NEXT MOBILITY

MENU

2019年9月27日【経済・社会】

いすゞ 、東京モーターショー2019の出品概要

NEXT MOBILITY編集部

 

 

いすゞ自動車は、10月24日から11月4日まで、東京ビッグサイト及びお台場周辺エリアで開催(一般公開は10月25日から)される「第46回東京モーターショー2019」の出展概要を発表した。

 

今回のモーターショーでは、“Create with you. これからも「運ぶ」を支えるために”をコンセプトに、最新フラッグシップモデル「ギガ」をはじめ、「FL-IR」、「エルフEVウォークスルーバン」「エルガデュオ」など実車5台(内、参考出品4台)と、パワートレインなどを出品。

 

その他、パネル展示など、顧客や社会とともに創りあげる新しい時代の「運ぶ」を提案する。

いすゞ自動車・ロゴ

[出品概要]

 

■ギガ(ワールドプレミア・参考出品)

 

最新フラッグシップモデルの大型トラック「ギガ」は、最新の先進安全装置に加え、ドライバーへの疲労軽減装備を新たに拡充。

 

歩行者や自転車も検知するプリクラッシュブレーキ、右左折時の巻き込み事故抑制や車線変更を支援するブラインドスポットモニターや可変配光型LEDヘッドランプ等により安全運転に貢献。また、全車速で先行車に追従する全車速ミリ波車間クルーズや新ハイルーフキャブ等によりドライバーの疲労軽減に寄与する。

 

さらにMIMAMORIにおいて、車両コンディション項目を拡充。新たに安全装置の作動状況をモニタリングできる機能を追加した。

 

 

■ショーモデル FL-IR(ワールドプレミア・参考出品)

 

「安心・安全で生き生きとした長距離ドライバーの新しい働き方」をコンセプトに、未来の物流ネットワークを創造するショーモデルとして表現。

 

エクステリアには、魚類等に見られる超音波の会話や行動習性とコネクテッドや隊列走行との類似性に着目して「サメ」をモチーフに効率的なロボットのイメージを付与したバイオデザインを採用。有機的な形状の前絞りキャブと、その周りを覆う硬質なエアロデバイスとの対比がスタイルの特徴となっている。

 

またインテリアには、手動・自動の運転モード変更でダッシュボードが入れ替わるレイヤーデザインを採用。センターに配置したシートにより、快適な操作性と居住性を実現している。

 

 

 

 

■エルガデュオ(参考出品)

 

いすゞと日野が共同開発した国産初のハイブリッド連節バス「エルガデュオ」は、効率的な大量輸送を実現するとともに、ハイブリッドシステムを採用し、環境負荷にも配慮。

 

また、路線バス世界初の「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」を搭載し、ドライバーの異常時に乗客や乗務員が非常ブレーキスイッチを押すことで減速し停止。

 

更に、自動でバス停へ誘導する「プラットホーム正着制御」、先行車との車車間通信により自動で加減速を行う「協調型車間距離維持支援システム(CACC)」、車外の移動物を検知する「視覚支援システム」等、次世代都市交通システム(ART)を想定した新技術を両社で開発・搭載している。

 

 

画像はイメージ。実際の展示車両とは仕様が異なる。

画像はイメージ。実際の展示車両とは仕様が異なる。

 

 

■エルフEVウォークスルーバン(ワールドプレミア・参考出品)

 

次世代小型配送車「エルフEVウォークスルーバン」では、ゼロエミッションや低騒音などに加え、EVだからこそ実現できたウォークスルー構造を組みあわせ、ドライバーの労働環境や集配作業の効率化にも配慮。運転席に回転シートを搭載することで、ドライバーの車内移動を助ける。

 

また安全面でも、従来のミラーより広い範囲を映すことができる電子ミラーシステム(CMS※1)や、車両の全周囲を確認できる3Dサラウンドマルチビュー(※2)を搭載している。

 

※1:カメラモニタリングシステム。
※2:全方位モニター。

 

 

■エルフ

 

小型トラック「エルフ」を、はしる・とまる・つながるをコンセプトに大幅に改良。新エンジン4JZ1および尿素SCRの採用により、平成28年排出ガス規制への適合及び、ディーゼルクラストップレベルの燃費性能(※3/はしる)を両立した。

 

また前方の検知性能に優れたステレオカメラを採用し、プリクラッシュブレーキ(とまる)をはじめとした先進安全装置を標準装備(※4)。コネクテッド化による車両コンディションの遠隔把握(つながる)及び、同データを活用した高度純正整備「PREISM」を実装している。

 

※3:重量車モード燃費値での比較。4WDの一部車型を除く。2019年8月現在、いすゞ調べ。
※4:一部車型を除く。

 

 

 

■4JZ1-TCH/TCSディーゼルエンジン

 

エルフの主力ディーゼルエンジンの4JJ1型をベースに、最新の排出ガス規制への対応と燃費の両立を実現した最先端ディーゼル4JZ1型エンジンを開発。エンジン本体の大幅改良と後処理装置(DPD)をエンジンに近接搭載する革新的パッケージレイアウトを採用し、平成28年排出ガス規制適合および燃費性能向上に加え、高出力エンジンの設定等、市場ニーズに対応した。

 

 

 

 

■稼働サポート「PREISM(プレイズム)」

 

PREISM(※5)は、故障を未然に防ぎ顧客の「運ぶ」を支えるためのサポートプログラムで、車両搭載の情報通信端末から、運行中の車両データを常時モニタリングし、車両コンディションを遠隔で把握。車両情報を活用した高度純正整備により、大事に至る前に予防整備を実施し故障を抑制する。

 

また故障時には、車両データの事前把握により入庫前に整備内容を予測し、整備の短縮化に寄与する。

 

※5:PREISM:PRE=不調の発生する前/ISM=いすゞの姿勢・考え方

 

■天然ガス自動車への取り組み

 

いすゞが、輸送用エネルギーの多様化や環境対応の観点から、重要な石油代替燃料の一つとして位置付けている天然ガス自動車開発に関して、極低温で液化した状態の天然ガスを燃料とする「液化天然ガス(LNG)トラック」等、その未来に向けての取り組みや技術方針を紹介。また、「都市ガス」として一般家庭や商業施設などで広く使われている天然ガスが、暮らしとどのように関わっているかもあわせて紹介する。

 

■いすゞ ソーシャルペンタゴン

 

いすゞが「運ぶ」を支える事業を通じて解決を目指している、5つの重要課題について紹介する。

 

■ファミリースペース

 

いろいろなトラックの使われ方を動画で見ることができるタッチパネルや、トラックドライバーになりきれるフォトブースなど、はたらく車がより身近に感じられるファミリー向けコンテンツ。

 

 

■いすゞ東京モーターショーサイト2019:https://www.isuzu.co.jp/museum/tms/2019/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。