NEXT MOBILITY

MENU

2019年9月17日【新型車】

トヨタ、新型カローラ&カローラツーリング発売。カローラスポーツを一部改良

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車・ロゴ

トヨタは、カローラ(セダン)、カローラ ツーリング(ワゴン)を車名とともにフルモデルチェンジし、またカローラ スポーツ(ハッチバック)を一部改良し、全国のトヨタカローラ店、ならびにトヨタモビリティ東京、ネッツトヨタ東都、ネッツトヨタ多摩を通じて、9月17日に発売する。

 

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)は、カローラが193万6,000円から。カローラ ツーリングが201万3,000円から。またカローラ スポーツが216万9,200円から。

 

 

カローラ HYBRID W×B(2WD)<オプション装着車>

カローラ HYBRID W×B(2WD)<オプション装着車>

カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)<オプション装着車>

カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)<オプション装着車>

 

 

カローラは、1966年に誕生し、現在、世界150以上の国と地域で、累計4,750万台(*1)以上を販売しているロングセラーモデル。昨年6月に発売されたTNGA(Toyota New Global Architecture/*2)プラットフォーム採用の新世代カローラ スポーツに続いて、今回、セダンタイプの新型カローラとワゴンタイプの新型カローラ ツーリングが発売された。

 

 

カローラ スポーツ HYBRID G“Z”<オプション装着車>

カローラ スポーツ HYBRID G“Z”<オプション装着車>

 

 

新型カローラ2モデルでは、TNGAプラットフォームを活用しつつ、国内専用設計を採用。低重心でスポーティなスタイリング、走る楽しさと、取り回しの良さを両立させたと云う。

 

また、最新の「Toyota Safety Sense」の全車標準化といった安全性能の強化や、国内トヨタ初(*1)となるディスプレイオーディオの標準搭載とスマートフォンとの連携などコネクティッドサービスを充実させている。

 

 

 

 

開発を担当したチーフエンジニアの上田泰史氏は、以下のように話している。

 

「カローラは、常にその時代のお客様のニーズ、地域のニーズに合わせ、変えることをいとわず開発してきたクルマ。そんなカローラだからこそ、世界で、日本で、多くのお客様に永く愛されてきました。
 今回の新型カローラは、『TNGAプラットフォームを採用し、スポーティなデザインと気持ちの良い走り』で、お客様の期待を超え、『先進の安全装備、コネクティッド』で、豊かで安全・安心なお客様のカーライフをサポートします。クルマ本来の楽しさを追求したカローラシリーズを是非乗って体感いただきたい」。

 

なお、従来型のカローラ アクシオ、カローラ フィールダーも、設定グレード(*3)や一部の装備を見直し、引き続き販売される。

 

*1:2019年7月末現在、トヨタ調べ。
*2:基本性能や商品力の飛躍的な向上を良品廉価の考えのもと、技術・営業・調達・生産技術など、各領域が一体で取り組んでいる活動。
*3:カローラ アクシオ、カローラ フィールダーともに、EX、HYBRID EXを設定。

 

 

[販売概要]

 

– 販売店:全国のトヨタカローラ店、トヨタモビリティ東京、ネッツトヨタ東都、ネッツトヨタ多摩

– 月販目標台数:カローラ 1,700台、カローラ ツーリング 5,400台、カローラ スポーツ 2,300台

– 店頭発表会:9月21日(土)~9月23日(月・祝)

 

 

[生産工場]

 

・トヨタ自動車 高岡工場(カローラ、カローラ ツーリング)
・トヨタ自動車 堤工場(カローラ スポーツ)

 

 

[メーカー希望小売価格(単位:円)]

 

■カローラ

◎:掲載写真(除くオプション)

 

 

 

 

■カローラ ツーリング

◎:掲載写真(除くオプション)

 

 

 

 

■カローラ スポーツ

◎:掲載写真(除くオプション)

 

 

 

 

THSⅡ:TOYOTA Hybrid System Ⅱ
Super CVT-i:Super Continuously Variable Transmission-intelligent(自動無段変速機)
i-MT:intelligent Manual Transmission

*4 北海道、沖縄のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない。車両の登録時期が’19年10月以降の場合、消費税10%が適用され、’19年9月以前の場合、消費税8%が適用される。

 

 

[カローラ、カローラ ツーリング車両概要]

 

1.外観&内装デザイン

 

▽外観デザイン

 

