NEXT MOBILITY

MENU

2019年7月9日【アフター市場】

ダイハツ、高齢者の身体的負担を低減する新装備を発売

NEXT MOBILITY編集部

 

ダイハツ工業は、高齢化社会を見据えた取り組みとして、「介護予防」の観点から、高齢者の身体的負担を低減し移動の自由を広げる新装備を産学共同研究を通じて新開発し、7月9日(火)から全国一斉に発売する。

ダイハツ工業・ロゴ

ダイハツは、これまで同社が販売してきた福祉車両(車いす移動車・昇降シート車)が、比較的介護レベルの高い要介護向けとなっていて、フレイル(※1)高齢者や、要支援者、軽介護度に向けた商品ラインナップが十分でなかったとし、様々な身体状態の高齢者に最適な商品を提供するため、新商品の開発に着手。

 

開発にあたっては、「モノづくり」と、「コトづくり」の一環である「地域密着プロジェクトの健康安全運転講座」が連携し、協力関係にある理学療法士や大学教授との産学共同研究を2017年から実施し、「モノ/コトづくり」共通の課題である、「軽介護度の方をサポート」できる商品を目指してきた。

 

 

産学共同研究風景(上下)

産学共同研究風景(上下)

 

 

今回発売する新装備は、7月9日発売の新型タントにオプション(※2)で取り付けられる「ラクスマグリップ(助手席・運転席/助手席シートバック)」と「ミラクルオートステップ」、福祉車両「タント ウェルカムターンシート」に採用した「助手席ターンシート」。

 

鈴鹿医療科学大学(三重県鈴鹿市)が、運動機能の低下した高齢者に対しこれらを用いて乗降動作の運動学解析を行った結果、グリップやステップを装着した車両は、体幹を安定させ、重心の動きを抑制することなどにより、身体への負担を低減できることが実証(※3)されたと云う。

 

また、理学療法士による満足度調査の結果、グリップとステップ、またはターンシートを装着した車両が非装着車に比べ乗降満足度が向上(※3)。これら新装備の使用で、移動に対するハードルを低減、社会参画することが介護予防につながると云う。

 

 

ダイハツは今後も、“Light you up”の考え方のもと、「モノづくり」と「コトづくり」の両輪で、一人ひとりに最適なモビリティライフを提供し、様々なステージの高齢者がいくつになっても自由に移動ができ、社会に参画できる世の中の実現に貢献していきたいとしている。

 

 

※1:加齢とともに運動機能や認知機能が低下してきた状態。要介護にいたる前の状態。
※2:「ラクスマグリップ」はメーカーオプションまたはディーラーオプション、「ミラクルオートステップ」はディーラーオプション。
※3:2019年6月12~15日 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会で発表。

 

 

[新装備の概要]

 

<ラクスマグリップ(助手席・運転席/助手席シートバック)>

 

・市場調査をもとに、助手席や後席の乗降性や後席での移動に適した取り付け位置、細部にまでこだわった形状で、足腰に不安のある高齢者が安心して乗り降りできるグリップ。

 

・乗降時にしっかり握れて安定するよう、グリップ断面は小さい長円とし、指の間隔に合わせて凸部を配置することで、手にしっかりフィットし滑りにくい形状。

 

 

 

 

<ミラクルオートステップ>

 

・「タント」独自のピラーインドア「ミラクルオープンドア」の開口広さを活用できるロングステップで、助手席と後席の両方の乗降性を向上。

 

・ミラクルオープンドアの広い開口に、ラクスマグリップとの組み合わせで様々なシーンでの乗り降りが可能。

 

 

 

 

<助手席ターンシート(回転シート)>

 

・「ラクスマグリップ(助手席)」を正面でつかむことができる回転角度(30度)にすることで、足腰に不安のある人も、グリップをつかみながら安心して乗降が可能。

 

 

 

 

[乗降動作解析(要支援者/要介護者)]

 

グリップ、オートステップ装着車は体を安定させ、よりスムーズな乗降ができることを実証。

 

■(例)乗車時の重心移動抑制

 

・乗車時の重心の動きを抑制し、楽に乗り込むことが可能。

 

 

出典:畠中泰彦ほか:要支援/要介護高齢者における乗用車乗降 時の乗降グリップ、ステップの影響の運動学解析。 第 56 回日本リハビリテーション医学会学術集会(神戸) 2019 年 6 月発表ポスターより

出典:畠中泰彦ほか:要支援/要介護高齢者における乗用車乗降 時の乗降グリップ、ステップの影響の運動学解析。 第 56 回日本リハビリテーション医学会学術集会(神戸) 2019 年 6 月発表ポスターより

 

 

[乗降満足度調査(要支援者/要介護者)]

 

グリップ、オートステップ、回転シートは乗降満足度を高めることが判明。

 

 

出典:伊藤卓也ほか:要支援/要介護高齢者における市販車と開発車乗 降時の満足度調査。第 56 回日本リハビリテーション医学会学術 集会(神戸)2019 年 6 月発表ポスターより

出典:伊藤卓也ほか:要支援/要介護高齢者における市販車と開発車乗 降時の満足度調査。第 56 回日本リハビリテーション医学会学術 集会(神戸)2019 年 6 月発表ポスターより

 

 

[問い合わせ先]

 

ダイハツお客様コールセンター
電話:0800-500-0182

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。