NEXT MOBILITY

MENU

2018年6月6日【自動車・販売】

ボッシュ、2017年国内売上高や自動運転等の最新トピックス公表

NEXT MOBILITY編集部

 

 

世界的な自動車部品メーカーであるロバート・ボッシュの日本法人ボッシュは、6月6日、2018年の同グループ年次記者会見を東京都渋谷区にある同社本社ビルで開催。

前年比10%増の2,950億円になった日本国内での2017年売上高や、自動運転車向けに新たに開発した「次世代多目的カメラ」や、新しい「ディーゼル技術」等の同社最新トピックスを公表した。

 

当日は、クラウス・メーダー代表取締役(写真右下)や森川典子 取締役副社長(写真左下)をはじめとする、同社各事業部の責任者らが出席。

 

 

メーダー氏による2017年業績と事業報告では、日本国内における第三者連結売上高が、前述の通り、前年比10%増の約2,950億円(約23億ユーロ)となったことを発表。

 

 

この好結果に関し、メーダー氏は、

 

「パワートレイン関連や、世界的に高まる自動車安全の需要に応えた先進安全運転支援分野を含むセーフティーシステム向け製品の取引拡大が、売り上げ増加に貢献」

 

したこと等に言及した。

 

 

また、同社の最新トピックとして、自動運転への活用が見込まれる、新開発の「次世代多目的カメラ」を紹介。

 

 

5月に神奈川県のパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展2018」で世界初公開されたこのカメラは、搭載したAIがディープラーニングを行い、従来のステレオカメラ等に比べ、より正確な画像認識を行うことができるのが特徴。

 

(詳細は「ボッシュ、AI活用の次世代カメラを世界初公開【人くる2018】」参照)

 

同社は、この新型で、今後より需要が高まるであろう自動運転や安全運転支援システム関連のマーケットへのシェア拡大を図る予定だ。

 

1 2
CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。