NEXT MOBILITY

MENU

2021年4月19日【テクノロジー】

レクサス、新型「ES」を世界初公開

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

LEXUSは4月19日、新型「ES」を世界初公開した。

 

ESは、1989年にフラッグシップセダンLSとともに販売を開始。LEXUSラインアップの基幹モデルとして、これまでに80以上の国や地域において累計約265万台を販売してきた。

 

新型ESでは、LEXUSの原点である優れた静粛性と乗り心地の更なる向上を実現。また、あらゆる走行シーンで、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求したという。

 

LEXUS独自の手法により、リヤサスペンションメンバーブレースの剛性を高め、高速のレーンチェンジといったシーンにおける操縦安定性を向上。加えてF SPORTに新型のアクチュエータを用いた最新鋭のAVS(Adaptive Variable Suspension system)を採用することにより、減衰力の低減や可変幅を拡大することで上質な乗り心地と操舵応答性の向上を両立した。

 

日本での発売は、2021年秋頃を予定している。

 

 

Lexus International チーフエンジニア 青木 哲哉は次のように述べている。「目標としたのは、ESの持つ上質さを深化させるとともに新たな価値を付加することです。静粛性と乗り心地を一層向上させるとともに、ステアリング操作に対してドライバーの意図した通りにクルマが動くリニアリティを追求しました。

 

デザインにおいてもESの特徴であるエレガントさに磨きをかけるとともに、新たにモダンさを演出しました。開発にあたっては、お客様の期待を超えるべく、改善要素を洗い出し、細部に至るまで徹底的に造り込みました。『より良いクルマづくり』を目指してAlways Onの思想を貫いた開発陣の想いをESに乗ることでご体感いただきたいと思います。」

 

 

 

 

 

 

ESの主な特長

 

■快適性/走行性能
– 最新鋭AVSソレノイドを採用
・F SPORTに新型のアクチュエータを用いた最新のリニアソレノイド式AVSを採用。
・油圧制御用ソレノイドのオイル流量制御バルブの流路を拡大し、低減衰力にも対応するとともに、減衰力の可変幅を拡大することで上質な乗り心地と操舵応答性や安定性を両立。
– リヤサスペンションメンバーブレースの剛性を向上
1枚板による構造から2枚の板を合わせた構造に変更することで剛性を向上。特にねじりや曲げに対する剛性を高め、乗り心地を向上させるとともに、高速のレーンチェンジといったシーンにおいても、よりリニアで、ドライバーの意のままのドライビングフィールを実現。
– ブレーキのコントロール性を向上
・電子制御ブレーキシステムの制御定数を変更し、ブレーキのコントロール性を向上。
・ブレーキペダルパッド形状変更により足裏との接触範囲を拡大、ペダル踏み込み時の安定感を向上。
・ブレーキペダルのリンク構成内のブッシュ取り付け方法を見直し、ペダルの横方向の剛性感を向上。

 

■エクステリア/インテリア
<エクステリアデザイン>
– フロントグリル意匠変更
フロントグリルはメッシュパターンを採用。横方向の流れを強調するL字ユニットの集合体で構成。グリルの押出しを強調し、質感を向上。

 

 

– ヘッドランプ意匠変更
単眼ランプは新小型ユニットに変更。3眼ランプはブレードスキャンTM式アダプティブハイビームシステム(AHS:Adaptive High-beam System)を採用し、機能性の向上を図るとともに、新薄型ランプユニット採用により、鋭い表情に変更。

 

 

 

– ホイール意匠変更
・17インチホイールはスポーク端部を太くして切削光輝加工の質感を強調し、V字に重ね合わせることでスポーティな印象を付与。
・ベースグレードに標準装備される18インチホイールは切削光輝加工とブラック塗装のコントラストが映える多軸スポークを採用し、高級感を演出。
・F SPORT専用19インチホイールは、フロントグリルの黒色とマッチするつやのある黒色のホイールを採用し、引き締まった印象を付与。
– エクステリアカラー新規設定
強い陰影により造形を際立たせるソニックイリジウムと、金属質感と高光沢を実現したソニッククロムの2色を新規のエクステリアカラーとして採用。
– オレンジキャリパーを追加設定
F SPORTにLEXUSロゴ入りオレンジ塗装キャリパーを追加設定し、よりスポーティな印象を付与。

