NEXT MOBILITY

MENU

2019年5月13日【エレクトロニクス器機】

ボッシュ、次世代レーダーを「人くる」に世界初展示

NEXT MOBILITY編集部

 

 

独・ロバート・ボッシュGmbHの日本法人ボッシュは、5月13日、「人とくるまのテクノロジー展2019横浜(5月22日〜5月24日・パシフィコ横浜)」出展し、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転技術向けの次世代レーダーを世界で初展示すると発表した。

 

 

車両周囲の環境を検知するレーダーは、今やACC(アダプティブ クルーズ コントロール)や衝突被害軽減ブレーキなどの先進運転支援システム、また自動運転機能などにおいて必要不可欠なものになっている。

 

 

ボッシュでは、従来も数多くのセンサー類を生産しており、その数は累計2000万台にも及んでいる。

 

同社では、そういったノウハウを活かしつつ、さらに性能を向上させ、複雑な環境下でもより正確な検知を可能とする次世代レーダーを開発。日本で開催される本展示会において、世界に先駆け初披露するという。

 

 

新型レーダーのより具体的な特徴は、例えば、視野角が拡大したことにより、車両が交差点に進入する際に、他の車両や歩行者をより早く正確に検知することを可能としたこと。

 

他にも、高さ方向の検知性能が向上したことで、誤作動のリスクを下げ、より安全な運転支援機能を実現。

 

また、次世代のレーダーは、現行品から約30%小型化され、厚みは33mmから19mmに薄型化されたことにより、搭載の自由度が高まっている。

 

 

同社では、他にもトランスミッション用電動オイルポンプも世界初展示する予定。これは、変速のための油圧を制御するトランスミッションポンプを、従来のエンジンからの動力ではなく、電動で制御できるもの。

これにより、例えば、EVやHEVなどがエンジンを停止し電動モーターのみで走行するEVモードでの走行中も、オイルをトランスミッション系の制御・冷却・潤滑のために供給し続けることが可能。

 

また、普通車でもコースティングモード時にエンジンをより長く停止させ、コースティングの距離を飛躍的に延ばすことができる。

 

 

なお、本展示会における同社その他の展示内容は以下の通りだ。

 

 

電動化ソリューション

 

 

自動化ソリューション

 

 

ネットワーク化ソリューション

 

 

二輪車向けソリューション

  • 二輪車向け安全運転支援システム(アドバンストライダーアシスタンスシステム)

 

 

 

 

 

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。