NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月10日【自動車・販売】

メルセデス・ベンツ、2018年国内純輸入車・新車販売台数で第1位

NEXT MOBILITY編集部

 

メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は、1月10日、メルセデス・ベンツの2018年新車販売台数(※1)が6万7,531台(2017年:6万8,215台)となり、国内で販売される純輸入車として4年連続で首位(※2)を獲得したと発表した。

 

また、スマートについては、2,465台(2017年:4,638台)となった。

メルセデス・ベンツ・ロゴ

MBJは2018年、年初より続々と新型モデルを導入し、商品構成を32車種163モデル(※3)にまで拡大。

 

販売面においては、7月に発表した主力モデルの「Cクラス」に加え、メルセデス初の対話型インフォテインメント・システム「MBUX(メルセデス・ベンツユーザー エクスペリエンス)」を搭載したスポーツコンパクトの「Aクラス」が、特に好調だったとしている。

 

加えて、ミドルサイズSUVの「GLC」が堅調に推移。MBJは、2017年と同水準の販売が維持できたとしている。

 

また2018年は、更なる顧客満足度の向上のため、複数の新しいサービスを開始。新車購入後の3年間、毎年好きなモデルに1週間乗ることができる「シェアカー・プラス」や、オンラインで事前予約可能な「プレオーダー メルセデス」、新車購入から約1年の顧客に対し、次の新車への乗り換えをサポートする「サティスファクション・プラス」などの施策を行った。

 

さらに、新規顧客獲得のための活動として、NTTドコモの総合カーシェアプラットフォーム「dカーシェア」を通じた無料の試乗サービスや、森ビルが実施する実証実験「オンデマンド型シャトルサービス」への車両提供を行っている。

 

※1:乗用車(新規登録ベース)、日本自動車輸入組合による。

※2:MBJ調べ。

※3:2019年1月10日現在。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。