NEXT MOBILITY

MENU

2018年3月5日【テクノロジー】

KDDI、ティアフォーと自動運転を見据え業務資本提携契約を締結

NEXT MOBILITY編集部

 

KDDIは、ティアフォーと業務資本提携契約を締結したことを、3月5日に発表した。

ティアフォーは、オープンソースの自動運転ソフトウェア (OS)「Autoware (オートウェア)」を開発し、昨年12月に日本で初めて一般公道における遠隔制御型自動運転システムの実験を実施し、レベル4 (無人運転) の自動運転に成功。

 

さらに市街地や中山間地域での近距離移動を目的とする完全自動運転の小型電気自動車 (EV) を開発するなど、自動運転技術の開発と実証実験を推進している。

 

一方のKDDIは、15年以上にわたるM2M(※1)の提供実績および、カーテレマティクスのための通信回線やモジュールの提供、グローバル通信プラットフォームの構築など、グローバルに展開できるコネクティッドカーを支える通信ネットワークプラットフォームの開発を積極的に進めている。

 

自動運転の実現においては、遠隔による車両制御や、障害物などの動的情報によるリアルタイムな判断・制御を行うための低遅延通信に加え、ダイナミックマップ (※2) の生成と配信を可能とする高速大容量通信など、多くの車両が多接続できる次世代移動通信システム「5G」の活用が期待されている。

 

KDDIは、ティアフォーとの実証実験(※3)を通じて、自動運転社会を実現するための最適なネットワークを整備できるよう準備を進めていくとしている。

 

 

■KDDIの概要

 

(1) 商号:KDDI株式会社
(2) 事業内容:電気通信事業
(3) 設立年月日:1984年6月1日
(4) 本店所在地:東京都新宿区西新宿2丁目3番2号
(5) 代表者:代表取締役社長 田中 孝司

 

■ティアフォーの概要

 

(1) 商号:株式会社ティアフォー
(2) 事業内容:自動運転システム開発
(3) 設立年月日:2015年12月1日
(4) 本店所在地:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番3号
  名古屋大学オープンイノベーション拠点
(5) 代表者:代表取締役社長 武田 一哉

 

※1:M2M(Machine-to-Machine)、人間の介在なしに、機械同士が相互に情報をやりとりする仕組み

※2:ダイナミックマップは自動運転車や運転支援システムに必要となる高精度の3次元情報を持つデジタル地図。

※2:KDDI、アイサンテクノロジー、ティアフォー全国初、公道における無人自動運転車の遠隔制御に成功:
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/12/14/2850.html

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。