NEXT MOBILITY

MENU

2019年4月9日【経済・社会】

小田急ファミリー鉄道展、5/25・26に海老名電車基地で開催

NEXT MOBILITY編集部

 

 

小田急電鉄は、5月25日(土)と26日(日)の2日間、海老名駅に隣接する海老名電車基地と商業施設ビナウォークで、「小田急ファミリー鉄道展 2019」を開催する。入場は、無料(有料のイベントも有)。

小田急・ロゴ

小田急ファミリー鉄道展は、毎年約3万人が訪れる年に1度のイベントで、今年で19回目の開催。今年の見どころは、ロマンスカー・SE(3000形)とGSE(70000形)の夢の共演。

 

海老名電車基地・第1会場では、1957年に就役したロマンスカー・SE(3000形)と昨年3月に就役したロマンスカー・GSE(70000形)を展示。また、マルチプルタイタンパーなどの保線作業車も展示や、保線作業の実演も行われる。

 

他にも、子供を対象とした運転士・車掌体験「なりきり乗務員 出発進行!」(事前応募制)や、鉄道グッズの販売など内容を用意した。

 

 

ロマンスカー・SE(3000形)

ロマンスカー・SE(3000形)

ロマンスカー・GSE(70000形)

ロマンスカー・GSE(70000形)

 

 

また商業施設「ビナウォーク」・第2会場(隣接する「海老名中央公園」を含む)では、特設会場で鉄道トークライブをはじめ、子供用の駅長、特急乗務員制服、制帽を着用しての記念撮影会や、鉄道模型HO・Nゲージの走行会、GSEふわふわ、GSEミニトレインなどのイベントを多数用意。

 

また、小田急グループのバス会社(5社)によるグッズの販売や、マルイファミリーによる全国の駅弁販売、公式グッズショップ「TRAINS」による鉄道グッズ販売などを実施する。

 

 

GSEふわふわ

GSEふわふわ

GSEミニトレイン

GSEミニトレイン

 

 

[イベント概要]

 

– イベント名:小田急ファミリー鉄道展 2019

– 開催日:2019年5月25日(土)・26日(日) ※荒天中止

– 開催場所:

(1)第1会場 海老名電車基地内特設会場(海老名市めぐみ町1-31)
(2)第2会場 ビナウォーク(海老名市中央1-4-1) ※ 隣接する「海老名中央公園」を含む

– 開催時間:

(1)第1会場 各日ともに10:00~15:30(最終入場は15:00)

※ 5月26日の車両展示は14:30まで(車両展示への最終入場は14:00)
(2)第2会場 各日ともに10:00~16:00

– 入場料:無料

 

 

[イベントの主な内容]

 

■第1会場:海老名電車基地内

 

(1)車両展示

 

① 特急ロマンスカー:ロマンスカー・SE(3000形)5両編成、GSE(70000形)7両編成 ※車内見学は不可。

② 保守作業車:延線巻取車、軌陸車、マルチプルタイタンパーなど。マルチプルタイタンパーの実演を予定。

 

(2)体験イベント

 

① 「なりきり乗務員 出発進行!」:現役乗務員と一緒に、簡易運転台での運転士体験。事前応募制(対象は小学生1年生から6年生まで)。各日200名(合計400名)限定。

 

【応募方法】

 

「なりきり乗務員 出発進行!」は小田急電鉄ホームページの「小田急の子育て応援ナビ」特設ページ内にある「小田急ファミリー鉄道展 2019」(4月15日(月)10時公開)参加応募フォームから応募(応募締切4月24日(水))。

 

【応募先】

 

小田急の子育て応援ナビ:https://www.odakyu.jp/oyako

 

※ 応募者多数の場合は抽選とし、当落者の発表はメールで行う。
※ 個人情報は、同イベントに関すること以外には使用しない。

 

② 実際に使用していた車両の機器操作体験(事前申込み不要)。

③ ホームや踏切に設置している「非常停止ボタン」などの模擬体験(事前申込み不要)。

 

(3)鉄道グッズ・飲み物などの販売

 

① 小田急電鉄の公式グッズショップ「TRAINS」、小田急グループをはじめ、鉄道各社などによる鉄道グッズの販売。

② 小田急グループ会社による飲み物などの販売。

 

 

■第2会場:ビナウォーク ※ 隣接する「海老名中央公園」を含む

 

(1)記念撮影会

 

子供用の制服(駅長・特急乗務員デザイン)を着用し、海老名駅長・特急ロマンスカー乗務員と一緒に、記念撮影(1組1回500円/税込)。撮影した写真は当日中に渡される。

 

① 5月25日(土) 海老名駅長との記念撮影。

② 5月26日(日) 特急ロマンスカー乗務員との記念撮影。

 

<開催時間(両日共通)>

 

10:00~12:00(40組)
13:00~14:00(30組)
15:00~16:00(30組)

 

※ 各回30分前から整理券を配布。

 

(2)小田急グループバス会社によるグッズの販売

 

箱根登山バス、神奈川中央交通、小田急バス、小田急箱根高速バス、東海自動車5社によるバスグッズを販売する。

 

(3)ステージイベント(無料)

 

① 5月25日(土)ビナウォークミュージックディライトSP.

 

13:30~「鉄道トークライブ」/出演者:木村裕子・久野知美・南田裕介

15:30~「鉄道コンサート」/出演者:スギテツ・(ゲスト)木村裕子・久野知美

 

② 5月26日(日)13:00/15:00「鉄道バラエティショー」/出演者:立川真司・鈴木まりえ 他

 

※ 出演者は変更になる場合がある。

 

(4)鉄道関連グッズの販売等

 

① 小田急電鉄公式グッズショップ「TRAINS」によるオリジナル鉄道グッズの販売(3番館1F)。
② 鉄道関連映像ソフトや書籍の販売(3番館1F)。
③ 「マルイファミリー海老名」による全国の駅弁販売。
④ ホビースクランブルオカダヤ「電車ワッペンで飾るマイバック」特別講習会。
⑤ 小田急ポイントカード入会カウンター。

 

(5)鉄道模型走行会

 

「HOゲージ」(5番館1Fウエスタンスクエア)、「Nゲージ」(海老名中央公園)の走行会。

 

(6)アミューズメントコーナー(海老名中央公園、有料)

 

「GSEふわふわ」、「GSEミニトレイン」、「鉄道関連ゲームコーナー」。

 

 

※その他イベントに関する詳細は、「小田急の子育て応援ナビ」内の特設ホームページ(4月15日(月)公開)を参照。

 

■小田急の子育て応援ナビ:https://www.odakyu.jp/oyako

 

 

 

[問い合わせ先]

 

小田急お客さまセンター ガイダンス4番(お問い合わせ・ご案内)
電話: 03-3481-0066(9:00~19:00)

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。