NEXT MOBILITY

MENU

2018年7月18日【シェアリングエコノミー】

ZMPと日の丸交通、世界初の自動運転タクシー公道営業実証を開始

NEXT MOBILITY編集部

 

総合ディベロッパーと連携し、2018年8月27日より大手町フィナンシャルシティ グランキューブ~六本木ヒルズ間で実施。実証時の運賃は1500円

 

日の丸交通株式会社(以下、日の丸交通)と株式会社ZMP(以下、ZMP)は、自動運転車両を用いたタクシーサービスの公道営業実証実験を、2018年8月27日にスタートさせる。( 坂上 賢治 )

三菱地所株式会社(以下、三菱地所)と森ビル株式会社(以下、森ビル)は、本実証実験の意義に賛同し、都心部における展開を実現すべく、車両の発着地として両社が運営する施設を提供する。なお自動運転車両を用いたタクシーが公道にて一般顧客を乗せて営業走行を行うことは世界初の取り組みとなる。(*なお下記映像は、2017年9月に米シンギュラリティ大学のイベントで自動運転機能を使った送迎車の実験走行の様子)

 

 

実証実験は、ZMPの開発した自動運転車両と予約システムを用いて、日の丸交通が公道におけるタクシーサービスを実施するもので、実験の区間は大手町フィナンシャルシティ グランキューブ(東京都千代田区)と六本木ヒルズ(東京都港区)を結ぶ約5.3kmを予定している。

実験期間は2018年8月27日~9月8日で、利用者(実験参加者)は広く一般から募り、本日より専用サイト< https://www.zmp.co.jp/aidelitaxi >から公募を開始する。

1 2
CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。