NEXT MOBILITY

MENU

2018年6月1日【テクノロジー】

ヤマハ発動機、知能を持ち“転ばない”電動バイク展示【人くる2018】

NEXT MOBILITY編集部

 

 

ヤマハ発動機は、AI搭載により人を認識し、自立制御システムで停止時も直立する電動バイク「MOTOROID(モトロイド)」を、5月23日〜5月25日に開催された「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」(神奈川県・パシフィコ横浜)で展示。実際のデモ等も行うことで、多くの話題を呼んでいた。

 

 

 

このコンセプトバイクは、2017年10月開催の「東京モーターショー2017」で初展示されたもの。

今回はモーターショーの時より間近でそのデモが見られるとあって、同社のブースはかなりの賑わいを見せていた。

 

 

リアにインホイールモーター、車両中央の本来エンジンがある位置にリチウムイオンバッテリーを搭載したこの電動バイクは、「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」として、同社が概念検証実験を行っているもの。

 

 

特徴は、まず画像認識AIの搭載。顔認証で所有者のみに反応し、手招き等で自ら前進/後進等を行うジェスチャー認識もおこなうことだ。

 

 

また、バイク自らが重心をコントロールすることも可能。そして、その制御を行う自立制御システムが「AMCES」だ。

仕組みは、同社がAMCES軸と名付けたメインフレームが軸となり、バッテリーやリアアーム、リアホイール周り等が回転、その動きを電子制御によりコントロールするというもの。

 

 

これにより、停止時にライダーが跨がらずとも、自ら直立状態を保つことができる(今回のデモ機には、安全のため補助輪がついているが、本来は不要)。

 

 

また、メインフレーム下に搭載したリチウムイオンバッテリーがカウンターウェイトの役割をするため、車両を右または左側に押しても、自律で再び直立状態に戻ることが可能だ。

 

 

会場では、来場者のボランテアを募り、そのデモも実施。押しても倒れない2輪車の動きに、多くのギャラリーが釘付けになっていた。

 

 

同社では、今後、このバイクにバックカメラを搭載し、自動で後進し駐車ができるようにする等、様々なアップデートを行う予定だ。

 

【参考動画】

 

(ヤマハ発動機公式チャンネルより)

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。