・TNGAプラットフォームの採用による低重心なシルエット。

 

・前後のホイールフレアが張り出したダイナミックな造形によりワイドなスタンスを強調。

 

・フロントは、大型台形のロアグリルフレームとメッシュグリルに統一。力強くスポーティなデザインを表現。

 

 

フロント(カローラ ツーリング)

フロント(カローラ ツーリング)

 

 

・ヘッドランプをLED化。フロントはラウンドを強めた一文字形状とすることで、スポーティ&ワイドな顔つきに。また、W×Bグレードについては、2連続させたJ字形状のクリアランスランプ&デイライトで昼夜を問わず横方向に伸びやかで鮮烈な印象を表現。カローラのリヤは、水平基調のリヤコンビネーションランプとし、ワイド感を強調。

 

・カローラ ツーリングのサイドビューは、後方への抜けの良いサイドウインドウグラフィックとドアショルダー部で伸びやかさを表現。

 

・カローラ ツーリングは、樹脂バックドアを採用することで、立体的な造形を実現。

 

 

リヤコンビネーションランプ(カローラ ツーリング)

リヤコンビネーションランプ(カローラ ツーリング)

リヤコンビネーションランプ(カローラ)

リヤコンビネーションランプ(カローラ)

 

 

▽外板色

 

・W×Bグレードは、スパークリングブラックパールクリスタルシャインを新規設定し、全3色とし、ホイール、ミラーカバーなどにグレーメタリックを採用し調和を図った。S、G-Xグレードについては、新規開発のセレスタイトグレーメタリックを加えた全7色とした。

 

▽内装デザイン

 

・インストルメントパネルを、薄型・ワイド化。部品の合わせや形状・質感の統一感など感性品質にこだわった。またAピラーの細形化と合わせて良好な視界を確保。

 

・フロントシートに、スポーティシート(W×Bに標準)を採用し、座り心地向上および後席ニースペースの確保を図った。カローラのW×Bグレードのリヤシートには、トランクスルーが可能な6:4分割可倒式を新規採用。

 

 

6:4分割可倒式リヤシート(カローラ)

6:4分割可倒式リヤシート(カローラ)

 

 

・カローラ ツーリングの荷室には、リバーシブルデッキボードを設定し、荷室床面の高さを2段階に調節可能とした(スペアタイヤ・アクセサリーコンセント装着車、ハイブリッド4WD車は1段式のみ)。また、デッキボードの裏面は樹脂製とすることでタフユースに対応。ワゴンとしての実用性を向上。

 

 

リバーシブルデッキボード(カローラ ツーリング)

リバーシブルデッキボード(カローラ ツーリング)

 

 

・内装色は、カローラ、カローラ ツーリングのW×Bグレードにブラックとホワイトの2色、S、G-Xグレードには、シックなブラックを設定。

 

 

カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、内装色ブラック、シート表皮White<オプション>

カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、内装色ブラック、シート表皮White<オプション>

 

 

2.走行・動力性能

 

▽TNGAプラットフォームによりフラットな乗り心地や、優れた操縦安定性、高い静粛性を実現。

 

▽3つのパワートレーン

 

・ハイブリッドとガソリンエンジン車の排気量を1.5Lから1.8Lに変更。

 

・ハイブリッド車にはE-Four(電気式4WDシステム)を設定。加速時や雪道などの滑りやすい路面でスムーズに4WDに切り替えが可能。

 

・マニュアル車には、1.2L 8NR-FTS(直噴ターボ)エンジンを設定。

 

 

■パワートレーンラインアップ

 

 

■燃費(WLTC/JC08*、km/L、2WD)

* WLTC、JC08:国土交省審査値。WLTCモードは市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。

 

 

▽クルマ本来の走る喜びを追求

 

・TNGAプラットフォームの採用に加え、運転中の目線の動き、旋回時の姿勢、ライントレース性などドライバーが感じる動きを解析し、サスペンションを最適化し、運転のしやすさをさらに追求。

 

 

 

 

・サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにダブルウィッシュボーン式を採用。

 

・ブレーキ制御により、内輪に制動力を付与し、コーナリングをアシストするACA制御(ACA : Active Cornering Assist)を採用。

 

 

マクファーソンストラット式フロントサスペンション(左)とダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション(右)

マクファーソンストラット式フロントサスペンション(左)とダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション(右)

 

 

3.日本の環境に合わせた専用設計

 

