NEXT MOBILITY

MENU

2018年11月1日【物流】

関電ら3社、全国初の電柱吊宅配ロッカーサービスを試行

NEXT MOBILITY編集部

 

関西電力とフルタイムシステム、日本ネットワークサポートの3社は、「電柱吊宅配ロッカーサービス」を、11月1日から2019年3月15日まで試行する。

 

電柱吊宅配ロッカーサービスでは、電柱を宅配ロッカーの設置箇所として活用。全国で初めての取組みとなる。

関西電力・ロゴ

電柱吊宅配ロッカーサービスは、関西電力がオープンイノベーションの取組みとして2016年11月から12月にかけて開催した、電柱を活用したビジネスアイデアコンテスト「Dentune(デンチューン)!! –電柱の新たな未来–」のアイデアを参考に事業化を目指すもの。

 

サービスの試行は、関西電力が主宰し、フルタイムシステム、日本ネットワークサポートと連携し、京都府精華町、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の協力の下、行われる。

 

 

試行では、京都府精華町内の3箇所のマンションの敷地内および敷地隣接歩道上に設置された電柱に、フルタイムシステムが電柱吊専用に開発した宅配ロッカーを、日本ネットワークサポート製の専用支持具を用いて設置。

 

当該マンション住民の内、同サービスの登録者に利用してもらい、今後、登録者の利用回数を確認するなど、事業性の評価を行い、サービスの事業化を検討する。

 

 

 

 

3社は、同サービスについて、マンション向け宅配ロッカーでは、設置場所や電源確保などの課題があるが、電柱を設置場所とすることでそれらの課題が解決でき、近年、急速に増加している宅配物の再配達の低減に貢献できるとしている。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。