NEXT MOBILITY

MENU

2019年5月10日【新型車】

ホンダ、シャトルをマイナーチェンジして発売

NEXT MOBILITY編集部

honda・ホンダ・ロゴ

ホンダは、コンパクトステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」の内外装デザインを刷新するとともに、機能を充実させたNEW SHUTTLEを、5月10日に発売した。メーカー希望小売価格は、177万5,520円から(税込)。

 

 

 

 

シャトルは、5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディーや優れた燃費性能(※1)や、独創のセンタータンクレイアウトにより実現した多彩なシートアレンジ、広い室内空間が特長。後席を前に折りたたむと、最長184cm(※2)のフラットな荷室空間が生まれる。

 

今回のマイナーモデルチェンジでは、より上質感を追求し内外装デザインを刷新。また、防音材の見直しによる静粛性の向上(※3)、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(アイコニックス センシング)」にオートハイビームの追加(※4)など、機能充実を図った。

 

 

 

 

[主な変更点]

 

<エクステリア>

 

低重心でワイドなスタイリングを目指し、前後バンパーとフォグライト(※5)の形状を変更。さらに、テールゲートとリアコンビネーションランプのデザインを一新し、リアビューのシャープさを際立たせた。

 

また、アウタードアハンドル(※6)、フロント・リアバンパーまわり(※5)やサイドシルモール(※6)などの随所にクロームメッキパーツを配した。

 

<インテリア>

 

インテリアの加飾には、光沢感のあるピアノブラックを採用(※6)。シートデザインを刷新するとともに、新たに本革シートを設定(※7)した。また、リアセンターアームレストにカップホルダーを追加(※3)した。

 

 

 

 

 

<先進安全機能にオートハイビームを追加>

 

Honda SENSINGの従来の8機能に加え、オートハイビーム(※4)を追加。前走車や対向車を検知してハイ/ロービームを自動で切り替え、視界確保と、切り替え操作の頻度を低減する(サポカーSワイド該当)。

 

 

 

 

[メーカー希望小売価格]

 

■SHUTTLE

 

<タイプ、エンジン、トランスミッション、駆動方式、メーカー希望小売価格(消費税8%込み)>

– HYBRID・Honda SENSING、1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC + i-DCD、高出力モーター内蔵7速DCT、FF、2,118,960円

 

– HYBRID・Honda SENSING、1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC + i-DCD、高出力モーター内蔵7速DCT、4WD、2,313,360円

 

– HYBRID X・Honda SENSING、1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC + i-DCD、高出力モーター内蔵7速DCT、FF、2,374,920円

 

– HYBRID X・Honda SENSING、1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC + i-DCD、高出力モーター内蔵7速DCT、4WD、2,569,320円

 

– HYBRID Z・Honda SENSING、1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC + i-DCD、高出力モーター内蔵7速DCT、FF、2,559,600円

 

– HYBRID Z・Honda SENSING、1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC + i-DCD、高出力モーター内蔵7速DCT、4WD、2,721,600円

 

– G・Honda SENSING、1.5L直噴DOHC i-VTEC、CVT、FF、1,775,520円

 

– G・Honda SENSING、1.5L直噴DOHC i-VTEC、CVT、4WD、1,969,920円

 

 

 

 

■SHUTTLE 助手席回転シート車

 

<タイプ、エンジン、トランスミッション、駆動、メーカー希望小売価格(消費税8%込み)>
– HYBRID・Honda SENSING、1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC + i-DCD、高出力モーター内蔵7速DCT、FF、2,216,160円

 

– HYBRID・Honda SENSING、1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC + i-DCD、高出力モーター内蔵7速DCT、4WD、2,410,560円

 

– G・Honda SENSING、1.5L直噴DOHC i-VTEC、CVT、FF、1,872,720円

 

– G・Honda SENSING、1.5L直噴DOHC i-VTEC、CVT、4WD、2,067,120円

 

 

 

 

 

※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれない。
※メーカー希望小売価格(消費税8%込み)は参考価格。販売価格は販売会社が独自に定めている。詳しくは販売会社に問い合わせのこと。
※自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル等に必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額。

 

※1:JC08モード33.2km/L、WLTCモード25.2km/L。HYBRID・Honda SENSING(FF)の国土交通省審査値(WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード)。
※2:2名乗車時。フロントシート背面からテールゲートまでの長さ。
※3:HYBRID X・Honda SENSING/HYBRID Z・Honda SENSINGに設定。
※4:LEDヘッドライト装着車に設定。
※5。HYBRID X・Honda SENSING/HYBRID Z・Honda SENSING/LEDヘッドライト装着車に設定。
※6:HYBRID Z・Honda SENSINGに設定。
※7:HYBRID Z・Honda SENSINGにFOP設定。

 

 

[ボディーカラー]

 

・プラチナホワイト・パール★1
・プレミアムベルベットパープル・パール★1
・ミッドナイトブルービーム・メタリック★1
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック★2
・ルナシルバー・メタリック
・シャイニンググレー・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・ブリティッシュグリーン・パール(新色)

 

★1:32,400円(消費税8%抜き30,000円)高。
★2:54,000円(消費税8%抜き50,000円)高。

 

 

■(ホンダ)SHUTTLE:https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/?from=newslink_products

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。