NEXT MOBILITY

MENU

2019年9月11日【経済・社会】

愛知製鋼、次世代車向け「鋼材熱処理炉」が竣工

NEXT MOBILITY編集部

 

 

愛知製鋼は、HV・EVなどの次世代車を含め高い需要が見込まれる特殊鋼鋼材向けの新熱処理炉を知多工場内に設置し、9月11日に竣工式を行った。

愛知製鋼・ロゴ

この熱処理炉により熱処理される鋼材は、次世代車でもギヤなどに加工して使用される、顧客ごとに熱処理条件が複雑かつ多様化している鋼種で、生産能力の確保に加え、品質の安定・生産性向上・確実な納期対応が課題となっていたと云う。

 

新熱処理炉では、これらの課題を解決して顧客ニーズに応えると共に、工場内に離れて配置されていた設備を集約・統廃合。老朽化更新を含め、更なる安全・生産性向上を実現するライン構成とした。

 

具体的には、熱処理炉本体の安全性、CO2排出低減、搬送装置自動化による作業効率アップを図ると共に、生産能力を従来比で50%向上。将来に渡る鋼材の安定供給を実現する。

 

 

 

 

愛知製鋼は、将来を見据えた特殊鋼鋼材の生産性・品質向上によるモノづくりの抜本的な基盤強化を目的に、今後も鋼材生産プロセス改革を計画的に推進。品質・コスト競争力に優れた製品をタイムリーに提供し、顧客ニーズに貢献していくとしている。

 

 

竣工式の様子

竣工式の様子

 

 

[新熱処理炉の概要]

 

– 設備名称:連続焼なまし炉(66号炉)
– 設置場所:愛知製鋼知多工場内
– 投資概要:

・投資額:約20億円
・着工:2018年6月
・稼動開始:2019年9月
・生産品目:特殊鋼鋼材

– 仕様:

・熱処理種類:焼なまし、焼ならし
・炉形式:ローラハース式
・使用燃料:LNG
・対象寸法:φ10~250mm
・長さ:3~8m
・生産能力:3000トン/月

– 期待される効果:

・生産能力向上(約50%向上/顧客ニーズが高い品種の需要に対応)
・設備の集約・統廃合および自動化による品質・生産性向上
・熱処理材の工程リードタイム短縮(納期に迅速に対応)
・安定操業および安全性向上(作業者の安全性向上、負荷軽減)

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。