NEXT MOBILITY

MENU

2021年1月7日【新型車】

PSA、シトロエンC3を新世代ブランドフェイスに刷新

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Groupe PSA Japanは1月7日、同日より、シトロエンのベストセラーコンパクトカーC3に新世代ブランドフェイスと各種装備を充実させてモデルチェンジし、発売することを発表した。

 

C3は、2016年末のグローバルでの発売以来、累計80万台を超えるセールスを記録。強豪ひしめくヨーロッパのマーケットで5番目に位置している。日本でも2017年の導入以来、3年あまりで7625台(2020年12月末日現在)を数え、国内マーケットでのシトロエンブランドのビジネスの根幹をなすモデルに成長した。

 

NEW C3は、そのベストセラーコンパクトカーであるC3がさらなる進化を遂げたという。人気の源泉となった守られているような安心感ある佇まいとモダンさを合わせ持つエクステリア、あらゆるところに感じる心地よさを備えたインテリア、快適な乗り心地と経済性、カラフルな個性などの美点はそのままに、まさにこれからのシトロエンを示唆する新世代フェイスに生まれ変わった。

 

 

■NEW C3の特徴
・あたらしいシトロエンのアイデンティティ:コンセプトカーCXPERIENCEにインスパイアされたあたらしいシトロエンのグリルとインテリジェントハイビーム付きLEDヘッドライトを採用した個性あふれるフェイス
・新色2色を含む4色のエクステリアカラー、4色のルーフカラー、2つのインテリアカラー、3つのカラーパックから9通りの組み合わせのバリエーション
・ブランドのグラフィック・シグネチャーであるAirbump®のあたらしいデザイン
・シトロエンならではの快適性を実現するアドバンストコンフォートシート
・JC08モード値で15%の燃費向上を果たした新マネジメントのエンジン
・FEEL、SHINEの基本の2グレードに加えてデビュー特別仕様車のEDITION 2021を展開

 

シトロエンCEOのヴァンサン・コベは、ひとびとの移動の自由と自由な移動を快適性をもって担保する “Inspired By You “というシトロエンのブランドタグラインを、NEW C3は凝縮しているといえ、そして、このモデルは最新のコンセプトカーにインスパイアされたシトロエンの新しいフロントエンド・アイデンティティの先駆けとなるとコメントしている。

 

 

■エクステリア:唯一無二の個性にシトロエンの将来をかけあわせて
– コンパクトセグメント随一の個性派:最新シトロエンのデザインコードを取り入れたフェイス
NEW C3のフロントフェイスは2016年のパリモーターショーで発表されたコンセプトカー「CXPERIENCE」(Cエクスペリエンス)に直接的にインスパイアされている。シトロエンのブランドロゴであるダブルシェブロンから伸びるクロームがLEDデイタイム・ランニング・ライトにまで広がりワイド感を強調。さらに下部は、あたらしいデザインのLEDヘッドライトまで伸びていき、さらに下のフォグランプは、ベゼル部分がカラーパックと呼応するようになっている。

 

C3に採用されてシトロエンのシグネチャーとして認知されたAirbump®はワイドにデザインを一新。3つのカプセルのセットで構成され、ボディワークを保護するとともに、NEW C3ならではの個性を補完する。リアクオーターパネル、CピラーのステッカーはこのAirbump®のパターンを反復し、サイドビューに統一感を持たせ、あたらしいフロントフェイスとあいまってNEW C3にダイナミズムと力強さを加える。

 

 

■インテリア:車内の“心地よさ”とくつろぎ感。まさにフランス車といえるシート
運転者と同乗者にリビングのような居心地の良さとくつろぎを提供すべくシトロエンアドバンストコンフォートのコンセプトをさらに色濃く導入。これまでもその快適性と気楽さで定評のあったインテリアの基本デザインは踏襲しつつ、さらなる快適性のためにアドバンストコンフォートシートをエメラルド内装仕様に初採用した。これはシート生地裏に特別なフォームを配することで、身体とシートの”当たり”感を改善したシートで、C5 AIRCROSS SUVで導入され好評を得たものと同様の考え方で造られている。生地裏のフォームのボリュームも従来の2mmから15mmへと大幅にアップしたことで、しっとりふっかりとした比類ない柔らかさを実現し、疲労につながる車体の微震動をシートが吸収する。

 

 

 

 

