NEXT MOBILITY

MENU

2018年10月25日【新型車】

ホンダ、「NSX」の改良モデルを発売

NEXT MOBILITY編集部

 

ホンダは、NSX(エヌエスエックス)をモデルチェンジし、10月25日(木)から予約を開始、2019年5月に発売する。全国メーカー希望小売価格は、消費税8%込みで23,700,000円。

honda・ホンダ・ロゴ

2016年8月に発表した2代目NSXは、「人間中心のスーパースポーツ」という、初代モデルが提案したコンセプトを継承、ホンダ独自の電動化技術である3モーターハイブリッドシステム、「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」を搭載したホンダのスーパースポーツモデル。発表から2年で、当初の計画を上回る約400台を受注している。

 

受注生産のNSXは、全国のNSX PERFORMANCE DEALERで、購入サポートおよび商談を受け付けている。納期の見通しは、約半年から1年となるとのことだ(※1)。

 

また現在、NSXのサイトでは、レーシングドライバーの佐藤琢磨選手によるNSXのインプレッション動画(フルバージョン)が、公開されている。

 

■(ホンダ)NSX:https://www.honda.co.jp/NSX/

 

※1:納期は受注状況により変更となる場合がある。

 

 

[主な変更点]

 

<走行性能>

 

新開発の専用タイヤを採用するとともに、サスペンション各部を見直し、フロントスタビライザーを26%、リアスタビライザーを19%、リアコントロールアームブッシュを21%、リアハブを6%と、それぞれ剛性を高め、クルマとしての基本性能を向上した。

 

走行シーンに応じて最適な車両特性を選択できる「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」の各モードの制御を最適化し、アクティブ・ダンパー・システム、VSA、EPSの各制御や「SPORT HYBRID SH-AWD」の駆動配分制御を熟成させた。

 

<デザイン>

 

ワイド&ローなスタイリングをより際立たせるため、フロントグリルを、従来のシルバーからボディーと同色に変更したほか、フロントとリアのメッシュパーツや、オプション設定の各種カーボンパーツ(※2)を、従来のマット仕上げからグロス仕上げに変更した。

 

また、ボディーカラーに、新たに「サーマルオレンジ・パール」を追加。初代NSXで採用していたイモラオレンジ・パールにインスピレーションをうけながら、現在の塗装技術の活用で、より鮮やかなオレンジとして刷新。

 

またカーボンセラミックブレーキローター(オプション設定)にも、ブレーキキャリパーの新色としてオレンジを追加した。

 

インテリアでは、新色としてインディゴ(※3)を追加したほか、レッドを、セミアニリンフルレザーパワーシート(オプション設定)でも選択可能とした。

 

<装備>

 

これまでカーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ(オプション設定)の一部だったアルミ製スポーツペダル&フットレストを、標準装備化した。

 

※2:リアデッキリッドスポイラーと、カーボンファイバーエクステリアスポーツパッケージに含まれるフロントスポイラー、サイドシルガーニッシュ、リアディフューザー。

※3:オプション設定。セミアニリンレザー×アルカンターラ パワーシートで選択可。

 

 

[全国メーカー希望小売価格]

 

<タイプ、乗車定員、エンジン、トランスミッション、駆動方式、消費税8%込み>
– NSX、2名、3.5L V6 DOHC ツインターボ、9速DCT、4WD(SPORT HYBRID SH-AWD)、23,700,000円

 

※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれない。
※自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクルなどに必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額

 

 

○ボディーカラー(全8色)

バレンシアレッド・パール※4、ヌーベルブルー・パール※4、サーマルオレンジ・パール(新色)※5、ソースシルバー・メタリック※5、カジノホワイト・パール※5、130Rホワイト、クルバレッド、ベルリナブラック。

 

○インテリアカラー(全5色)

エボニー、オーキッド、レッド、サドル、インディゴ(新色)。

 

※4:670,000円高(税込)
※5:85,000円高(税込)

 

 

[問い合わせ先]

 

ホンダお客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。