NEXT MOBILITY

MENU

2018年7月31日【アフター市場】

カープライス、元SMAPの森且行氏を新CM他で起用

NEXT MOBILITY編集部

 

 

三井物産グループ傘下でインターネットオークション事業を展開するカープライスは、7月31日、同社が運営するインターネット上の中古車買い取りサービス「カープライス」の新CMのタレントとして、元アイドルで現オートレーサーの森且行氏を起用したことを発表。同日に東京都内で、森氏の同社アンバサダー就任発表会を開催した。

 

 

 

そもそもカープライスは、売り主(一般消費者)が、手軽に参加できる独自のインターネット・オークションシステムである。その内容は「カープライス」が独自開発したインターネット・ライブオークションシステムを介して、国内外の中古車販売店や輸出業者からリアルタイムに入札を募り、 オークション最終価格を見た後、消費者側が売却するかを判断して初めて「車両の買い取り取引が成立する」という商流が基本となっている。( レポート:平塚 直樹 )

 

元々このサービスは、2014年にロシアで立ち上げられた中古車ライブオークション運営会社による事業が原点となっており、先の通り個人の売主が買取業者向けオークションをリアルタイムで見て成約を決め、カープライスはこの際に手数料収入を得るという仕組み。そしてこれにより消費者は、通常の買取業者への売却よりも高い価格で手軽に自動車を売ることができるというメリットが1番の強みとなっている。

 

より具体的には、国内外900店舗以上の中古車販売店や輸出業者から入札を募り、クルマの所有者は愛車が幾らで売れるのか、自身保有のPCやスマートフォン等で、その値付けの過程をリアルタイムで見ることが可能となっている。

 

これは従来の中古車買い取りサービスと異なり、中古車ディーラーの仲介が入らない分、販売価格が消費者が求める希望価格以上になり易いことを意味しており、また一般消費者がこの売買システムに参加するための手間も一度、加盟店で車両の検査を受けるだけ済むという手軽さが人気のひとつとなっている。

 

つまるところ旧来の自動車買取システムでは、C(コンシューマー/消費者)とB(事業社)間で行われてきた商取引の場面に於いて、常にプロである自動車の買取事業社が自動車売買のノウハウも含めて圧倒的な情報量や技術を持っていた。これに対して自動車を売りたい消費者は、事業社のような情報の優位性が全く持てないまま取引が終わってしまうという「CtoB間での保有情報の非対称性」が大きなネックであった。

 

一方でカープライスのビジネスモデルでは、旧来の商取引上で存在していたCとBとの間の「中間業者の存在」や、「売買マージン」という消費者には見え難くかった部分をすべて取り払い、ここに誰もが閲覧できるリアルタイムオークションを差し挟むことで、価格決定に至る過程での透明性を極端に高めたところに「売り」がある。

 

昨今メルカリ等に見られる様に、事業社が消費者同士の売買プラットフォームを構築し、この環境上で消費者同士が直に商取引を行う「CtoC」ビジネスと云えるシェアリング経済圏が大きく発展してきたが、今後は「CtoB」という本来は極めて非対称になりがちなビジネス環境上に於いても、開かれた商取引を可能にする新たな事業のかたちが見えてきているのだろう。

 

 

 

発表会当日は、共同代表取締役の梅下直也 氏(右)と林耕平 氏(左)も登壇。

 

 

同サービスの内容の説明や、今後は全国のガソリンスタンドとパートナーシップを結び、買い取りサービスの代行業務を委託する事業戦略等を発表した。

 

 

発表会のメインは、森氏によるトークセッション。

 

 

同氏は、新CM「最近、アツくなったこと。」篇で実際に着用した特注のレーシングスーツを来て登壇。

 

 

撮影時に、20テイク以上を取りとても緊張した話から、自身が20歳の時に初めて購入した「白いフェラーリ」(今回初披露)に関する思い出話まで、車に関する様々なエピソードを語った。

 

なお、同社では、7月31日より

キャンペーン特設サイトをオープン。

https://www.carprice.co.jp/morikatsuyuki/ 

 

 

新CMは8月3日より東海地方限定でテレビ放映される(関東では8月1日よりラジオCM開始)他、YouTube(下)でも見ることが可能だ。

 

 

【参考画像】

【カープライスCM】森 且行『最近アツくなったこと』篇 (15秒)/カープライス森且行チャンネルより

 

 

【カープライスCM】森 且行『最近アツくなったこと』篇 (30秒)/カープライス森且行チャンネルより

 

 

【カープライスCM】森 且行『最近アツくなったこと』篇 メイキング動画/カープライス森且行チャンネルより

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。