NEXT MOBILITY

MENU

2019年4月23日【モータースポーツ】

鉄人・菅原氏がダカール・ラリーの引退を表明

NEXT MOBILITY編集部

 

 

日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下義生、以下日野)と日本レーシングマネージメント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:菅原照仁、以下JRM)は、4月23日、JRMの会長であり、連続出場記録を更新してきた「ダカールの鉄人」こと菅原義正氏がダカール・ラリーからの引退を決めたことを発表した。

 

 

また、JRMと日野で構成されるダカール・ラリー共同参戦チーム「日野チームスガワラ」の代表からも退き、後任はJRMの代表であり、義正氏の子息である菅原照仁氏(下)が務める。

 

 

 

チームのトレードマークである鯉のぼりとともに駆け抜けた「ダカールの鉄人」菅原義正氏は、1983年のダカール・ラリー(当時のパリ・ダカールラリー)初参戦以来、世界最多連続出場 36回・世界最多連続完走 20回という前人未到の記録を持ち、その功績はギネス世界記録®に認定されている(2019年4月23日現在)。

 

 

同氏は、2019年1月にペルーで開催されたダカール・ラリー2019のトラック部門にも、日野レンジャー1号車のドライバーとして出場。だが、序盤のステージ2において、ステアリングの車両トラブルで無念のリタイア。実質的に、最後のダカール・ラリーとなった。

 

 

 

 

■菅原義正氏のコメント

「私のダカール・ラリーへの挑戦は、2019年1月の大会をもって最後とし、後進に道を譲ることとしました。チーム代表を息子の照仁に譲り、新たなドライバーの人選も任せます。

ダカール・ラリーには1983年から、日野自動車とは1992年から協力して参戦してきました。壮大なスケールでレースをしながら旅することにロマンを感じ、さまざまな人や文化に触れるたび魅力に取りつかれ、毎年、”ゴールはスタートと捉え、次のラリーへの準備をする” ことを続けてきたら36年経っていました。これまで続けてこられたのは皆様の応援があったからこそであり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ダカール・ラリーからは引退しますが、私のキャリアを終わらせるつもりはなく、今後も様々なチャレンジを続けていきたいと思っています。照仁が率いる新チーム、そして私の今後の活動についても、応援いただければ大変嬉しく思います。」

 

 

■日野自動車 下義生 代表取締役社長のコメント

「多くの人に勇気を与えた菅原義正氏のダカール・ラリーへの挑戦に心から敬意を表します。義正さんご本人から、そして義正さんと参戦したダカール・ラリーを通じて、多くのことを学びました。中でも、現地で感じた「人財育成」や「チームの大切さ」は特に心に刻まれ、日野の企業文化に浸透させるべきであると改めて考えさせられました。

義正さんのチャレンジスピリットを胸に、チームの新代表である菅原照仁氏と、ダカール・ラリーへの挑戦を続けてまいります。」

 

 

 

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。