NEXT MOBILITY

MENU

2021年4月19日【新型車】

アウディ、上海モーターショーで新型EVを発表

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

アウディは4月19日、2021年の上海モーターショー(Auto Shanghai)において、「プレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)」をベースとした電気自動車のコンセプトカー「Audi A6 e-tron concept」を発表した。

audi・ロゴ

PPEテクノロジーは、アウディ主導で開発した未来の電気自動車のプラットフォーム。Audi A6 e-tron conceptは、このPPEテクノロジーを採用することにより、ファーストカーとしての実用性を備えながらも、ダイナミックなドライビングパフォーマンスを実現する。

 

2022年後半からは大型セグメントで、その後はミッドサイズセグメントでも、PPEテクノロジーをベースとしたモデルの発売が予定されている。また、その商品レンジには、高い車高を特徴とする電動SUVだけでなく、今後登場するAudi A6 e-tronといったダイナミックなスタイルの乗用車も含まれている。

 

 

 

 

 

■Audi A6 e-tron conceptのデザイン
Audi A6 e-tron conceptの寸法は、現行モデルのAudi A6 / A7シリーズとほぼ同じ、全長4.96m、全幅1.96m、全高1.44m。エアロダイナミクスでは、Cd値(空気抵抗係数)0.22という少ない空気抵抗により、電力消費量を削減し、航続距離を伸ばしている。

 

同時に、風洞実験室でファインチューニングが行われており、風洞実験室から生まれた空力効果は、リヤエンドに顕著に表れている。アッパーリヤエンドは、空気の流れを切り裂くようなデザインを採用。下部セクションでは、大型リヤディフューザーのエアアウトレットが、スポイラーエリアと統合されている。これにより、乱流を低減しながら、車両の下のエアを導き、空気抵抗(=Cd値)を低減させ、リフトを最小化している。

 

ボディカラーは、“Heliosilver”(ヘリオシルバー)と呼ばれるカラーが採用されている。フロントエンドでは、シングルフレームグリルもヘリオシルバーに塗装され、ディープマットブラックのフレームとのコントラストを生み出している。

 

また、このカラーは太陽光をかなりの割合で反射するため、エアコンディショナーを使用する頻度を低下させ、エネルギー消費量を削減するというメリットも提供する。

 

 

■Audi A6 e-tron conceptのライティングテクノロジー
フラットなヘッドライトとテールライトは、スリムなデザインを特徴とし、ボディの同じ高さに設置されている。デジタルマトリクスLEDとデジタルOLEDテクノロジーにより、少ない表面積でも最大の明るさと様々な機能を実現。また、ライトシグネチャーをカスタマイズすることも可能になった。

 

ボディの側面には、小型で高解像度のLEDプロジェクターが3台装着され、ドアを開くと光の効果を地面に投影し、乗員に挨拶する。また、プロジェクターは安全機能を備え、たとえば、ドアを開こうとしている場合は、後方から近づいてくるモーターサイクルのライダーに向けた警告マークを地面に投影する。

 

これらのプロジェクション機能は、さまざまな市場や認証条件に対応すべく、必要に応じて変更可能だ。

 

 

 

 

 

■急速充電、長い航続距離
Audi A6 e-tron conceptのバッテリーは、800ボルトの充電テクノロジーにより、Audi e-tron GTと同様に、急速充電ステーションを利用すれば、最大270kWの出力での充電が可能となる。300km以上を走行可能なレベルまでバッテリーを充電するのに必要な時間は10分間。また、25分以内でバッテリー容量を5%から80%まで充電することができる。

 

アウディは、PPEとともに、このテクノロジーを、ミッドレンジおよびラグジュアリーセグメントの量産車に初めて導入する。

 

航続距離は、WLTPモードで将来的に700kmを超える。走行特性では、電気モーターは、走り出した瞬間から力強いトルクを発生することが可能なため、高い効率を追及したエントリーモデルでさえ、0~100km/hを7秒未満で加速することが可能。また、最上位のハイパフォーマンスモデルでは、4秒未満で100km/hに到達する。

 

 

■プレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)
A6 e-tron conceptおよび将来登場するPPEをベースにした車両の重要な特徴は、前後アクスル間に搭載された容量約100kWhのバッテリー容量であり、車両ベース全体を有効に活用することで、比較的フラットなバッテリーレイアウトを実現できる。これは、この単一のプラットフォームを、基本的な構成を変えることなく、背の高いSUVモデルだけでなく、Audi A6 e-tron conceptをはじめとする乗用車にも使用できることを意味している。

 

また、PPE車両のバッテリーサイズとホイールベースは柔軟に変更することができるため、さまざまなセグメントの車両に採用することができる。PPEモデルの長いホイールベースにより、乗員コンパートメントには、広々としたスペースが生み出され、これは、あらゆるセグメントにおいて大きなメリットとなる。さらに、技術面から見ると、電気自動車はトランスミッショントンネルを必要としないため、一般的に内燃エンジン搭載車よりも広いスペースが生み出される。

 

さらに、トランスミッショントンネルがなくても、アウディのオーナーは、ブランドのトレードマークであるquattroドライブシステムを選択することができる。未来のPPEモデルには、フロントおよびリヤアクスルにそれぞれ1基の電気モーターを搭載したバージョンが用意され、電気モーターを制御することによって、ドライビングダイナミクスとエネルギー効率のバランスを取りながら、オンデマンドの4輪駆動システムを実現する。加えて、e-tronファミリーには、エネルギー消費量と航続距離を最適化したベースバージョンも用意され、この場合、1基の電気モーターがリヤアクスルに搭載される。

 

Audi A6 e-tron conceptでは、350kWの合計出力と、800Nmの最大トルクを発生する2基の電気モーターが搭載されている。サスペンションは、フロントには電気自動車用に最適化された5リンク式サスペンションが、リヤにはマルチリンクタイプのサスペンションが採用され、アダプティブダンパーを備えた、アウディエアサスペンションも装備している。

 

PPEプラットフォームをベースにしたアウディの量産車は、2022年の後半から順次発売が予定されている。

 

なお、PPE車両は、グローバルに提供されるように設計されており、すべてのブランドの主要な市場で展開される。アウディは、ヨーロッパの製造拠点と同社最大の単一市場である中国の両方で、これらの車両の生産を予定。長春には新しい工場を建設しており、2025年までには生産を開始する予定だ。

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。