NEXT MOBILITY

MENU

2018年10月1日【テクノロジー】

豊田通商、シンガポールのMaaS企業に出資

NEXT MOBILITY編集部

 

豊田通商は、10月1日、シンガポールでMaaS(Mobility as a Service/*)事業を展開するmobilityX社のシリーズA第三者割当増資において、リードインベスターとして出資する。

 

出資は、豊田通商アジアパシフィック(Toyota Tsusho Asia Pacific)を通じて実施。

 

同件は、シンガポール最大の公共交通事業者のSMRT社と豊田通商での2件目の協業プロジェクトとなる。

2018年に設立されたmobilityX社は、あらゆる交通手段を統合したデジタルプラットフォームを開発。現在、公共交通からファースト・アンド・ラストマイル・サービスまでを含めた、サブスクリプション型の統合モビリティサービスを試験導入している。

 

今回の資金調達で、mobilityX社は、シンガポールとその地域におけるMaaSソリューションの展開拡大が可能となる。

 

また、出資に加え、豊田通商とmobilityX社は、MaaS事業に関わるテクノロジー領域の共同開発とMaaS事業の海外展開での協業に関する包括的MOUを締結した。

契約は、豊田通商アジアパシフィック社長の柳瀬英喜 氏(後列左)とmobilityX社会長のピーター・タン(Peter Tan)氏(後列右)が証人として立ち合いの下、豊田通商アジアパシフィックの副社長の加藤茂治 氏(前列左)と、mobilityX社CEOのコリン・リム(Colin Lim)氏(前列右)により署名され、締結された。

 

この調印式で、柳瀬英喜 氏は、以下のように述べている。

 

「豊田通商が、mobilityX社のシリーズAラウンドに出資できることを嬉しく思います。mobilityX社との強力な戦略的協業を推進し、MaaS事業を共に創り上げていくことを楽しみにしています。 そして、シンガポールと東南アジア地域の人々のために、MaaS事業の発展を通じて、より豊かな生活の実現を加速するよう努めます」。

 

また、ピーター・タン氏は、以下のように述べている。

 

「mobilityXが、豊田通商から出資を受けることを嬉しく思います。豊田通商による出資と戦略的協業は、mobilityX社にとり意義深い裏付けとなります。シンガポールと地域のユーザーのためのモビリティサービス変革に向けて、豊田通商と協力していきます」。

 

 

豊田通商は、mobilityX社への戦略的出資により、MaaS事業の確立とその核となるノウハウの蓄積を目指すとしている。

 

*MaaS事業:公共交通機関やタクシー、カー・自転車シェアなどのさまざまな形態の交通サービスによる移動をシームレスにつなぎ、単一アプリケーションを通じて、ルート検索から予約、支払いまでを統合し、効率的な移動を提供する統合モビリティサービス事業。最近では、世界において都市単位でグローバルに実証実験が行われている。

 

[mobilityX社について]

 

mobilityX社は、シンガポール国最大の公共交通事業者のSMRT社によるシードファンディングによるスタートアップで、2018年2月に設立。

 

公共交通機関(MRTとバス)のバックボーンとして使用するデジタルプラットフォームを開発した。

 

このプラットフォームには、タクシー、自転車、スクーター、カーシェアリング、ファースト・アンド・ラストマイル接続とポイント・ツー・ポイント旅行のオンデマンドバスオペレーターとのパートナーシップが含まれている。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。