NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月24日【経済・社会】

[E1]東名高速・足柄スマートICが3/9開通

NEXT MOBILITY編集部

中日本高速道路(NEXCO中日本)東京支社は、E1 東名高速道路足柄サービスエリア(SA/上下線)に接続する足柄スマートインターチェンジ(スマートIC)の開通を3月9日(土)15時に決定したことを、1月24日、発表した。

 

発表の概要は、以下の通り。

NEXCO中日本・ロゴ

[足柄スマートIC開通の概要]

 

– IC名:足柄スマートIC

 

– 開通日時:2019年3月9日(土)15時

 

※開通式典等については、後日告知される。

 

– 開通箇所:E1 東名高速道路大井松田IC~御殿場IC間の足柄SA(上下線)

 

– 開通により期待される効果:

 

(1)高速道路の利便性向上
(2)観光振興
(3)物流の効率化
(4)緊急医療への貢献

 

 

[通行料金およびスマートIC利用上の注意点]

 

<通行料金>

 

■区間料金の一例(通常料金)

(距離:km、料金:円)

※割引後の料金は四捨五入により10円単位の端数処理をおこなうため、割引率が異なる場合がある。
※各割引の適用条件やその他の割引等の詳細は、NEXCO中日本公式サイト確認のこと。

 

 

■ETC割引の適用

 

【深夜割引】

 

0時~4時までの間に対象となる道路を走行。約30%割引。

 

【平日朝夕割引(後日還元型)】

 

ETCマイレージサービスに事前登録したETCクレジットカード又はETCパーソナルカードを利用し、6時~9時までの間、または、17時~20時までの間に入口または出口料金所を通過。 朝、夕それぞれ最初の1回に限り適用。最大100km走行分まで最大50%を後日還元。

 

※月毎の割引対象となる利用回数に応じ還元率を設定。無料走行分として後日還元。

 

【休日割引】

 

土日祝日の0時~24時の間に対象となる道路を走行。軽自動車等または普
通車のみ対象。地方部区間のみ約30%割引

 

 

<スマートIC利用上の注意点>

 

・スマートICはETC専用のため、必ずETCカードを車載器に挿入して通行すること。

 

・スマートICでは、車両が停止した状態でなければ開閉バーが開かないため、ETCゲートの前で必ず「一旦停止」し、バーが開いてから通行すること。

 

・ETC車載器を搭載していない車両が、誤ってスマートICに進入した場合は、バックをせず戻ることができるようになっている。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。