NEXT MOBILITY

MENU

2019年3月12日【テクノロジー】

日産とドコモ、5G+リアルtoバーチャル技術による走行実証

NEXT MOBILITY編集部

日産自動車とNTTドコモは、第5世代移動通信方式(5G)を用いて、「Invisible-to-Visible(I2V)」技術を走行中の車両で活用する実証実験を開始した。

 

日産は、リアル(現実)とバーチャル(仮想)の世界を融合し、ドライバーが「見えないものを可視化」する「I2V」の研究開発を「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する未来のコネクテッドカー技術の一つとして進めている。

 

 

 

 

「I2V」は、車内外のセンサーが収集した情報とクラウド上のデータを統合することで、クルマの前方や建物の裏側、カーブの先の状況など通常では見えないものをドライバーの視野に映し出す技術で、また、インターネット上に構築された、人々が様々な方法や形態で自由に交流できる仮想世界の「メタバース(*)」と接続。

 

メタバースを介して様々なスキルや知識を持った人々や遠隔地にいる知人や家族と現実世界のクルマとをマッチングし、AR(拡張現実)によって車室内に3Dアバターとして登場させる。

 

これにより、メタバースの人々と現実世界の人とが実際に同乗しているかのような感覚で、ドライブ体験を共有することができるのだと云う。

 

 

 

 

実証実験では、車内のユーザーと遠隔地にいるユーザーが、互いにリアルな存在感や同乗感覚を得るために必要な情報提供方法(ユーザーインタフェース)や、インタラクティブなコミュニケーションの有用性などを評価、確認。

 

また、車外から車内へのアバターの伝送、および、車内の状況を車外で確認する俯瞰映像の伝送をリアルタイムで行うため、ドコモの「高速大容量」「低遅延」な通信品質を実現する5G通信を活用する。

 

 

 

 

なお、実証実験は、横須賀市にある日産のテストコースであるグランドライブで実施され、日産のNV350キャラバンをベースとした実験車両から、ドコモの5G通信を経てメタバースへ接続。

 

グランドライブ内の離れた場所に実在するユーザーを3Dアバターとして走行中の車内に出現させ、車内のユーザーと会話しながら様々な情報提供を行う。

 

 

日産自動車とドコモは今後も、「I2V」の様々な利用シーンを想定した実証実験を共同で実施し、これまでにない新しいコネクテッドカー体験を提供する技術の研究開発を推進していくとしている。

 

*AR/VR/MR/XRなどの技術を用いることで、メタバースはデジタルの世界と現実世界(リアル・ワールド)をつなぐ仮想世界。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。