NEXT MOBILITY

MENU

2019年6月14日【テクノロジー】

ミシュランとGM、次世代エアレスタイヤを2024年実用化

NEXT MOBILITY編集部

 

 

仏タイヤメーカーのミシュランと米自動車メーカーのゼネラルモーターズ(以下、GM)は、カナダで開催された「Movin’On(ムービング・オン)2019 サミット」において、2社が共同開発中で、パンクしないなどの利点を持つ乗用車向け新世代エアレスホイールテクノロジー『ミシュラン アプティス・プロトタイプ』(MICHELIN Uptis Prototype)を公開し、早ければ2024年に乗用車向けモデルを発売することを発表。

6月14日にミシュラン日本法人の日本ミシュランタイヤが明らかにした。

 

 

アプティス・プロトタイプは、ミシュランが2017年に発表した「Visionコンセプト」が基になって開発されているモデルだ。

 

 

Visionコンセプトとは、持続可能なモビリティを具現化することを目的として、ミシュランが掲げる経営・開発戦略の指標。

 

①エアレス

②コネクテッド

③3Dプリンティングの活用

④100%の持続可能原料の使用(すべて再利用できることまたは生体材料を使っていること)

 

という4つの大きなイノベーションの柱を掲げ、最終的に同社はこれら4つをすべて具現化することを目指している。

 

 

今回発表されたアプティスは、それらのうちエアレスタイヤを実現するためのテクノロジー。アプティス(UPTIS)はUnique Puncture-proof Tire Systemの略で、独自の構造や複合材料およびホイールアセンブリーなどの採用により、

 

タイヤ内部にエアが不要で、パンクや破裂をしない

車両のダウンタイム最小化、メンテナンス負荷軽減、車両の稼働率向上

交換用タイヤやスペアタイヤ製造のための原材料削減による環境保全効果

 

などの特長やメリットを持つ。

 

 

特に、「パンクしない」ことは、もし実現すればドライバーや周辺車両、歩行者などの安全を大きく担保することになるため、非常に興味深いファクターだ。

 

また、現在、パンクや路上の障害物による損傷、偏摩耗を引き起こす不適正な空気圧などにより、世界中で毎年約2億本のタイヤが寿命より早い段階で廃棄されているといわれている。従って、「パンクしない」ことは早期のタイヤ廃棄を防ぐことに繋がり、結果的に環境保全にも貢献することになる。

 

 

ミシュランとGMでは、今後GMの「シボレー ボルトEV」などをベースとした実験車両にアプティスを装着し、実証実験を行う予定だ。

 

シボレー・ボルトEVに装着された『ミシュラン アプティス・プロトタイプ』

 

 

 

また、将来的には、業務用も含めて自動運転、完全電動化、シェアリング、その他どのような用途であれ、車両の稼働効率を最大限に高めるためのメンテナンスゼロ(もしくはほとんど必要としない)タイヤの実用化を目指すという。

 

 

ミシュラングループCEO フロラン・メネゴー氏のコメント。
「アプティス・プロトタイプは、持続可能なモビリティの未来に貢献するミシュランのビジョンが実現可能な夢であることを示しています。モビリティの変革という大きな目標を共有できるGMのような戦略的パートナーと連携することにより、ミシュランは未来をつかみ取ることができるのです」

 

 

GMグローバル・パーチェシング・アンド・サプライチェーン担当シニアバイスプレジデント スティーブ・キーファー氏のコメント。
「GMはアプティスが持つ可能性に大いに期待し、この画期的なテクノロジーに関してミシュランと提携することを嬉しく思っています。アプティス・プロトタイプは自動車産業の未来を示すプロダクトであり、当社がパートナーとして提携し、変革を遂げることが当社の顧客に利益をもたらすものであると信じています」

 

 

ミシュラングループ研究開発部門 執⾏副社⻑エリック・ヴィネス氏のコメント
「アプティス・プロトタイプは、イノベーションに取り組むミシュランの技術⼒を実証する製品です。蓄積したハイテク素材のノウハウやGMとの緊密な提携によってVISIONコンセプトの製品開発イノベーションは進んでいきます。世界のすべての⼈々のために、より優れた持続可能なモビリティ社会の実現に向けてミシュランはコミットを続けます」

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。