを得ることができる。

 

5つのドライブモードと AMG DYNAMICS
GLB 35には5つのドライブモードが用意され、様々な状況に最適な制御を選択することができる。各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能な他、各モードに自動選択される「ベーシック」、「アドバンスト」の2つの「AMG DYNAMICS」のモードがあり、ESP®の制御を変化させる。

 

デザイン
エクステリアデザイン、インテリアデザインともに、メルセデスAMGモデルならではの高いパフォーマンスを感じさせる要素を取り入れられている。

 

AMGトラックペース
GLB 35にはAMGトラックペースも装備されている(ナビゲーションパッケージ装着時)。サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能。加えて、ラップタイムと区間タイムの表示や、それぞれの基準タイムからの差を表示する機能も備えている。

 

 

■メーカー希望小売価格*2
¥7,370,000(¥6,700,000)
*2:( )内は消費税抜き車両本体価格。
上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格。
「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となる。
価格は販売店が独自に定めるため、メーカー希望小売価格は参考価格となる。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。