 

<インテリアデザイン>
– マルチメディアシステム
マルチメディアシステムをタッチディスプレイ化。人間中心の思想に基づき、ドライバーとディスプレイとの最適な距離と角度を探求し、ディスプレイを約100mm近づけるとともに、角度を約5°傾けることでドライバーの手が画面隅まで届くように変更。画面には、ガラス素材を採用し、視認性や操作性を向上。
– オーナメント加飾
・ラグジュアリーさを演出するウォールナット素材を採用するとともに、新開発の墨ブラックとダークブラウンを採用。
・ヘアラインの加飾を、レーザーで一本ずつ彫る加工方法に変更し、より細やかでモダンな雰囲気を演出。
– インテリアカラー新規採用/デザイン変更
・インテリアカラーでは、ヘーゼルを新規に採用するとともに、ブラウン系でグレイッシュなトーンのモーヴを新規開発。
・F SPORTにホワイトを新規採用するとともにホワイト、フレアレッドのシートクッションとシートバックにブラックの配色を加え、スポーティな印象を付与。

 

 

インテリアカラー Black(プロトタイプ)

インテリアカラー Mauve(プロトタイプ)

 

インテリアカラー Flare Red(海外仕様)

 

■先進予防安全技術の採用
– Lexus Safety System +
・単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」の対応領域を拡大し、交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能になった。加えてドライバーの操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストする緊急時操舵支援や低速時の事故予防をサポートする低速時加速抑制などの機能が追加された。
・同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する高度運転支援機能「レーントレーシングアシスト(LTA:Lane Tracing Assist)」の車線認識にAI技術を活用することで支援範囲を拡大し、よりスムーズで途切れにくい操舵支援を実現した。
・自動車専用道路などにおいて設定した車速内で前走車との距離を一定になるよう加減速制御する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」に、カーブの大きさに合わせてあらかじめ減速するカーブ速度抑制機能を採用した。
・先行車や対向車を検知し、自動でハイビームを制御する「オートマチックハイビーム(AHB:Automatic High Beam)」
・カメラで主要な道路標識を読み取り、マルチインフォメーションディスプレイに表示する「ロードサインアシスト(RSA:Road Sign Assist)」
・ドライバー異常時対応システムを採用。LTA制御中にドライバーの無操作状態が継続した場合、音と表示と緩減速による警告でドライバーに操作を促すほか、ハザードとホーンで車外に異常を報知しながら自車線内に減速停車し、自損・加害事故の回避・事故被害低減を支援する。停車後は、ドア解錠やヘルプネット自動接続による救命要請も行い、早期のドライバー救命・救護に寄与する。
– ブレードスキャンTMアダプティブハイビームシステム(AHS)
RX、LSで採用したブレードスキャンTMアダプティブハイビームシステム(AHS)を採用。光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射。ブレードミラーに反射した光が、レンズを介して高速移動しながら前方を照らす。残像効果で光は動いているように見えないが、ブレードミラーの回転に同期させて、LEDの光を適切なタイミングで点灯/消灯することで、配光を細かく制御することができる。これにより、従来のAHSより細かい遮光が可能となり、ハイビームの照射範囲を広げることで対向車や先行車を眩惑することなく歩行者や標識を認識することができる。
– デジタルアウターミラー・デジタルインナーミラー
デジタルアウターミラー、インナーミラーともにカメラ性能を向上。明暗が混在する場所の視認性を改善するためノイズ低減処理を施しノイズ感の少ないクリアな映像を実現。またLEDライトのちらつきによる煩わしさを低減した。

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。