NEXT MOBILITY

MENU

2021年2月5日【新型車】

日産、新型「パスファインダー」を北米で今夏発売

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産・新ロゴ

日産自動車は2月5日、大型SUV「パスファインダー」をフルモデルチェンジし、(2022年モデルとして)今年夏から北米市場で発売すると発表した。新型モデルでは、その特徴である高い耐久性に加え、快適性と最先端のコネクテッド技術、安全性能の向上が図られた。

 

 

 

 

日産は、事業構造改革「Nissan NEXT」の推進にあたり、米国市場の製品ラインナップの変革を進め、これまでの20カ月間で、新型「パスファインダー」を含めて10車種の新型モデルを発表。高い競争力を有するモデルラインナップを整えてきた。

 

 

 

 

新型パスファインダーの発表に際して、北米日産の製品企画およびサービス企画を担当する理事のジャレッド=ハスラム氏は、以下のように話している。

 

「初代モデルの発売から35年を経て『パスファインダー』は、今までのモデルチェンジで進化した特徴を残しつつ、「パスファインダー」の原点である頑丈さに磨きをかけました。
 現代の大型SUVオーナーは日々の冒険において、家族の安全と快適さをサポートする最先端技術だけではなく、力強さと耐久性を併せ持つクルマを求めています。そして、新型『パスファインダー』は、そのご要望にお応えできるモデルです」。

 

 

[主な特徴]

 

堅牢さ+モダンなデザイン

 

力強いフロントフェイスや、厚みあるブリスターフェンダーに加え、さらに短くなったフロントオーバーハングなど、力強さと性能を表現するため、細部まで入念にデザイン。初代へのオマージュとして、スリースロットグリルと組み合わせたVモーショングリル、C字型のヘッドライト、流れるようなルーフライン等に加え、リア部分にはスクエア形状のデザインを取り入れた。また、Cピラーに「パスファインダー」初となるツートンカラーを採用した。

 

 

 

 

新型の9速ミッション&4WD

 

全てのグレードに、最大出力284PS、最大トルク259lb-ftを発生する3.5リッター直噴V6エンジンを搭載。新型の9速オートマッチックトランスミッションとの組み合わせにより、滑らか且つ、力強くダイレクトなレスポンスを実現。

 

また4WDモデルには、7種類(ノーマル、スポーツ、エコ、スノー、サンド、マッド/ラット、トーイング)のモードを選択できるドライブ&テレインモードセレクターを備える新型のインテリジェント4WDを搭載。4WDシステムに油圧でクラッチを制御するダイレクトカップリング方式を採用し、トラクションが低いシーンでも路面に駆動力をしっかりと伝達。クラス最高のトーイング性能を実現(※1)した。

 

 

 

 

快適性と実用性を向上

 

新採用の12.3インチのデジタルディスプレイに加え、10.8インチサイズのヘッドアップディスプレイ(HUD)も装備。電動シフター採用の「ブリッジ」形状のセンターコンソールの下部には収納スペースを設け、実用性を高めた。

 

また、乗車定員8名の標準モデルに加え、同車初の2列目キャプテンシート採用グレードを設定。工具なしで脱着可能なセンターコンソールと相まって、多彩な使い方をサポートする。

 

 

 

 

日産セーフティシールド360等、最先端の安全技術を標準装備

 

SV、SL両グレードには、同モデル初となる日産の先進運転支援技術「ProPILOT Assist」を搭載。ステアリング制御とインテリジェントクルーズコントロールの組み合わせにより、高速道路上でのアクセル、ブレーキ、ステアリングを統合制御(※2)。プラチナグレードには、ナビゲーションの地図情報も活用し、前方のカーブや分岐合流点に合わせた車速調整や、高速道路出口での減速等も支援(※2)する「ProPILOT Assist with Navi-link」を装備した。

 

また、全グレードに、歩行者検知機能を備えたインテリジェント エマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットワーニング、リアクロストラフィックワーニング、レーンデパーチャーワーニング、ハイビームアシスト等から構成される「日産セーフティシールド360」や、インテリジェント前方衝突予測警告、インテリジェントドライバーアラート、リアドアアラート(※3)に加え、合計10個のエアバッグも標準装備。

 

さらに、ブラインドスポットインターベンション、インテリジェントレーンインターベンション、トラフィックサインレコグニションもオプションで選択できる。

 

 

 

 

多種なライナップとオプション

 

新型「パスファインダー」には、2WDと4WDに、S、SV、SL、プラチナの4種類のグレードをラインナップに加え、SVプレミアム、SLプレミアムの2種類のパッケージも用意。なお、より詳細な情報は、発売前の2021年夏に公開される予定だ。

 

 

 

 

※1:Wardsセグメント・基準モデルとの比較・メーカーのウェブサイトに基づく。2022年パスファインダーのトーイングパッケージと、現在販売されている他社の最新の大型クロス/ユーティリティ・ビークル比較。トーイング性能はグレード構成によって異なるため、詳しくは日産のトーイングガイドおよびオーナーズマニュアルを参照。

※2:運転支援システムは、ドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突回避や、障害物の検知・警報、運転支援するものではない。詳しくは日産ホームページもしくは取扱説明書を参照。

※3:リアドアアラートは人や荷物を検知ししないため、降車前に必ずリアシートを確認すること。安全情報については、取扱説明書を参照。

 

 

 

 

■(北米日産)新型「パスファインダー」の詳細(英語):https://usa.nissannews.com/en-US/releases/2022-nissan-pathfinder-press-kit

■北米日産:https://www.nissanusa.com/

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。