NEXT MOBILITY

MENU

2020年12月18日【イベント】

勝田貴元、2021年WRC全戦にヤリスWRCで出場

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝田貴元氏

 

 

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムは12月18日、2021年も引き続き若手ドライバーの育成活動を継続し、日本人ドライバーの勝田貴元が、FIA世界ラリー選手権(WRC)の全戦にヤリスWRCで参戦することを発表した。

 

2019年、勝田はWRCのトップカテゴリーであるWRカー(ワールドラリーカー)にステップアップし、シーズン終盤の2戦にヤリスWRCで出場してトップレベルで戦えることを証明した。2020年は多くのWRCイベントにヤリスWRCで参戦する予定だったが、WRC年間カレンダーの大幅な変更により、5戦の出場に留まった。

 

しかし、その中でも初戦のラリー・モンテカルロでは安定した走りで難関ステージを走破し総合7位の実績を残し、WRC初開催の第4戦ラリー・エストニアではトップドライバーに匹敵する好タイムを記録。そして、今年初めてWRCとして開催された最終戦のラリー・モンツァでは、今シーズンのWRC最後のSSとなったパワーステージを制し、初めてベストタイムを記録した。

 

 

間もなく開幕する2021年シーズン、勝田はWRC全戦への出場を予定する。コ・ドライバーは引き続きイギリス人のダン・バリットが務め、新たにユホ・ハンニネンが勝田のインストラクターに就任した。TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのテストドライバーであるハンニネンは、以前から勝田のルートノートクルーを務め、テストでは何度かコ・ドライバーを担当するなど、勝田と仕事を共にし、良い関係を築いてきた。

 

 

■勝田貴元
2020年は誰にとっても非常に困難なシーズンでしたし、これまでのように学びを重ねるのは簡単ではありませんでした。しかし、自分自身のパフォーマンスとドライビングはシーズンの始め頃と比べて大きく改善したと思います。良いリザルトを残すことはできませんでしたが、良い走りをできたステージがいくつかありましたし、様々なコンディションやクルマのセットアップについて理解が深まりました。とても良い経験でしたし、以前に比べて格段に自信が向上しました。チームと、サポートをしてくれた周りの人達に感謝しますし、来年もヤリスWRCで参戦できることを本当に嬉しく思います。このような特別な機会を与えてくれたTOYOTA GAZOO Racingに、心から感謝しています。さらに成長し、大きな自信を持って臨むステージがあるラリーでは、良い結果を残せるように頑張りたいと思います。また、来シーズンはユホとより緊密に仕事をできるのも楽しみです。彼のことはよく知っていますし、一緒にテストを行ったり、彼が運転するクルマの助手席で学んでもきました。経験豊富で、クルマのことをとても良く理解している本当に優れたドライバーだと思います。ユホのアドバイスを受けることで、より良いドライバーに成長できると確信しています。

 

■ユホ・ハンニネン(インストラクター)
今年、貴元が成長する姿を見ることができて本当に幸せでした。開催されたラリーは多くありませんでしたが、振り返ってみれば、エストニアや、特に最終戦のモンツァでは素晴らしい速さを見せてくれました。非常に難しいコンディションだったにも関わらず、とても良いタイムを記録してステージから戻ってきた彼を、本当に誇りに思います。彼が格段に速くなったのは間違いなく、来年はもっと楽に戦うことができるはずです。ヤリスWRCに乗る機会も増えますし、新しいラリーも多くあるので、よりイコールに近い条件で他のドライバーとの比較がしやすくなるでしょう。先週行ったラリー・モンテカルロに向けたテストでもそうでしたが、クルマのセットアップを手伝うなど、全ラリーで貴元と緊密に仕事ができることを楽しみにしています。やるべきこと、やらなければならないことは山ほどありますが、彼なら必ず良い結果を残せると信じています。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。