NEXT MOBILITY

MENU

2018年10月18日【自動車部品】

NTN、工作機械主軸用・センサ内蔵軸受ユニットを開発

NEXT MOBILITY編集部

 

NTNは、軸受軌道面周辺のセンシングにより、工作機械主軸の状態監視と、焼付きの未然防止を可能にする工作機械主軸用「センサ内蔵軸受ユニット」を開発した。

 

焼付きを未然に防止することで、これまで工作機械の主軸が焼き付いた際に発生していた部品調達や主軸交換の工数および費用、工作機械の再稼働までの時間を削減し、生産性の向上やコストの低減を実現。

 

また、定期的なメンテナンスをより的確に行うことができるため、信頼性の向上にも貢献すると云う。

NTN・ロゴ

NTNが今回開発した工作機械主軸用「センサ内蔵軸受ユニット」は、軸受に隣接する外輪間座にセンサを内蔵し、軸受軌道面の近くで軸受の温度、振動、熱流束(*1)を計測する。

 

主軸外径面での計測に比べ、軸受の状態を高感度に計測することができる他、熱流束を計測することで、温度や振動よりも軸受の状態変化を早く正確に読み取り、軸受が焼き付く前に異常を検知することが可能だと云う。

 

工作機械主軸用「センサ内蔵軸受ユニット」の構造(断面図)

工作機械主軸用「センサ内蔵軸受ユニット」の構造(断面図)

 

 

同社の評価試験では、焼付き発生までの熱流束の上昇率が主軸外径面の温度の上昇率に比べ、約40倍も高いことを確認。

 

これにより、工作機械主軸の高度な状態監視が可能となり、軸受の焼付きによる損害を未然に防ぐことができるとしている。

 

熱流センサ(*2)を内蔵した工作機械主軸用軸受ユニットは、業界初となるとのこと。

 

「センサ内蔵軸受ユニット」は、11月1日から6日に東京ビッグサイトで開催される「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」に参考出展される。

 

※1:単位時間あたりに単位面積を通過する熱量
※2:熱流センサは、直列に配置された複数の熱電対を内蔵し、1つの熱電対で構成される温度センサに比べ、高感度な計測が可能。

 

 

工作機械と主軸(マシニングセンタ)

工作機械と主軸(マシニングセンタ)

 

 

[特長]

 

1.軸受に隣接する外輪間座にセンサを内蔵し、高度な状態監視を実現。

2.熱流センサにより熱流束の変化を素早く捉え、焼付きによる損害を未然に防止(焼付き発生までの熱流束の上昇率は、一般的な主軸外径面で計測した温度の上昇率の約40倍)。

 

[用途]

 

工作機械主軸(マシニングセンタ、旋盤、複合加工機)など

 

 

[問い合わせ先]

 

産業機械事業本部 事業企画部 TEL 0594-24-1959

・問い合わせフォーム:https://www.ntn.co.jp/cgi-bin/inquiry/common/index.cgi

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。