NEXT MOBILITY

MENU

2021年4月6日【新型車】

アウディ、新型EV「e-tron GT」を日本初公開

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

アウディ ジャパンは4月6日、2021年2月9日にワールドプレミアされたAudi e-tron GTを、今年1月に期間限定でオープンした「Audi House of Progress Tokyo」において4月7日(水)から5月31日(月)まで展示すると発表した。

 

Audi e-tron GT quattroとその高性能バージョンのAudi RS e-tron GTは、エレクトリック4ドアグランツーリスモであり、サステイナブルな未来に向けたアウディの新たなブランドアイコンとなるモデルだという。

 

日本での発売は2021年秋の予定で、価格はAudi e-tron GT quattroが1,399万円、Audi RS e-tron GTが1,799万円(いずれも税込み)。日本仕様の詳細は、国土交通省の認可取得後、発表される。

audi・ロゴ

■Audi e-tron GT quattro / Audi RS e-tron GTの概要
ボディ
サイズは、全長/全幅/全高 4,990mm/1,965mm/1,415mm(RSは1,395mm)。六角形シングルフレームグリル、クワトロ・ブリスターフェンダーなど、アウディらしいディテールが見て取れる。レーザーライト付きマトリックスLEDヘッドライトが選択できるほか、エアロダイナミクスを追求したそのボディラインのCd値(空気抵抗係数)は、わずか0.24。

 

インテリアデザイン
運転席はスポーティな低いポジションに設定され、幅広いセンターコンソールで仕切られたモノポストデザインによりドライバーを包み込む。ペットボトルや漁網などのリサイクル素材を使用したレザーフリーパッケージで、ハイテクなルックスとオーガニックなナチュラルさを共存させ、新時代のプレミアムを表現する。2,900mmのロングホイールベースの恩恵でリヤシートには、大人2人が十分に寛げるスペースが確保されているほか、ラゲッジコンパートメントも405ℓの容量を備えている(RSモデルでは350ℓ)。

 

操作系・コネクト機能
アウディバーチャルコックピット(12.3 インチ)と センターコンソールの大型タッチディスプレイ(10.1インチ)を標準装備。音声によるオンラインサーチやパーソナライゼーション機能をはじめ、Wi-Fiホットスポットを備えたMMIナビゲーションプラスを標準装備し、Audi connectの様々なサービスを提供する。また、急速充電ステーションを使用して最短の充電時間で最速ルートを計算するためのe-tronルートプランナーを搭載。ワイヤレスチャージング(Qi規格)や Bang&Olufsenプレミアムサウンドシステムも選択することができる。

 

電気モーター
Audi e-tron GT quattroおよびAudi RS e-tron GTの前後のアクセルに配置された2つの電気モーターのシステム最大出力は、それぞれ350kWと440kW(ローンチコントロ—ル使用時は、390kWと475kW)、最大トルクはそれぞれ640Nmと830Nm。このパフォーマンスを四輪駆動システムであるエレクトリックquattroが最大限に活かすという。そのリアクション速度は30ミリ秒と機械式quattroの5倍の速さで反応。Audi RS e-tron GTでは、ローンチコントロールを使えば、僅か3.3秒で時速100kmに達する。パワーの源である総容量93kWh(実際の使用容量 84kWh)のバッテリーはフロア下に配置しており、システム電圧は800Vで、日本の計測方法(WLTC)で500キロメートル以上の航続距離を実現する。 

 

シャシー
3チャンバー式エアサスペンション(RSに標準)やオールホイールステアリング(オプション)で、スポーティなドライビングと、乗り心地の両立を図っている。タイヤ/ホイールは、Audi e-tron GT quattroが19インチ、Audi RS e-tron GTが20インチが標準で、20インチ、21インチホイールをオプション設定している。

 

運転支援システム
アウディプレセンス セーフティシステムを始め、アダプティブクルーズコントロール、サイドアシスト、リヤクロストラフィックアシスト、ターンアシスト、エマージェンシーアシストなどを標準装備している。

 

e-tronスポーツサウンド
法令で規定されている20km/h以下での走行時や駐車時の人工音に加え、アウディドライブセレクトの設定に応じて、クルマの車外および車内にサウンドを発生させる(Audi e-tron GT quattro、Audi RS e-tron GTともにオプション装備予定)。

 

充電
e-tron GTは、200Vの普通充電で8kWまで、急速充電(CHAdeMO)では150kWまで対応。Audi e-tron chargeカードで、全国の2万か所以上のe-Mobility Powerネットワーク(旧:NCSネットワーク)の充電器で最初の一年間は無料で充電することができる。

 

生産
ネッカーズルムのベーリンガーホフ工場でカーボンニュートラルな方法で行われる。Audi R8と組立ラインを共有し、自動化された生産技術を最大限活用しつつ、熟練工の職人技を組み合わせる。

 

 

 

 

 

■「Audi House of Progress Tokyo」
https://www.audi.jp/progress/audi-brand-store/
– 住所:東京都港区南青山5-3-2
– 営業時間:平日11:00(土日祝10:00)~ 20:00
■関連サイト:Audi Media Center – Audi e-tron GT ※英語版のみ
https://www.audi-mediacenter.com/en/audi-e-tron-gt-13716
■関連ムービー:”The making of the Audi e-tron GT, A documentary”
https://www.audimedia.tv/en/audimediatv/video/the-making-of-the-audi-e-tron-gt-a-documentary-5543

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。