NEXT MOBILITY

MENU

2018年11月28日【テクノロジー】

日産自動車、EVのエコシステム「ニッサン エナジー」発表

NEXT MOBILITY編集部

 

日産自動車・ロゴ

 

「Nissan Energy」のもと、EVを住宅、事業所、電力網などとつなぎ、バッテリーの二次利用も推進へ

 

 諸事情で追加EVの発表が急遽延期となった日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)だが、11月28日の同日。バッテリーの蓄電・放電機能を活かすべく電気自動車(以下、「EV」)の持つ魅力をさらに向上させる新たなソリューション提案「Nissan Energy(ニッサン エナジー)」を午前10時に発表した。

 

 

この「ニッサン エナジー」は日産製EVの利用者が、エネルギー・システムを繋ぐことで車載バッテリーの充電に加えてバッテリー自体に貯めた電力を、家やビルに給電することができるという電力循環のエコシステムのことを指している。

 

 さらに、電力はその背景の電力網へ供給することも可能だという。併せて同社は、EVのバッテリーの二次利用についても新たな提案していく考えを示している。それは自宅や外出先、旅先などEVユーザーがいつでも必要な時に充電できるような多彩なサービスを提供することにある。

 

例えば多くのEVユーザーは、利用車両に自宅で充電するだろう。そこで日産は、住宅用充電設備(コンセントや充電器など)が日産の電気自動車に安全に接続できるかを検証したり、日産が認定した設置業者を紹介することで、顧客に対して積極的に安心感を醸成していく構えだ。

 

 

 また外出先や旅先では「CHAdeMO(チャデモ)」の急速充電器を使用することができるのも大きな利点のひとつだとしている。

CHAdeMOの充電ネットワーク自体は、世界最大の規模で世界で22,000基を越える急速充電器を配備。その数は今も拡大をし続けている。またユーザーからは「ニッサン コネクトEVアプリ」や車載ナビゲーションシステムから、どこであれば車両を効率的に充電ができるかを確認可能なようにしている。

 

次ページへ

1 2 3 4 5
CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。