NEXT MOBILITY

MENU

2019年5月22日【エレクトロニクス器機】

ボッシュ、新型レーダーを世界初披露-人くる2019

NEXT MOBILITY編集部

 

 

独・ロバート・ボッシュGmbHの日本法人ボッシュは、「人とくるまのテクノロジー展2019横浜(5月22日〜5月24日・パシフィコ横浜)」に出展し、交差点などより複雑な環境で正確な検知を可能とするADAS(先進運転支援システム)や自動運転技術向けの次世代レーダーを世界初展示した。

 


 
 

 

歩行者などの検知がより正確に

 

車両の周辺検知を行うことで、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転技術などに活用されているのがレーダーセンサー。
同社では、この分野においても、従来から様々な企業に製品を提供しており、累計2000万台以上もの生産実績を持つ。

 

今回発表された新型は、その豊富なノウハウを活かし、より多くの顧客ニーズに応えるべく、さらなるパフォーマンス向上を図ったものだ。

 

 

主な特徴は、まず、視野角を従来品の±45°から±60°に拡大。これにより、例えば車両が交差点に進入する際に、歩行者や自転車、車両などをより正確に検知することが可能となった。

 

また、検知距離も従来品の160m(中長距離レーダー)から210mに延長。これにより、例えば高速道路上でACC(アダプティブクルーズコントロール)を作動中に渋滞が発生した際、低速走行する前走車両を早期検知し、より快適で安全なアプローチができるなどのメリットを生む。

 

加えて、高さ方向と水平方向の測定性能も向上。
特に、高さ方向の測定は従来品ではなかった機能。これにより車両上方にある橋や看板、車両下方の路上にある缶などを誤検知することを防ぎ、よりロバストな物体検知や、衝突軽減ブレーキの誤作動リスク低減などを実現している。

 

 

 

また、新型では、約30%の小型化も施され、厚みが従来品の33mm(写真右)から19mm(写真左)に薄型化されたことにより、搭載場所の自由度も高まっている。

 


 
 

同社では、この次世代レーダーを、2019年秋頃から量産予定。
日本はもちろん、欧米や中国など世界の主要な自動車関連企業に提供することで、グローバルな展開を目指している。

 

 

1 2
CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。