NEXT MOBILITY

MENU

2018年10月23日【テクノロジー】

三菱電機、金属3D造形を高精度化する点造形技術を開発

NEXT MOBILITY編集部

 

三菱電機は、空孔がほとんどない高品質な三次元構造を高速で造形するレーザーワイヤーDED(※1)方式を採用した金属三次元造形装置(金属3Dプリンタ)に、レーザー技術、数値制御(CNC)技術や、CAM(※2)技術を連携させ、高精度な造形を実現する点造形技術を開発した。

三菱電機・ロゴ

三菱電機は、この開発品により、航空機や自動車の部品製造におけるニアネットシェイプ(※3)化や肉盛補修など、幅広い用途で生産性が向上。今後、操作性をさらに向上させ、2020年度の製品化を目指すとしている。

 

なお、開発成果を搭載した金属3Dプリンタは、11月1日から東京ビッグサイト開催の「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」に参考出品される。

 

※1)DED(Directed Energy Deposition):指向性エネルギー堆積法。集束された熱エネルギーを利用して材料を溶解・積層する造形プロセス。

※2)CAM(Computer Aided Manufacturing):コンピューター支援製造。入力された三次元形状データを基に、加工用プログラムの作成などの生産準備全般をコンピューター上で行う技術。

※3:最終形状に近い状態に仕上げること。

 

点造形加工事例

点造形加工事例

 

 

[開発品の特長]

 

○レーザーワイヤーDED方式で高品質な三次元構造の高速造形を実現

 

・レーザー照射部分に金属ワイヤーを直接供給して造形するレーザーワイヤーDED方式により、造形物内部に空孔がほとんどない高品質な三次元構造の高速造形を実現。

 

・中空形状や上部がひさし状に張り出している形状など、さまざまな三次元形状の造形が可能。

 

・他の加工法で製造した部品へ付加する造形も可能なため、肉盛補修などにも有効。

 

・入手が容易で現在も広く使用されている安価なレーザー溶接用ワイヤーの使用が可能。

 

 

○独自の点造形技術により形状精度を向上

 

・パルス状のレーザー照射、金属ワイヤーやシールドガスの供給と造形位置などを同期制御して点状の造形を繰り返す独自の点造形技術を開発。従来の連続造形技術に比べ形状精度が60%向上(同社比)。

 

・高温部分が点状の狭い範囲に限定されるため、造形時に課題となる表面の酸化を20%以上抑制(同社比)。

 

・点造形方式に対応した専用CAMにより、複雑な形状の造形も可能。

 

 

【加工中の様子】

 

【造形精度比較】

※真円度:円形形体を二つの同心の幾何学的円で挟んだとき、同心二円の間隔が最小となる場合の、二円の半径の差

 

 

[問い合わせ先]

 

三菱電機株式会社 先端技術総合研究所

 

FAX: (06)6497-7289

問い合わせフォーム:http://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/randd/inquiry/index_at.html

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。