NEXT MOBILITY

MENU

2021年1月21日【イベント】

トヨタ、全日本ラリー選手権にGRヤリス2台で参戦

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOYOTA-GAZOO-Racing・ロゴ

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、GRヤリス2台体制で、2021年JAF全日本ラリー選手権のトップクラス(以下、JN1)に参戦すると、1月21日発表した。新たに勝田範彦をドライバーに迎え上位を狙う。

 

TGRは、2015年からJAF全日本ラリー選手権への参戦を開始し、モータースポーツの厳しい環境において「人を鍛え、クルマを鍛える」ことを目的に活動を続けてきた。2019年には眞貝知志・安藤裕一組が駆るヴィッツGRMNでJN2クラス年間優勝を獲得している。

 

2021年参戦車両のGRヤリスは、FIA世界ラリー選手権(WRC)で得た技術や技能を織り込み、世界のあらゆる道でも思い通りに操れ、誰もが安心して意のままに運転できるクルマとして誕生した。「モータースポーツ用の車両を市販化する」という逆転の発想で開発した、トヨタ自動車初となるモデル。

 

チームに加わる勝田範彦は、JAF全日本ラリー選手権で8度チャンピオンに輝いた実績をもつトップドライバー。GRヤリスのポテンシャルを十分に引き出し、チームを勝利に導くことが出来るドライバーとして、眞貝知志とともに2台体制で戦う。

 

 

 

 

– チーム名

TOYOTA GAZOO Racing

– 車両/クラス

GR YARIS GR4 Rally / JN1クラス

– 主な仕様

エンジン:1.6ℓ直列3気筒インタークーラーターボ

駆動方式:スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”

– ドライバー/コドライバー

勝田 範彦 / 木村 裕介

眞貝 知志 / 安藤 裕一

– チーム監督

豊岡 悟志 (トヨタ自動車 凄腕技能養成部 社員)

– チーフ・メカニック

宮本 昌司 (トヨタ自動車 凄腕技能養成部 社員)

– エンジニア

土井 崇司 (トヨタ自動車 GRプロジェクト推進部 社員)

 

 

 

■豊岡 悟志(チーム監督)コメント

2021年の目標はGRヤリスでの勝利。勝利に向けて挑む事の全てを”人とクルマを鍛える”に直結させていきます。新たに勝田選手の力をお借りし、眞貝選手との2台体制であらゆる相乗効果を狙います。豊田章男社長、モリゾウはモータースポーツを軸にして、モビリティ、社会を広い視野で考え、全体を盛り上げる事に取り組んでいます。ラリーチームもその想いに先頭をきって応える実戦部隊として、クルマの楽しさや可能性を追求していきます。全日本ラリーでのGRヤリスのデビューを楽しみにしています。応援よろしくお願いします。

 

■勝田 範彦(ドライバー)コメント

初めてTGRチームに加わり、うれしく思います。ラリー車両の本格的なテストは、まだそれほど行っていませんが、エンジニアには熱意があふれていますし、クルマにはポテンシャルを感じました。私はこれまで30年近くラリーに参戦してきましたが、心機一転、初心にかえってチームと一緒に頑張りたいと思います。強豪ぞろいのJN1クラスで上位を狙い、良い成績を収めることが私の役割です。デビューウイン、そしてチャンピオンを獲る意気込みで臨みます。応援よろしくお願いします。

 

■眞貝 知志(ドライバー)コメント

TGRチームで4年目を迎え、GRヤリスという新たなチャレンジを楽しみにしています。ハイレベルなJN1クラスで勝田選手とともに走る距離を倍にし、もっといいクルマづくりへフィードバックする。それが私の仕事だと思っています。私自身にとっても、公式戦に初めて4WD車両で臨む挑戦の年ですが、まずは自分の役割を果たすことを目標に頑張ります。一戦ごとにGRヤリスがたくましく速くなっていく姿を、皆様も一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。

 

■宮本 昌司(チーフメカニック)コメント

2021年はメカニックの顔ぶれが大きく変わります。普段製造現場で働く社員や、開発を担うエンジニアなどを含め、社内の幅広い部署から志の高い人材を集めています。ラリー未経験者がほとんどですが、競技の現場や車両の作り込みなど、すべてを学びとして今後に活かしてくれると思っています。JN1クラスのメカニックに肩を並べられるよう頑張ります。

 

■土井 崇司(エンジニア)コメント

GRヤリスには、ボディ強度や熱対策など、我々がこれまで全日本ラリーで学んだエッセンスも反映されていますが、開発は終わったわけではありません。ラリーの現場で実際に何が起きているかを見極め、開発メンバーに伝達し、もっともっといいクルマに鍛えていきたいと思っています。こうした活動を通じて得た知見をGRヤリスだけでなく、将来の幅広い市販車に落とし込み、今後もよりよい製品をお客様に提供したいと考えています。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。