NEXT MOBILITY

MENU

2018年12月18日【経済・社会】

ホンダ、「東京オートサロン2019」出展概要

NEXT MOBILITY編集部

 

 

ホンダは、2019年1月11日(金)から13日(日)まで千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に、四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両を出展する。

ホンダ・ロゴ

今回のホンダブースのコンセプトは「クルマ好きが集う場」。10月25日(木)発表のスーパースポーツ「NSX」の改良モデルや、7月の発売の「N-VAN(エヌバン)」の様々なカスタマイズモデルなどを展示し、ホンダ車の楽しみ方を紹介する。

 

 

また、モータースポーツ競技車両として、FIA(※1)フォーミュラ・ワン世界選手権2018年シーズンに参戦したRed Bull Toro Rosso Hondaから「STR13」、国内レースからは、SUPER GT シリーズと全日本スーパーフォーミュラ選手権の両シリーズチャンピオンマシンを同時に展示。さらにFIM(※2)ロードレース世界選手権MotoGPクラスを制した「RC213V」と、国内外で活躍する二輪・四輪マシンを展示する。

 

初日となる1月11日(金)10:30からは、「Honda Racing 2019 キックオフプレゼンテーション」と題し、2019年シリーズにおけるモータースポーツ活動の体制発表を実施。執行役員ブランド・コミュニケーション本部長の森山克英 氏、モータースポーツ部部長の山本 雅史 氏の登壇を予定。

 

ホンダはイベントで、幅広いラインアップを持つ同社ならではの様々な可能性を提案するとともに、モビリティーを自由にカスタマイズする楽しさや、モビリティーを自由に操るモータースポーツの魅力を伝えていきたいとしている。

 

※1)FIA:Fédération Internationale de l’Automobile(国際自動車連盟)の略称
※2)FIM:Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称

 

 

 

[主な出展車両(予定)]

 

<四輪車>

 

○市販車/市販車カスタマイズ

 

– NSX(2018年10月25日発表の改良モデル)

– INSIGHT EX・BLACK STYLE

– MUGEN INSIGHT(無限用品装着車)

– MUGEN CR-V(無限用品装着車)

– CIVIC TYPE R MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL

– MUGEN CIVIC TYPE R Prototype(無限用品装着車)

– N-VAN ART STAND(#NVAN_Dream企画/※3)

– N-VANチュートリアル福田カスタム仕様車 with FLEX(#NVAN_Dream外伝企画/※4)

– MUGEN N-VAN(無限用品装着車)

– VEZEL TOURING Modulo X Concept 2019

– STEP WGN HYBRID Modulo X

– S660 Modulo X Version 2019

 

※3)#NVAN_Dream:夢のカスタム案を募集し、実際に選ばれた1台をカタチにするプロジェクト(https://www.honda.co.jp/N-VAN/dream/)。

※4)#NVAN_Dream外伝:「#NVAN_Dream」の外伝として、N-VANとFLEX、お笑い芸人のチュートリアル福田充徳氏のコラボレーション・プロジェクト(https://www.honda.co.jp/N-VANgaiden/)。

 

上段左:NSX。同右:MUGEN INSIGHT(無限用品装着車)。下段左:N-VANチュートリアル福田カスタム仕様車 with FLEX。同右:VEZEL TOURING Modulo X Concept 2019。

上段左:NSX。同右:MUGEN INSIGHT(無限用品装着車)。下段左:N-VANチュートリアル福田カスタム仕様車 with FLEX。同右:VEZEL TOURING Modulo X Concept 2019。

 

 

○競技車両

 

– FIA フォーミュラ・ワン世界選手権:

・Red Bull Toro Rosso Honda 「STR13 #10」

– SUPER GTシリーズ:

・GT500クラス 2018シリーズチャンピオンマシン「RAYBRIG NSX-GT #100」
・GT500クラス 「MOTUL MUGEN NSX-GT #16」

– 全日本スーパーフォーミュラ選手権:

・2018 シリーズチャンピオンマシンSF14「TEAM MUGEN #16」
・SF14「TEAM MUGEN #15」

– NSX-GT3 #10
– N-ONE OWNER’S CUP「Honda Magazine号」

 

左:STR13。右:RAYBRIG NSX-GT #100

左:STR13。右:RAYBRIG NSX-GT #100

 

 

<二輪車>

 

○競技車両

 

– FIM ロードレース世界選手権:

・MotoGPクラス 2018シリーズチャンピオンマシン「RC213V #93」

– MFJ(※5)全日本モトクロス選手権(JMX):

・IA1クラス 2018シリーズチャンピオンマシン「CRF450RW #982」

– MFJ 全日本トライアル選手権(JTR):

・IASクラス 2018シリーズチャンピオンマシン「RTL300R #1」

 

※)5MFJ:Motorcycle Federation of Japan(一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)の略称。

 

RC213V

RC213V

 

 

[dwango × Hondaブース]

 

ドワンゴと共同開発したiPhone向けアプリ「osoba(オソバ)」プロジェクトのプロモーションブースでは、プロジェクトを通じて制作した「S660(エスロクロクマル)」の「初音ミク(ハツネミク/※6)」ラッピングカーを展示。また、osobaの機能が体験できる車両を試乗コーナーに用意する。

 

※6)初音ミク:クリプトン・フューチャー・メディアの歌詞とメロディーを入力して歌を歌わせる「ソフトウェア」。「キャラクター」としても注目を集め、バーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行う。

 

 

 

[東京オートサロン2019開催概要]

 

– 開催日時:

・2019年1月11日(金)9:00~19:00(報道関係者招待日)※一般特別公開は14:00~
・1月12日(土)9:00~19:00(一般公開日)
・1月13日(日)9:00~18:00(一般公開日)

– 開催会場:

幕張メッセ(日本コンベンションセンター)
国際展示場ホール1~11
国際会議場・イベントホール・屋外展示場

– 出展ブース:

・Hondaブース:中ホール 小間番号435
・dwango × Hondaブース:北館 小間番号1020

– 運営:東京オートサロン事務局(TASA〈TOKYO AUTO SALON ASSOCIATION〉)

– 後援:

千葉県、千葉市、一般社団法人 日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)、一般社団法人 日本自動車工業会(JAMA)、一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)[順不同]

 

東京オートサロン2019・HP

 

■(ホンダ)東京オートサロン特設サイト:https://www.honda.co.jp/autosalon/

 

■東京オートサロン:https://www.tokyoautosalon.jp/2019/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。