NEXT MOBILITY

MENU

2020年12月22日【自動車・販売】

BMW7シリーズ、ピュア・メタル・エディションを限定発表

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

ビー・エム・ダブリューは、日本の匠とドイツのクラフトマンシップが融合した限定車「BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション」を、2021年1月29日午前11時より、BMWオンライン・ストア(https://online-store.bmw.co.jp/)において、2台限定で販売を行なうと、2020年12月22日発表した。納車は、2021年春頃を予定している。

 

BMW 7シリーズは、より上質なデザイン、最先端の運転支援システムを搭載したBMWのフラッグシップ・モデルである。今回発表の限定車「BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション」は、BMW 7シリーズの中でも、よりラグジュアリーなBMW 750Li xDrive Excellenceをベースに、BMW Individualが誇る手作業による最高品質のピュア・メタル・シルバー塗装の外観に、人間国宝である奥山峰石氏による高度な打込象嵌の技法により加飾を施した銀板トリムがおりなす深い芸術性とラグジュアリー性を極めた限定車である。

 

 

外装色BMW Individualピュア・メタル・シルバー最大の特徴は、重厚なメタルの塊感と、磨き込まれた表面の美しさである。これは、塗料の粒子密度向上に加え、手の込んだ厚みのある塗装面と、極めて高い平滑性と言う高度な技術により実現している。

 

内装は、最高品質であるメリノ・レザーのBMW Individualフル・メリノ・レザー スモーク・ホワイト/ナイト・ブルーの採用に加え、人間国宝である奥山峰石氏が丹精を込めて手がけた鍛金・象嵌細工を施した銀板トリムが採用されている。

 

銀板トリムには、赤銅(金と銅の合金)による繊細な文様を切り抜き銀板に接合し、木槌や金槌で叩いてめり込ませて文様を仕上げるという、非常に高度な打込象嵌の技法による文様が施されている。表面の処理後に、赤胴部分が青みを帯びた艶やかな黒の文様として浮かび上がることで、洗練された日本画の世界観、日本人の美意識を感じさせている。トリムに描かれるモチーフとして、奥山氏は、福島県にある三春滝桜の枝垂れ桜を選んでいる。冷たいメタルの上にも春を待つ自然の息吹が感じられ、日本人の心の琴線に触れる印象的かつ芸術性の高い作品となっている。

 

 

 

 

 

限定車「BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション」は、後席にエグゼクティブ・ラウンジ・シートおよびBMW Individualクール・ボックスを標準装備している。クール・ボックスには、シャンパン・ボトル等が収納可能であり、さらに、奥山氏の作品でも人気の高い槌目打ちの純銀製カップの表面に桜の花の文様をあしらった専用カップ2個を特別に装備する。侘び寂びのある冬の桜の枝のトリム装飾と、桜の花が咲く純銀製カップとのコントラストが、季節の移ろいを愛でる至高のラグジュアリー・ドライビング体験を演出する。

 

 

BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション

■メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

BMW 750Li xDrive Pure Metal Edition

¥26,500,000

※上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となる。

※左ハンドル仕様。

 

■スペシャルwebサイト

– 製品ページ:

https://www.bmw.co.jp/ja/newcar/2020/bmw-7-series-pure-metal-edition.html

– BMWと日本の名匠プロジェクト:

https://www.bmw.co.jp/ja/topics/brand-and-technology/bmw_brand/bmw-japanese-master-project.html

 

■BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション特別展示

限定車「BMW 7シリーズ ピュア・メタル・エディション」を、BMW GROUP TERRACE(千代田区丸の内1-9-2)に、2020年12月22日より2021年1月8日まで展示*する。その後、一部のBMW正規ディーラーにおいても、展示予定である。

*: 2021年1月1日から1月3日までを除く。

 

■人間国宝・奥山峰石氏について

昭和12年山形県新庄市に生まれ、高松宮記念賞や文化庁長官賞など国内伝統工芸展の最高賞を多数受賞し高い評価を得、平成7年に重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受ける。

 

高度な鍛金技術と造形感覚によって制作された器に自然の情景をモチーフとした写生的な文様を切嵌象嵌や打込象嵌によって表現し、配色バランスの優れた現代的な作風を確立している。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。