NEXT MOBILITY

MENU

2018年5月30日【経済・社会】

JAIA、新理事長にメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎氏

NEXT MOBILITY編集部

 

日本自動車輸入組合(JAIA、Japan Automobile Importers Association、所在地:東京都港区、理事長:ペーター・クロンシュナーブル)は5月29日、第53回通常総会及び今年度第2回理事会を開催した。この席上で任期満了に伴いペーター・クロンシュナーブル理事長が退任し、その後任として上野金太郎氏(メルセデス・ベンツ日本株式会社代表取締役社長 兼 最高経営役員)を新理事長に選任した。

 

 

上野氏は理事長就任にあたり、「前任者であるペーター・クロンシュナーブル氏の功績に敬意を表すと共に、長年、日本自動車輸入組合をご支援下さっている皆様に感謝申し上げます。

日本自動車輸入組合は、交通事故ゼロ、排出ガスゼロの実現に向けて、安全でかつ持続可能なモビリティを幅広く多くのお客様にご提供できるよう、関係省庁や関係組織と協力し、規制の国際調和を図る活動などを進めてきており、将来に向けてさらに活動を強化して参ります。

併せて今後も、日本自動車輸入組合会員各社が日本のお客様に、最先端の安全・環境技術を備えた世界各国のバラエティーに富んだ自動車・モーターサイクルをお届けできるよう、さらに活動を強化して参ります」と話している。

 

 

上野 金太郎氏
メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
早稲田大学卒業後、創業間もないメルセデス・ベンツ日本に新卒採用1期生として入社。営業、広報、そしてドイツ本社勤務を経験。帰国後、社長室室長、商用車部門取締役や副社長などを経て2012年に代表取締役兼CEOに就任した。

 

 

略歴
上野金太郎(うえの きんたろう)
生年月日:1964年8月13日
出身地:東京都生まれ

 

 

学歴
1987年:早稲田大学社会学部卒業

職歴
1987年4月:メルセデス・ベンツ日本株式会社 入社 乗用車営業部
1990年12月:同社 広報部
1994年2月:メルセデス・ベンツAG(ドイツ)エクスチェンジプログラム
1995年6月:メルセデス・ベンツ日本株式会社 社長室 エグゼクティブ・アシスタンス
1998年4月:ダイムラー・クライスラー日本ホールディングス株式会社 社長室 カスタマーデスク 兼 企業広報 兼 エグゼクティブ・アシスタント課長
1999年2月:同社 CRM部 CRM担当課長
2000年9月:同社 コーポレート・ディベロップメント部 部長代行
2001年1月:同社 コーポレート・コミュニケーション部 部長 兼 コーポレート・ディベロップメント部 部長代行
2001年5月:同社 社長室 室長
2002年1月:ダイムラー・クライスラー日本株式会社 取締役 商用車部門担当
2003年4月:同社 常務取締役 商用車部門担当
2005年5月:同社 常務取締役 販売店ネットワーク開発/商用車部門担当 兼 人事・総務 ディレクター
2006年1月:同社 常務取締役 販売店ネットワーク開発 兼 人事・総務 ディレクター
2007年6月:同社 代表取締役副社長 メルセデス・カーグループ 営業/マーケティング部門担当
2007年11月:メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役副社長 営業/マーケティング部門担当
2012年12月:同社 代表取締役社長 兼 最高経営役員(CEO)営業/マーケティング部門担当
2013年3月:同社 代表取締役社長 兼 最高経営役員(CEO)

日本自動車輸入組合関連
2013年2月:理事
2013年2月〜2014年5月:理事長
2018年5月:新理事長に就任

 

MOTOR CARS

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。