NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月24日【人事】

日産、ルノートップ人事を歓迎するも自主性遵守に釘を刺す

NEXT MOBILITY編集部

日産自動車・ロゴ

 

フランスのルノーは、仏時間の1月24日午前10時から取締役会を開き、カルロス・ゴーン氏の会長兼最高経営責任者(CEO)の辞任を承認し、フランスのタイヤ製造会社ミシュランのジャン=ドミニクスナール氏を会長職に、またティエリー・ボロレ氏をCEOに任命することを議決した。

 

これを受け日産の西川廣人社長は、日本時間の同日夜半に同決定を全面的に支持すると述べた。またこの経営体制の変更を踏まえ、日産は来たる4月に、限定目的の臨時株主総会を開いてカルロスゴーン氏とグレッグケリー氏の取締役解任に加え、ルノー側が指名する日産の新任取締役1名(スナール氏になる模様)の選任を検討する姿勢を見せている。

ルノー・日産自動車・三菱自動車・ロゴ

 

日産CEOの西川廣人 氏は、「今回のルノーの経営体制の変更を歓迎します。この20年間、我々はお互いのアイデンティティと自主性を尊重し、双方が力を合わせてシナジーを創出し、利益ある成長を果たしてきました。この活動は今後も何ら変わることはなく、むしろこれまで以上に加速させていく必要があると確信しています。我々は、ルノーとのパートナーシップの新たなページを開くことができることをとても嬉しく思います。」と話している。

 

但し西川社長は、スナール氏を日産の会長職に据えたいとするルノー側の意向に関する記者からの質問については詳しく言及せず、あくまでも日頃から日本政府のサポートを受けている日本企業としてやるべき事を邁進したいと語り「両社は、互いのアイデンティティと自主性を尊重し、双方が力を合わせてシナジーを創出して利益と成長を享受してきました。この活動は今後も何ら変わることはなく、むしろこれまで以上に加速させていく必要があると確信しています」と話していた。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。