NEXT MOBILITY

MENU

2019年10月1日【経済・社会】

日産、東京モーターショー2019の出展概要

NEXT MOBILITY編集部

 

 

日産自動車は、10月24日から11月4日まで、東京ビッグサイト及びお台場周辺エリアで開催(一般公開は10月25日から)される「第46回東京モーターショー2019」の出展概要を発表した。

 

今回の東京モーターショーでは、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の将来を示すコンセプトカー「ニッサン IMk」を世界初公開。また、電動自動車の「日産リーフe+」や「セレナ e-POWER」、先進運転支援システム「プロパイロット 2.0」を搭載した新型「スカイライン」など、計14モデルを展示する。

 

 

日産自動車・ロゴ

 

 

[主な展示車]

 

■ニッサン IMk

 

「ニッサン IMk」は、デザインにおいて都市部の洗練された景観から日本らしい伝統的な街並みにも自然に溶け込む上質さを表現。新しいEVプラットフォームに低重心のパッケージを採用し、軽自動車規格のコンパクトなボディサイズに、EVならでは走りや優れた静粛性を実現したコンセプトモデル。

 

「プロパイロット 2.0」を進化させた次世代の運転支援技術を搭載し、その利用範囲を高速道路から主要幹線道路にまで拡大している。

 

さらに、クルマが無人の状態で自ら駐車スペースを探して自動で駐車し、必要な時にドライバーがスマートフォンで呼ぶと迎えに来てくれるバレーパーキング機能など、数々の先進技術を搭載したニッサン インテリジェント モビリティの進化が体現できる新時代の小型EVシティコミューター。

 

 

 

 

■セレナ e-POWER

 

「セレナ」は、日産のラインアップでいち早く「プロパイロット」を搭載したモデル。昨年3月には「e-POWER」を追加するなど、日産の最先端の技術を搭載している。

 

今年8月のマイナーチェンジでは、車両の周囲360°の安全をサポートする「全方位運転支援システム(*1)」を全車に標準装備し、安全性をさらに向上。フロントグリルを一新し、精悍で押し出し感の強いフロントマスクを採用することで、より力強くスポーティなデザインとした。

 

<*1:全方位運転支援システムに含まれる装備>

 

・アダプティブLEDヘッドライトシステム または ハイビームアシスト(グレード別設定)。
・インテリジェント エマージェンシーブレーキ。
・標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)。
・踏み間違い衝突防止アシスト。
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+ LDW(車線逸脱警報)。
・インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム) + BSW(後側方車両検知警報)。
・RCTA(後退時車両検知警報)。

 

 

■新型スカイライン

 

「スカイライン」は、常にその時代の最先端の技術を採用し、進化を続けてきた日産を代表するモデル。新型「スカイライン」には、高速道路(*2)の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行し、同一車線内でハンズオフが可能となる(*3)世界初の先進運転支援システム「プロパイロット 2.0」を搭載している。

 

*2:高速自動車国道法の定める高速自動車国道、および道路法の定める自動車専用道路。

*3:ハンズオフは、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある場合に限る。また対面通行路、トンネル内、カーブ路、料金所・合流・車線数減少の地点およびその手前などでは、不可。ハンズオフができない区間に入る場合、事前にドライバーに報知、ドライバーはハンドル操作をする必要がある。

 

 

 

■日産リーフe+

 

「日産リーフ」は、2010年に初代モデルを発売して以来、世界で累計43万台以上を販売。

 

最新の「日産リーフe+」では、航続距離を458km(WLTCモード)まで向上し、優れたエネルギー効率とさらなる高出力、高トルクを実現する新開発e-パワートレインを採用し、大容量バッテリーに貯めた電気を、専用機器を介し、様々な電気製品の電源として活用できる。

 

また、停電時の非常用電源としてだけでなく、太陽光発電の電力固定価格買取制度の満了(After FIT)時にエネルギーの自家消費にも対応できる、蓄電池としての価値も提供している。

 

 

 

 

■NISSAN GT-R

 

「NISSAN GT-R」は、究極のドライビングプレジャーを追求したスーパースポーツカー。今回は2020年モデルの中から、GT-Rの50周年を記念する特別仕様車「NISSAN GT-R 50th Anniversary」と「NISSAN GT-R NISMO」の2台を展示する。

 

【NISSAN GT-R 50th Anniversary】

 

GT-Rの生誕50周年を記念し、往年のニッサンワークスカラーをイメージした特別なツートーンカラーや専用ステッカーなど、エクステリアとインテリアの随所に専用アイテムを装備した限定モデル。

 

 

 

 

【NISSAN GT-R NISMO 2020年モデル】

 

2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型のターボチャージャーや、制動性能とコントロール性を両立させた新開発の超高性能カーボンセラミックブレーキを採用。外装部品のカーボン素材や新開発のRECAROシートなどの採用で約30kgの軽量化を実現している。

 

 

[オリジナルグッズ販売]

 

日産ブース内に物販コーナーを設置し、「NISSAN GT-R」と「フェアレディZ」の50周年を記念した東京モーターショー限定グッズや、ニッサンのブランドグッズ、ミニカー等を販売する。

 

 

[インターネットの活用]

 

<スペシャルサイト>

 

10月1日から東京モーターショースペシャルサイトを開設し、コンセプトカーの情報などを順次掲載。また、10月24日(木)の一般公開日前夜には、日産ブースでのステージ演出を一足先にスペシャルサイトで公開する予定。

 

■東京モーターショースペシャルサイト:https://www.nissan.co.jp/MS/TOKYO2019/

 

<ソーシャルメディア>

 

Twitter(ツイッター)や、YouTube(ユーチューブ)等のソーシャルメディアを活用し、情報を発信。日産ブースのプレスブリーフィングやステージ演出の生中継を予定している。詳細は、日産自動車公式ツイッターアカウント等で順次発信される。

 

■ツイッター:https://twitter.com/NissanJP
■YouTube:https://www.youtube.com/NissanJapan

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。