NEXT MOBILITY

MENU

2020年11月19日【新型車】

レクサス、改良新型「LS」発売。静粛性と乗り心地が進化

NEXT MOBILITY編集部

 

 

レクサスは11月19日、フラッグシップセダン「LS」を改良し、全国のレクサス店を通じて11月19日に発売すると発表した。価格帯は、メーカー希望小売価格でLS500が1073~1580万、LS500hが1219万~1728万円(税込)。また、高速道路などの自動車専用道路での運転において、車載システムが車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどを支援する最新の高度運転支援技術「Advanced Drive」搭載車は2021年の発売を予定している。

 

 

LSは、1989年に米国で発売され、静粛性と快適性への高い評価でレクサスの礎を築いたモデル。フラッグシップとして好評を博し、30年以上に渡り90以上の国/地域で累計約87万台を販売。2017年にフルモデルチェンジした5代目は、斬新なクーペシルエットやエモーショナルな走りを実現するなど、大きな変革を遂げている。

 

 

今回発表の新型LSは、レクサス独自の上質な走りの深化を目指し、レクサスのDNAである静粛性と乗り心地の進化を追求。パワートレーンやサスペンションからシート縫い位置などの細部に至るまで徹底的なつくりこみを実施した。

 

 

エクステリアデザインでは、ヘッドランプ周りの意匠変更や、フロントグリルとリヤコンビネーションランプの表面処理を変更し、レクサスのフラッグシップとしての洗練された存在感を強調。また、進化した塗装技術によって深い陰影と艶やかで鏡面のような質感を実現した新規外板色の「銀影(ぎんえい)ラスター」を設定。インテリアはタッチディスプレイの採用による操作性向上に加え、日本独自の美意識に由来した世界観をインテリア空間に取り入れるべく、銀糸を織り込んだ西陣織®とプラチナ箔などの匠の手によってつくられる素材を採用した。

 

 

レクサス・インターナショナルのチーフエンジニア武藤 康史氏は、以下のようにコメントしている。

「LSは、レクサスブランド創設以来、フラッグシップとして静粛性と乗り心地、精密なつくりこみによって、多くのに驚きと感動をお届けしてまいりました。常に最高の体験をお求めになられるの期待に応えるため、新型LSは自らの原点に立ち返り、静粛性と乗り心地をさらに進化させています。そして、その磨き上げた基本性能の上でこそ実現することが出来た高度運転支援技術『レクサス Teammate』を採用。レクサスの世界観をよりアーティスティックに表現するデザイン開発にも取り組み、想像を超える新たな移動体験の提供を目指しました。」

 

 

【LSの主な特長】

 

 

―静粛性と乗り心地など走りの基本性能の進化

LSの原点である上質な走りを追求するにあたり、人の感性を大切に、タイヤの内部構造からシートに座った際の質感、日常走行領域での加速レスポンスなど、静粛性や乗り心地をはじめとする走行性能に関係するパーツや制御を細部まで徹底的につくりこんだ。

 

 

LS500h“EXECUTIVE”(銀影ラスター)<オプション装着車>

 

 

・3.5L V型6気筒ツインターボエンジンでは、使用頻度の多い走行領域でのエンジントルクの立ち上がりを向上させ、余裕のある力強い走りを実現。電動駆動方式で過給圧を制御するウェイストゲートバルブのバルブ開度を緻密に制御し、アクセル操作に対して発生するエンジントルクの精度を高め、車両の加速レスポンスを向上。また、シフトスケジュールを変更し、ギヤ段を維持したまま加速できる領域を拡げることで、シフトダウン頻度を低減している。

 

・加えて3.5L V型6気筒ツインターボエンジンにおいて、燃焼室形状の最適化により、燃焼効率を向上することで、出力、燃費性能、静粛性を向上。さらにコンロッド形状の最適化やクランクシャフトのクランクピン径を拡大することで軽量化と、剛性向上による優れた静粛性を両立しました。また、可変バルブタイミング機構(VVT)を油圧制御化し軽量化を図るとともに、オイルコントロールバルブをVVT内部に配置するセンタースプール構造で油路を短縮することで、応答性の向上も実現した。

 

・減衰力可変ダンパーAVSは、新たに設計した油圧制御用ソレノイドのオイル流量制御バルブの流路を拡大。これにより減衰力を低減し、上質な乗り心地を実現。また、減衰力の可変幅拡大により、優れた操舵応答性と安定性に寄与する。

 

・ランフラットタイヤの縦バネ剛性、スタビライザーバーのばね定数、バウンドストッパーの先端剛性*3を最適化。またエンジンマウント内のオリフィスを変更*4することで減衰特性の変更を行い、室内に伝わる振動や衝撃を低減した。

 

・2WD車のフロントサスペンションの高強度アルミ鍛造アームへの変更や、タイヤの質量低減によりばね下質量を約3.5kgの軽量化。路面からの入力をボディへ伝わりにくくすることで乗り心地を向上させた。

 

