NEXT MOBILITY

MENU

2021年9月13日【イベント】

日産、2021年SUPER GT第5戦で今季初優勝

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

日産自動車は9月13日、2021年SUPER GTシリーズ第5戦のレースレポートを公開した。

 

 

■GT500
2021年SUPER GTシリーズ第5戦が9月11、12日にスポーツランドSUGOで開催された。前戦で表彰台を独占したNISSAN GT-R NISMO GT500勢は、第4戦(ツインリンクもてぎ)で2基目のエンジンに換えた#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田 次生 / ロニー・クインタレッリ)以外の3台にも2基目のエンジンを投入し、上位進出を目指す。

 

なお、前戦の結果によりGT-R勢はサクセスウェイトが追加され、#23 GT-Rが44kg、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手 晃平 / 千代 勝正)が56kg、#12 カルソニック IMPUL GT-R(平峰 一貴 / 松下 信治)が16kg、#24 リアライズコーポレーションADVAN GT-R(高星 明誠 / 佐々木 大樹)が22kgとなっている。

 

 

– 予選
9月11日午後3時3分から10分間のQ1が開始。天候は曇りで、気温24度、路面温度27度とやや低めのドライコンディションとなった。GT-R勢の最速タイムは平峰がアタックした#12 GT-Rで、1分10秒404で5位、千代がアタックした#3 GT-Rは1分10秒681で8位となり、Q2進出を決めた。松田の#23 GT-Rは1分10秒842で12位、高星の#24 GT-Rは5周目にタイムを更新したが、1分11秒140で15位となっている。

 

午後3時41分から10分間のQ2が開始した。#12 GT-Rの松下は4周目に1分10秒243、5周目に1分10秒238と好タイムで3位。#3 GT-Rは平手がアタックし4周目に1分10秒332をマークし5位に。なお予選終了後、#23 GT-Rのエンジンにトラブルの兆候が見つかり、チームはエンジン交換を実施。#23 GT-Rは3基目のエンジンとなり、使用規定数を超えるため、決勝で5秒間のピットストップペナルティが科されることになった。

 

 

– 決勝
決勝が行われた9月12日は晴天に恵まれ、気温も上昇。気温29度、路面温度46度のコンディションのもと、午後1時30分にフォーメーションラップが開始された。フォーメーションラップは3周にわたり、レース周回数は83周に。スタートでGT-R勢はスタートポジションを守り、クインタレッリがドライブする#23 GT-Rはポジションを上げて11位になった。6周目、#23 GT-Rはペナルティ消化のためにピットインし、最後尾にポジションを下げている。

 

レース序盤、松下の#12 GT-R、千代の#3 GT-Rを交えた4台が激しい2番手争いを展開。3番手の#12 GT-Rは2番手に接近し、オーバーテイクのチャンスを伺い周回を重ねる。#3 GT-Rは5番手を守りながら前に迫り、2番手争いの集団に加わった。激しいポジション争いでいったんは4番手に下がった#12 GT-Rは、20周目と21周目にオーバーテイクを決めて2番手に浮上。23周目には#3 GT-Rが前車を抜いて4番手に上がった。

 

GT500クラスでは28周目からピットインするマシンが出始め、GT-R勢は#23 GT-Rが33周目、#12 GT-Rが34周目、#3 GT-Rが36周目、#24 GT-Rが37周目にピットインを行った。#24 GT-RがGT500クラス最後のピットインとなり、全車がピットインを終えた時点で#12 GT-Rが2番手、#3 GT-Rが5番手、#24 GT-Rが14番手、#23 GT-Rが15番手となっている。37周目、#3 GT-Rが緊急ピットイン。エンジンのマイナートラブルにより、マシンをガレージに納めてそのままリタイアとなり、これにより#24 GT-Rが13番手、#23 GT-Rが14番手となった。

 

レースは中盤に入り、46周目にトップのマシンにドライブスルーペナルティが提示され、47周目には最終コーナーの立ち上がりで火災を起こしたマシンが出て、セーフティカーが導入された。セーフティカー先導は7周にわたり、レースは55周目にリスタート。トップのペナルティによる脱落で#12 GT-Rは首位となった。#24 GT-Rは11番手、#23 GT-Rは12番手を走行。前後はかなりの接近戦で、2台は10位以内の入賞を目指し走行した。終盤でもペースを保つ#24 GT-Rと#23 GT-Rは順位を上げ、残り10周の時点で#24 GT-Rが8番手、#23 GT-Rが10番手を走行し、ともに入賞圏内となっている。#24 GT-Rの高星は積極的に前車をパスし6番手に浮上。#23 GT-Rの松田も7番手に浮上した。

 

#12 GT-Rの平峰は安定した走りでトップを守り、今季初優勝を達成。平峰と松下にとって、GT500クラスでの初優勝となった。#24 GT-Rは6位、#23 GT-Rは7位で入賞を果たし、GT-R勢は前戦鈴鹿から2連勝。次戦オートポリスも、今年のGT-Rとの相性の良いコースであることが予想され、日産/ニスモ陣営は好結果を目指す。

 

 

■GT300
SUPER GT第5戦には5台のNISSAN GT-R NISMO GT3が参戦し、#56 リアライズ日産自動車大学校GT-R(藤波 清斗 / ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が81kgというサクセスウェイトを搭載しながらも、予選10位からポジションを上げ、3位表彰台を獲得した。

 

 

 

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。