NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月7日【エレクトロニクス器機】

ヴァレオ、自動運転車の遠隔操作技術等CES2019で公開

NEXT MOBILITY編集部

 

世界的な自動車部品メーカーのヴァレオは、1月7日、エレクトロニクス関連の国際的見本市「CES 2019」(米国ネバダ州ラスベガス市・現地時間2019 年1 月8 日〜1 月11 日)にて自動運転やパワートレインの電動化、デジタルモビリティ等に関する同社の最新テクノロジーを公開することを明かした。

 

 

自動運転関連では、まず人の生死に関わる状況など何らかの助けが必要な際に自動運転車を遠隔操作するValeo Drive4U® Remoteを展示。これは、安全性という自動運転に関わる大きな課題を解決するためのもの。

同社では、交通事故の発生頻度を劇的に減らし、走行10億kmあたりの重大事故1件以下という、航空機産業を上回る高い安全水準を実現することを目指しこの技術を開発したという。

 

 

また、航行中の自動運転車の乗員の存在を“動かない場所で”仮想的に再現するValeo Voyage XRというイノベーションも展示する。

これは、車の中で起きていることを離れた場所で他の人が認識し、車を操作することができるというもの。

同社ではこのイノベーションを活用し、VR(仮想現実)ヘッドセットを装着した“動かない”乗員が走行中の車室内へと“瞬間移動”できる新たなコミュニケーションの形を開発したという。

 

 

加えて、CES 2019の期間中には、ヴァレオ初の完全自動運転車Valeo Drive4U®をラスベガスの公道で走行及び試乗も予定。

同社がが既に量産している各種センサー(超音波、カメラ、レーダー、レーザースキャナー)とAI(人口知能)によってあらゆる操縦が可能なこの車両は、入ってくる情報を処理し、市街地での走行中に時々刻々と遭遇するさまざまな状況を学習する本格的なデジタルブレインが備わっているという。

 

 

安全性向上に向けた技術としては、他にもValeo XtraVue Trailerを展示。

これは、トレーラーやトレーラーハウスをけん引する車において、室内のルームミラーにそれらが映り込まないようにし、ドライバーの運転操作をより容易で安全にするシステム。

 

 

また米LEDメーカーのCREEとの連携で開発したValeo PictureBeam Monolithicは、高精細なライティングシステム。路上を行き交う他の道路ユーザーを幻惑させることなくハイビーム環境を作れるだけでなく、路面に情報や画像を投影できる高精細な光を放つソリューションだ。

 

 

車の利便性向上や移動手段の変革等に寄与するデジタルツールとしては、大気汚染のピークを避けるようにカスタマイズされた走行ルートを提示するValeo Clean Roadアプリや、

 

 

車室内の空気清浄システムを起動させるValeo Oxy’Zenも展示。

 

 

他にも、電動化に向けたパワートレイン技術として、フルおよびハイブリッド48Vパワートレイン電動化システムも出展。ロボタクシーから2輪・3輪の車両、さらにはドロイドに至るまで、あらゆる車両に適用できることも紹介する。

 

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。