NEXT MOBILITY

MENU

2020年12月24日【新型車】

ホンダ、「N-BOX」をマイナーモデルチェンジ

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

Hondaは12月24日、「N-BOX(エヌボックス)」の内外装デザインを刷新するとともに、新たなコーディネートスタイルを追加し12月25日(金)に発売することを発表した。

ホンダ・ロゴN-BOXは2020年11月、子育て期のママたちが他のママにも推薦したい商品として、マザーズセレクション大賞2020※1を受賞するなど、高い評価を得ている。

 

またN-BOXシリーズ※2としては累計販売台数180万台を達成※3し、登録車を含む新車販売台数においては3年連続※4、軽四輪車新車販売台数においては5年連続で1位※3を獲得している。

 

※1一般社団法人日本マザーズ協会 主催運営
一般社団法人日本マザーズ協会ホームページ https://www.best-mother.jp/
※2N-BOX、N-BOX +(2017年8月販売終了)、N-BOX SLASH(2020年2月販売終了)
※3一般社団法人 全国軽自動車協会連合会(全軽自協)調べ
※4一般社団法人 日本自動車販売協会連合会および全軽自協調べ

 

■N-BOX(エヌボックス)
https://www.honda.co.jp/Nbox/

 

 

今回のマイナーモデルチェンジでは、多くのユーザーから支持されている軽乗用車最大級(Honda調べ)の室内空間はそのままに、所有する喜びをより一層得られるようなデザインへと進化させ、乗る人すべての個性と生活の幅を広げることを目指している。

 

N-BOXは、よりユーザーのライフスタイルに馴染むよう、シンプルかつ機能性を磨いたデザインに、N-BOX Customは、より一層所有する喜びを得られるよう高級感・存在感を追求したデザインとしたという。

 

今回追加したコーディネートスタイルは、従来の2トーンカラーに加え、ホイールやインテリアも専用に仕上げることで更なる高級感を演出。また、全タイプに標準装備された安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※5や走行性能を進化させることで、日常の安心・快適さを更に向上させている。

 

※5Honda SENSINGの各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界がある。
 詳細 https://www.honda.co.jp/hondasensing/

 

 

■主な変更点
N-BOXのデザイン変更
ユーザーのライフスタイルに馴染むことを目指し、よりシンプルで機能性を強調したデザインになっている。エクステリアはヘッドライトとグリルの形状変更により、より落ち着いた表情で親しみやすいスタイルにするとともに、品のあるメッキバーをロアグリルに追加しワイドな基調となった。インテリアは安心感を与えるようなダークブラウンへ刷新され、ホワイト加飾やシート表皮を引き立てている。

 

新たに追加したコーディネートスタイルでは、2トーンの外装色をブラウンルーフへ統一し、メッキドアハンドルに加え新たにディッシュホイールを追加。インテリアは、ダークブラウンの内装に加えて、塗装加飾とシート表皮をブラウン色調とすることで仕立ての良さを引き立てている。

 

N-BOX Customのデザイン変更
N-BOXとの違いを明確にするとともに、ユーザーこだわりにも応えられるよう高級感・存在感を高めることを目指している。エクステリアは精緻なイメージはそのままに、アッパーグリルのメッキを強く立体化するなどフロント回りのデザインを強化するのに合わせ、フロントのライセンスを中央に配置し、メッキバーをリアバンパーに追加。また、定評のあるブラック内装やシート表皮は継承しつつ、マルチブラック塗装の加飾を刷新し深みのある奥行き感を与えている。シートアクセントは内装全体の色調を揃え、上質で硬派な印象へと進化させた。

 

新たに追加したコーディネートスタイルでは、ダークメッキの加飾に加え色調を揃えたカラークリア仕上げのアルミホイールで重厚感のあるスタイルとした。更にエクステリアカラーは、Hondaの軽自動車としては初となるプレミアムクリスタルレッド・メタリックを導入し全3色を設定。インテリアはブラック内装にマルチボルドーの塗装加飾と、こちらもHondaの軽自動車としては初となる、フル合皮シートを採用し、高級感あるスタイルになっている。

 

パーキングセンサーシステムを追加
Honda SENSINGの後方誤発進抑制機能にも用いるソナーセンサーを4個へ増やすことで、後方の障害物の接近を検知しドライバーに注意を促すパーキングセンサーシステムを追加。駐車時などで更なる安心感を与える。

 

 

■全国メーカー希望小売価格
・N-BOX:1,428,900〜2,022,900円(消費税10%込み)
・N-BOX スロープ仕様:1,629,000〜2,069,000円(消費税非課税)
・N-BOX Custom:1,769,900〜2,233,000円(消費税10%込み)
・N-BOX Custom スロープ仕様:1,989,000〜2,230,000円(消費税非課税)

 

※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まていない
※自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル等に必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。