・シート表皮の縫い位置をより深い位置に変更するとともに、新たに開発した低反発ウレタンパッドを採用。振動吸収と柔らかな座り心地により、さらに快適性を向上させた。

 

 

―新規外板色「銀影(ぎんえい)ラスター」の採用

 

レクサスのデザイン思想にある、時の移ろいや環境の変化の中で、その時々の美しさを感じられる日本ならではの美意識を表した考え方「Time in Design」を追求することでレクサスのフラッグシップの在り方を示し、LSならではの価値を高めることを目指した。新型LSでは、「月の道*5」という自然界の神秘的な情景をモチーフに、内外装をコーディネート。僅かな光の変化で豊かな表情を浮かび上がらせ、存在感を感じる魅力的なカラーデザインとコーディネートにより、心地良いくつろぎの空間と、唯一無二の移動体験を提供する。

 

<エクステリア>

 

 

LS500h“EXECUTIVE”(銀影ラスター)<オプション装着車>

 

 

ハイライトの美しい輝きと奥行きを感じる深い陰影を特徴とするシルバーの外板色 銀影(ぎんえい)ラスターを新規開発。シルバーは色を質感として感じ取りやすいため、カラーデザインの本質を追求するレクサスにとって重要な色域として、長年開発に力を注いできたボディカラー。銀影(ぎんえい)ラスターは、レクサス最新のシルバーとして、光輝材(アルミフレーク)を含んだ塗料の体積を凝縮させる「ソニック工法」を応用し、蒸着アルミを高密度で敷き詰める最新の塗装技術を採用。鏡面のように粒子感をほとんど感じさせない滑らかな質感で、周囲の僅かな光も繊細にとらえ、時の移ろいや変化に呼応し、様々な表情を見せる特別なシルバーとなる。

 

 

▽主な変更点一覧

 

・フロントバンパーコーナー部に縦基調のキャラクターラインを配置し、オーバーハングが短く見える意匠とすることで、LSならではの上質な走りを表現。また、フロントバンパー下端のメッキモールがサイドまで回り込む造形とすることで、伸びやかさを表現した。

 

・新意匠の小型3眼ランプユニットとL字を際立たせたクリアランスランプの下に、ブレードスキャン®*6AHS*7を搭載した厚みのあるヘッドランプ形状で風格を際立たせた。また、サブラジエーターグリルをスクエア形状とし外側に配置することで、スタンスの良さを追求。加えてスピンドルグリルのメッシュカラーをダークメタリックに変更し、よりフォーマルなシーンにも配慮した上品さを表現した。

 

・リヤコンビネーションランプ内のメッキモールをピアノブラックに変更。厚みを感じるランプ形状とし、ヘッドランプとの調和とともに存在感を強調した。

 

・“F SPORT”はサブラジエーターグリルのガーニッシュをサイドまで回り込ませることで、ワイドなスタンスを強調。その他にも専用色のスピンドルグリル、20インチホイールなどのアイテムを採用し、スポーティなデザインとした。

 

 

<インテリア>

 

 

LS500h“EXECUTIVE”(インテリアカラー : ブラック)<オプション装着車>

 

 

オーナメントにプラチナ箔&西陣®を新規設定し、西陣織®の銀糸やプラチナ箔の輝きにより、月明りに照らされた波の揺らぎによる「月の道」を表現している。

 

 

▽主な変更点一覧
ハンドルとセンターコンソールのスイッチ類を黒で統一し、視認性を向上させるとともに端正な印象とした。また使用頻度の高いシートヒーターとステアリングヒーターの操作画面を表示させるスイッチをセンターコンソールに追加することで、操作性を向上させた。

 

マルチメディアシステムは、新たにタッチディスプレイを採用するとともに、SmartDeviceLinkTM*8、Apple CarPlay*9やAndroid AutoTM*10に対応。iPhone*9やAndroidTM*10に対応。iPhone*9やAndroidTM*10スマートフォンを12.3インチタッチワイドディスプレイに連携することで、画面操作や音声操作が可能になるなど利便性が大きく向上。

 

 

―Safety System+Aを全車に標準設定。最新の高度運転支援技術の採用

 

レクサスはモビリティ社会の究極の願い「交通事故死傷者ゼロ」を掲げ、安全技術開発を進めている。世界トップレベルの先進安全技術を開発し、より多くのクルマに普及させていくことが重要という考えのもと、フラッグシップモデルに最先端技術を積極的に採用し、そこで培ったノウハウに基づいて普及技術を開発することで、各モデルへの広範な展開を図っている。新型LSでは、レクサスSafety System+Aを全車に標準設定し、各機能を拡充/進化させた。

 

<レクサスSafety System+Aの進化>

「プリクラッシュセーフティ」の対応領域を拡大し、交差点右折時に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能に。加えて低速時の衝突回避または被害軽減をサポートする低速時加速抑制などの機能が追加された。
カメラで主要な道路標識を読み取り、メーター内に表示する「ロードサインアシスト(RSA*11)」において、最高速度120km/hまで表示する。

 

 

 

