NEXT MOBILITY

MENU

2018年7月10日【政治経済】

三菱ふそう、EVトラック「eCanter」をリスボン市に納入

NEXT MOBILITY編集部

 

三菱ふそうトラック・バスは、7月10日、航続距離100kmを超える同社初の量産電気小型トラック「eCanter」10台を、ポルトガル政府代表者と海外高官が出席した7月6日の譲渡式において、リスボン市当局に納入したことを発表した。

 

リスボン市が今回「eCanter」を導入したのは、都市部における従来型車両に起因する騒音や排ガス汚染問題の緩和を目指すことが目的だ。

 

納入車両は、リスボン市役所が選出した10の行政区において、主に行政による造園や廃棄物処理作業で使用される。

 

ちなみに、納入先は、

 

アロイオス、アベニダス・ノバス、ベレン、エストレラ、ミセリ・コルディア、パルケ・ダス・ナソンイス、ペーニャ・デ・フランカ、サンタ・マリア・マイオール、サンタ・アントニオ、サン・ヴィセンテ

 

の10行政区。

 

リスボン市は、同社が2014年から2017年までポルトガルとドイツで行った「eCanter」試験車両の実用供試で、日常の輸送業務で車両を活用した都市のひとつ(他にはシントラやポルト等が協力)。

 

また、欧州市場および米国市場向けの「eCanter」は、ポルトガルのトラマガル工場で生産している等、同社は従来から現地と密接な協力関係を築いていることも今回の車両導入に繋がっている。

 

同社の松永 和夫取締役会長は今回のリスボン市当局への納入について、以下のように語っている。

「eCanterは、地域の行政府にとって、都市部の騒音と排ガス汚染を緩和する、従来型トラックに代わる持続可能な製品です。eCanterの開発と実用供試に際しては、ポルトガル政府から素晴らしいご支援をいただきました。私たちは本日、リスボン市に最初のeCanterを納入できることを大変うれしく思うと同時に、とても誇らしく感じます」

 

 

「eCanter」は他にも東京、ニューヨーク、ベルリン、ロンドン、アムステルダムといった世界の大都市で稼働中だ。

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

onda