■運転支援と安全装備:コンパクトカーの日常使いに嬉しい装備の数々

・LEDヘッドライト&インテリジェントハイビーム
ヘッドライトは新デザインのLEDヘッドライトが全グレード標準装備となる。また、インテリジェントハイビームはマルチファンクションカメラが常に前方の状況を分析。先行車や対向車の有無により、ハイビームとロービームを自動的に切り替え、対向車を幻惑することなく、常に最適な前方視界を確保する。
・ブラインドスポットモニターシステム
走行中、斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車輌を超音波センサーが感知。ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させる。
・アクティブセーフティブレーキ
前方の車輌や障害物を検知し、ドライバーが回避操作を行わない場合に自動的にブレーキを作動させる。作動範囲は5〜80km/hで、車輌および歩行者を検知する。

 

 

・レーンデパーチャーウォーニング
車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると、警告を発する。
・トラフィックサインインフォメーション
制限速度に関する道路標識をマルチファンクションカメラが読み取り、インストルメントパネルに表示。制限速度はドライバーが任意でクルーズコントロールまたはスピードリミッターに連動させることが可能。
・ドライバーアテンションアラート
マルチファンクションカメラにより、車線に対するふらつきを検知し、居眠り防止の警告を発する。
・フロント、バックソナー、バックカメラ
バックカメラは後進の際に車輌後方の状況をタッチスクリーンに自動で写し出す。距離や角度が認識できるガイドラインにより周囲の状況が手に取るように把握できる。また、障害物等が接近すると警報を発するソナーを前後に装備している。※フロントソナーはSHINEに標準装備

 

 

■ドライビング:もっとエフィシェントに。PureTech 1.2ℓターボエンジンはJC08モード燃費15%向上
– 心地いい移動体験:1.2ℓターボエンジン+EAT8による小気味よい走り
パワートレインはグループPSAのPureTech1.2ℓガソリンターボエンジン(アイドリングストップ付き)にアイシン・エイ・ダブリュとの共同開発による電子制御6速オートマチックトランスミッションEAT6を継続採用。PureTech1.2ℓエンジンは、4年連続エンジン・オブ・ザ・イヤーを獲得し、パワー&トルク、アクセルに対するツキ、レスポンス、燃費性能、環境性能の各要素においてコンパクトクラスの名機と評されている。しかし、その評価に甘んじることなく、さらにエンジンマネジメントソフトウェアの最適化によりJC08モードを15%も向上させた。JC08 モードで21.0km/ℓ(旧18.2km/ℓ)、WLTC モ ードで17.2km/ℓ。

 

 

■グレードについて:SHINEとFEELに加えデビュー特別仕様EDITION 2021を用意
– EDITION 2021:メイングレードSHINEをベースにテックウッド内装、17インチホイール、ルーフステッカーを装備
NEW C3導入記念として特別仕様車EDITION 2021(エディション2021)を設定。1インチアップの17インチホイールとルーフステッカー、さらにインテリアにテックウッド(一台一台木目の異なるプリント)をあしらった、より温かみのあるシックでリビングのような雰囲気を魅力とする。

 

 

– SHINE/FEEL:装備充実のSHINEとベーシックなFEELの2グレード展開
特別仕様車のEDITION 2021をのぞき、グレードはSHINEとFEELの2グレード展開となる。SHINEはEDITION 2021のベースとなる装備充実のメイングレードとなり、アドバンスドコンフォートシートとカラーアクセントの入ったエメラルド内装と継続仕様のシートのスタンダード内装がそれぞれのボディカラーと組み合わされる。FEELはモノトーンルーフ(ボディ同色)とスタンダード内装とシート、16インチスチールホイール、フロントソナーやバックカメラ、ブラインドスポットモニターの有無などが相違点となる。

 

 

– ボディサイズ
全長:3995mm、全幅:1750mm、全高:1495mm、ホイールベース:2535mm、車輌重量:1140kg

 

– グレード構成
C3 FEEL:2,350,000円
C3 SHINE(スタンダード内装):2,575,000円
C3 SHINE(エメラルド内装):2,595,000円
C3 EDITION 2021:2,699,000円

 

– NEW C3 ボディカラー
NEW C3は新色のスプリングブルーとルージュエリクシールを加えた4色展開。ドアハンドルはブラック&クローム装飾となる。 特別仕様車のEDITION 2021はスプリングブルー、ルージュエリクシール、サーブルの3色展開となる。

スプリングブルー、サーブル:特別塗装色(有料オプション49,500円)

ルージュエリクシール:特別塗装色(有料オプション71,500円)

 

左上:スプリングブルー、右上:ルージュエリクシール

左下:サーブル、右下:ブランバンギーズ

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。