<レクサス Teammate>

人とクルマが気持ちの通った仲間のようにお互いを高め合い、共に走るというトヨタ自動車独自の自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」に基づいて開発された高度運転支援技術。乗員に安心感を与える運転支援を実現する上で必要不可欠な車両の高い基本性能を徹底的に磨き上げるとともに、ディープラーニングを中心としたAI技術*12も取り入れ、運転中に遭遇しうる様々な状況を予測し、対応することを支援する。さらにレクサス Teammateはソフトウェアアップデート*12を活用し、ユーザーに渡った後も機能の追加、性能向上を続け、のニーズに応え続けることで、愛車になっていくことを目指している。ドライバーとクルマが対話の中でお互いの状態を確認し補い合うことで、安全な運転、快適な移動につなげる。

 

 

<Advanced Drive(2021年発売予定)>

「Mobility Teammate Concept」に基づいた最新の高度運転支援技術により、高速道路などの自動車専用道路での運転において、ドライバー監視のもと、実際の交通状況に応じて車載システムが適切に認知、判断、操作を支援し、車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどを実現する。クルマに運転操作を安心して任せられるよう基本性能を磨き上げ、常に安全を最優先に判断することでドライバーに信頼される運転操作を追求。ドライバーはアクセル、ブレーキそしてハンドル操作からも解放され、長時間の運転における疲労の軽減が可能となり、より周辺に注意を払った安全な運転が可能になる。

 

 

<Advanced Park*13>

最新の高度運転支援技術により、駐車場での操作において、ドライバー監視のもと、カメラと超音波センサーを融合し全周囲を監視することで、適切に認知、判断、操作を支援。ハンドル操作、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジの全操作を車両が支援するとともに、俯瞰映像に車両周辺の死角や目標駐車位置などを常に表示し、安全/安心でスムーズな駐車を実現した。

 

操作支援の拡大:ハンドル操作、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジの全操作を車両が支援することで、ドライバー負担を軽減する。これにより、ドライバーは周辺の安全確認に集中できる。
直感的なシステム操作 :駐車区画横に停車すると自動的に駐車枠を認識し、スイッチを押すだけでAdvanced Parkが起動する。また複数の駐車区画を認識した場合は、ディスプレイに候補すべてを表示するとともに、最適な区画を提案し、ドライバーが選択できる。

360°センシング :カメラと超音波センサーを融合し全周囲を監視。障害物の位置をディスプレイのカメラ映像上に表示することで、ドライバーに周辺状況をわかりやすく伝え。障害物に接触する可能性がある場合は、警告するとともにブレーキ制御で接触回避を支援する。
ドライバーとの協調 :駐車支援制御中にアクセル操作があった際は、踏み間違いの可能性があると判断し、制御を一旦中断し、ドライバーの意思を確認する。ただしブレーキを踏んだ場合は、減速の意図をくみ取り、制御は継続する。
スムーズな駐車 :市場における様々な駐車パターンデータを収集・分析し制御に反映することで、乗員に安心感を与える無駄のない経路とメリハリのある速度コントロールを実現したスムーズな駐車を追求。
使用環境を広げるメモリ機能 :駐車区画(白線)がない場所でも、カメラで捉えた画像情報をもとに駐車したい位置を事前にシステムに記憶させ、駐車支援を実行する事が可能なメモリ機能を採用した。自宅や職場など、使用頻度の高い駐車場での利便性が向上した。

<ブレードスキャン®アダプティブハイビームシステム(AHS)>

2019年8月にマイナーチェンジしたRXで世界初採用したブレードスキャン®アダプティブハイビームシステム(AHS)を採用。光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射。ブレードミラーに反射した光が、レンズを介して高速移動しながら前方を照らす新機構のAHS。残像効果で光は動いているように見えないが、ブレードミラーの回転に同期させて、LEDの光を適切なタイミングで点灯/消灯することで、配光を細かく制御できる。これにより、従来のAHSより細かい遮光が可能となり、ハイビームの照射範囲を広げることで対向車や先行車を眩惑することなく歩行者や標識を認識できる。

▽デジタルインナーミラー
デジタルインナーミラーに高解像度でより大きな9.6インチディスプレイを採用し、優れた後方の視認性を確保。

 

 

*1 2020年10月31日時点。レクサス調べ
*2 西陣®、西陣織®は西陣織工業組合の商標
*3 2WD車はリヤのみ対象
*4 AWD車のみ対象
*5 月明りが海面上で細長い道となり、照らされた波の揺らぎが繊細なグラデーションを生み出す、満月の前後数日間にだけ見ることができる現象
*6 ブレードスキャン®は株式会社小糸製作所の登録商標
*7
AHS Adaptive High-beam System
*8 SmartDeviceLinkTMは、SmartDeviceLinkConsortiumの商標、または登録商標
*9 Apple、Apple CarPlay、iPhoneはApple Inc.の商標
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されてい
*10 AndroidTM、Android AutoTMは、Google LLCの商標
*11
RSA Road Sign Assist
*12 2021年以降、Advanced Drive搭載車に実装予定
*13 LS500hに標準設定

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。