NEXT MOBILITY

MENU

2019年2月12日【社会インフラ】

愛知製鋼、多摩ニュータウンの自動運転実証に技術協力

NEXT MOBILITY編集部

 

 

愛知製鋼は、2月13日(水)から22日(金)までの土日を除く8日間、東京都の支援の下、神奈川中央交通およびSBドライブが、多摩ニュータウン(東京都多摩市)で実施する自動運転実証実験への技術協力を行う。

 

実証実験は、東京都が2018年度から開始した「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」に選定され、国と東京都が共同で設置した「東京自動走行ワンストップセンター」の支援を受けて実施される。

愛知製鋼・ロゴ

愛知製鋼は、2017年度から、全国で実施されている自動運転実証実験において、MIセンサを用いた「磁気マーカシステム」を提供。各地で社会実装を目指した検証を行うことで実績を重ねてきた。

 

磁気マーカシステムは、車両底部に取付けたMIセンサモジュールにより、走路に沿って敷設した磁気マーカの微弱な磁力から自車位置を高精度に計測し、車両が磁気マーカ上を通過するように制御する、愛知製鋼が独自に開発した自動運転支援システム。

 

 

 

今回の実験では、約1.4kmの区間に埋設型の磁気マーカを2m間隔で敷設し、先進モビリティが提供するMIセンサモジュールを搭載した自動運転バスが走行。

 

歩道橋や街路樹の影響でGPS電波の取得が困難な場所では、磁気マーカシステムによる正確な自車位置推定が安全な自動走行に貢献する。

 

丘陵地を切り開いて開発された多摩ニュータウンは、坂道が多く、住民が買い物や通院に利用できる公共交通機関の確保が重要なため、自動運転の実用化が大いに期待されている。

 

愛知製鋼は、今後も、本システムが必要とされる環境下で技術検証を重ね、次世代公共交通システムの確立に向け取り組んでいくとしている。

 

 

[多摩ニュータウンでの自動運転バス実証概要]

 

– 期間:2019年2月13日(水)~22日(金)(土日を除く)
– 運行時間:9時30分~16時30分(30分に1便程度)
– 場所:

多摩ニュータウン(東京都多摩市)内

豊ヶ丘四丁目→スーパーSantoku 貝取店(約1.4km)

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。