NEXT MOBILITY

MENU

2019年9月30日【経済・社会】

スズキ、東京モーターショー2019の出品概要

NEXT MOBILITY編集部

 

 

スズキは、10月24日から11月4日まで、東京ビッグサイト及びお台場周辺エリアで開催(一般公開は10月25日から)される「第46回東京モーターショー2019」の出展概要を発表した。

 

今回の東京モーターショーでは、「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。」をテーマに、来年創立100周年を迎えるスズキが、次の100年に向けて「大きな未来」を切り拓く、製品開発や技術開発を紹介する。

スズキ自動車・ロゴ

スズキブースでは、パーソナルコンパクトPHEV「WAKUスポ」、モバイルルーム自動運転車「HANARE」をはじめ、軽クロスオーバーワゴン「ハスラー コンセプト」、新開発の油冷エンジンを搭載したロードスポーツバイク「ジクサー SF 250」など、総合モビリティメーカーとしての技術を結集。

 

また、軽トラック「スーパーキャリイ」の荷台を使用し、軽トラ市を模したスズキの用品販売コーナーを設ける。

 

 

[主な展示車]

 

<四輪車(出品予定台数:合計19台)>

 

【参考出品車】

 

■パーソナルコンパクトPHEV「WAKUスポ(ワクスポ)」

 

Aセグメントのコンパクトボディーに、車体形状、フロントマスク、インテリア表示コンテンツを切り替えるワクワクスイッチを搭載。一人ひとりの楽しさ、ワクワクに応えてクルマが変化し、みんなで共有できる未来の「小さなクルマ」を提案。

 

■モバイルルーム自動運転車「HANARE(ハナレ)」

 

AI、ロボットによる超効率化社会の中でも、「人のつながり」や「人のこだわり」など、人間らしい欲求を大切にし、クルマを所有する新たな喜びを提案する自動運転車。家の「離れ」のような大きさの室内空間の移動による運転以外の楽しさ、ワクワクを提案。

 

■軽クロスオーバーワゴン「HUSTLER CONCEPT(ハスラー コンセプト)」

 

機能の追求と、ハスラーの個性的なキャラクターを融合させた、もっと遊べる「ハスラー」のコンセプトモデル。日常から遊びのシーンまで毎日がもっとワクワクするクルマを提案。

 

■アーバンアウトドアスタイル「HUSTLER CONCEPT(ハスラー コンセプト)」

 

「遊べる軽」のハスラーらしさに、新たに「タフさ」、「力強さ」を取り込んだコンセプトモデル。気分の盛り上がるカラーリングやデカール、ルーフラッピングなどのアクセントに、ルーフラックを加え、都会からアウトドアまで楽しめるファッショナブルなアーバンアウトドアスタイルを提案。

 

■軽商用車「エブリイどこでもベビールーム with コンビ」

 

軽商用車「エブリイ」をベースに、ベビー用品を扱うコンビとコラボレーションしたコンセプトモデル。社会に役立つ軽商用車として、屋外イベント会場や災害時の避難所等で、安心しておむつ替えや授乳ができる車両を提案。

 

【その他の市販車】

 

・登録車:クロスビー、ソリオ バンディット、エスクード、ジムニーシエラ、スイフトスポーツ、SX4 S-CROSS

 

・軽自動車:スペーシア ギア、スペーシア カスタム、ジムニー、アルト、ワゴンR、スーパーキャリイ

 

 

<二輪車(出品予定台数 合計8台)>

 

【参考出品車】

 

■新開発油冷エンジン搭載のフルカウルスポーツバイク「ジクサー SF 250」

 

第44回東京モーターショー2015に参考出品したコンセプトモデル「Feel Free Go!(フィール フリー ゴー!)」に採用した新開発の油冷エンジンを搭載した、スポーティーなデザインのフルカウルスポーツバイク。

 

 

■新開発油冷エンジン搭載のネイキッドスポーツバイク「ジクサー 250」

 

第44回東京モーターショー2015に参考出品したコンセプトモデル「Feel Free Go!(フィール フリー ゴー!)」に採用した新開発の油冷エンジンを搭載した、グラマラスな造形を取り入れたデザインのネイキッドスポーツバイク。

 

 

■MotoGP参戦車両「GSX-RR」

 

現在MotoGPクラスに参戦中の「GSX-RR」。二輪車レースの最高峰「FIMロードレース世界選手権(MotoGP)」で培った最新技術は、「GSX-R1000」をはじめとした市販車両へフィードバックされている。

 

 

【その他の市販車】

 

・KATANA、GSX-R1000R ABS、SV650X ABS、V‐Strom 250 ABS

 

 

<その他展示>

 

【船外機】

 

・DF350A(カットモデル)、DF325A、DF300B(合計3台)

 

【電動車いす】

 

・ET4D(1台)

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。