▽デザインコンセプトをグローバルモデルと統一しつつ、日本のユーザー、道路環境での使い勝手の良さを実現するため、日本専用ボディを開発。

 

・グローバルモデルより、全長、全幅、ホイールベースを縮小。

 

・ドアミラーの取り付け位置を工夫することで、ミラー格納時の車幅は従来型と同等を実現。

 

・カローラの、最小回転半径は、従来型と同等の5.0mを実現(G-Xグレード15インチタイヤ装着車。16、17インチタイヤ装着時は5.3m)。

 

・ドアの開口角度を工夫するなど、ドア開け幅は従来型と同等を確保。

 

 

最小回転半径 カローラ HYBRID G-X(2WD)、15インチタイヤ装着車

最小回転半径 カローラ HYBRID G-X(2WD)、15インチタイヤ装着車

 

 

■サイズ比較表

 

 

4.安全機能・装備

 

▽予防安全装備を充実

 

・自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備。

 

・駐車場など低速時に壁や車両を検知し、衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を設定(W×B、Sに標準装備、G-Xにオプション)。

 

・後方から接近してくる車両を検知し、衝突被害軽減に寄与する、リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]を設定(オプション。MT車はリヤクロストラフィックアラート+ブラインドスポットモニターをオプション設定)。

 

▽7つのSRSエアバッグ、全方位コンパティビリティボディ構造の採用し、衝突安全性を向上。

 

 

5.コネクティッド

 

▽国内トヨタブランドとして初めてディスプレイオーディオ(DA)を全車標準装備。スマートフォンとの連携を可能とし、日常利用している地図アプリや音楽などをディスプレイで操作・利用できる。また、従来の車載用ナビ希望者に対しては、エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットの2種類からの選択が可能。

 

▽スマートフォンとの連携

 

・SmartDeviceLink(SDL/*5)では、スマートフォンをBluetooth(*6)あるいはUSBケーブルでの接続で、TCスマホナビやLINEカーナビなどのナビアプリのほか、音楽・ラジオアプリなどをDA上で利用可能。さらに音声認識による目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能。

 

・Apple CarPlay(*7)/Android Auto(*8)は、スマートフォンをUSBケーブルで接続することで、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリをDA上で利用可能(TVとセットオプション、契約時にT-Connect契約が必要)。

 

▽DCM(Data Communication Module : 車載通信機)を標準装備。コネクティッドサービスを基本利用料5年間無料で利用することが可能(6年目以降は3,300円/年[税抜]または、300円/月[税抜])。

 

▽ドアロックが遠隔操作できるリモート機能や、ハイブリッドナビなど、昨年発売のカローラ スポーツからさらにT-Connectサービスの機能範囲を拡大。

 

*5:SmartDeviceLinkConsortiumの商標または登録商標。
*6:Bluetooth SiG, Inc.の登録商標。
*7:Apple Inc.の商標。
*8:Google LLCの登録商標。

 

 

ディスプレイオーディオ<9インチ : オプション>

ディスプレイオーディオ<9インチ : オプション>

 

 

[コネクティッドサービスの概要(○:標準、△:オプション、×:非対応)]

 

■装備

 

 

■T-Connectサービス

 

*9:マップオンデマンドのサービス有効期限内で、T-Connect利用契約が必要。
*10:CarPlay/Android Auto/TV(フルセグ)はセットオプション(税抜30,000円/初回のみ)。
*11:ガソリン車は販売店装着オプションのオートアラームの装着が必要。
*12:利用開始から3年間の無料期間(無料期間内に全地図更新することで無料期間が2年間延長)。
*13:「オペレーターサービス」と「オペレーターサービスPlus」は、どちらか一方のみ選択可。

 

 

[カローラ スポーツ一部改良内容]

 

▽外板色に、エモーショナルレッドⅡを新たに設定。さらにブラックルーフとの組合せのツートーンをG“Z”とGグレードに全3色オプション設定。

 

▽内装は、本革シートに内装色ブラックを追加(G“Z”にオプション)。

 

▽新型カローラ、カローラ ツーリングと同様、運転中の目線の動き、旋回時の姿勢、ライントレース性などドライバーが感じる動きを解析し、サスペンションを最適化。

 

 

■(トヨタ)カローラ:https://toyota.jp/corolla/
■(トヨタ)カローラ ツーリング:https://toyota.jp/corollatouring/
■(トヨタ)カローラ スポーツ:https://toyota.jp/corollasport/

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。