NEXT MOBILITY

MENU

2020年9月21日【モータースポーツ】

TGRがル・マン3連覇。2019-20年のチームチャンピオン確定

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOYOTA-GAZOO-Racing・ロゴ

第88回ル・マン24時間レースが、9月20日(日)現地時間の午後2時半にゴールを迎え、TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)のTS050 HYBRID 8号車が3連覇を成し遂げた。

 

ポールポジションから前半首位を走行したTS050 HYBRID 7号車は、トラブルで後退するも、その後追い上げて3位表彰台を獲得。この結果、最終戦を待たずしてTGRのチームチャンピオンが確定した。

 

 

[WEC 第7戦 ル・マン24時間 決勝結果(LMP1クラス)]

 

 

■TS050 HYBRID #7号車

決勝結果 : 3位 (トップと6周差), 381周、ピットストップ35回、グリッド:1番手、ベストラップ:3:19.357

 

■TS050 HYBRID #8号車

決勝結果 : 1位, 387周、ピットストップ36回、グリッド:3番手、ベストラップ:3:19.762

 

 

 

 

 

セバスチャン・ブエミ選手、中嶌一貴選手、ブレンドン・ハートレー選手のTS050 HYBRID 8号車は、2位に5周差をつけての勝利を挙げ、FIA世界耐久選手権(WEC)のドライバーズ選手権で首位に立った。ブエミ選手と中嶋選手は、3年連続の勝利となり、97年にわたるル・マンの歴史の中で、これまでに7人しか成し遂げていなかった3連勝ドライバーに加わった。また、ハートレー選手は、2017年以来2度目のル・マン制覇を果たした。

 

一方、ポールポジションからスタートしたマイク・コンウェイ選手、小林可夢偉選手、ホセ・マリア・ロペス選手のTS050 HYBRID 7号車は、中盤まで首位を走行していたが、排気系のトラブルに見舞われて後退。しかし後半、追い上げて3位表彰台を勝ち取った。

 

TGRは、全8戦で競われるWEC2019-2020年シーズンのこの第7戦での勝利により、チームタイトル争いで2位のレベリオンに逆転不可能な57点差をつけ、最終戦を待たずして今シーズンのチームチャンピオンが確定した。TGRのタイトル獲得は、2014年、2018-2019年シーズンに続いて3度目となる。

 

 

 

 

ル・マンでの新基準となったTS050 HYBRID

 

1000馬力・4輪駆動レーシングカーのTS050 HYBRIDは、2012年の第1世代LMP1ハイブリッド車両に対して燃料使用量が35%削減されたにも関わらず、1周あたりのラップタイムを約10秒向上。4年連続のポールポジション獲得と3年連続勝利の中で、予選及び決勝レース中のコースレコードも塗り替えてきた。しかし今回が、ル・マン最後の雄姿となった。

 

トヨタは、ハイブリッドレースカー開発を通じて得られたノウハウをつぎ込んだ、ル・マン直系のGR Super Sport(仮称)を、決勝レーススタート前に、初めて公の前で披露。開発中のモデルをベースにオープン仕様にカスタマイズされた車両は、デモンストレーション走行を行った後、スタート直前に優勝トロフィーを返還するセレモニーを行った。

 

 

 

 

前半首位の7号車、序盤からトラブルに見舞われる8号車

 

TS050 HYBRID 7号車は、スタートから6時間経過時点での10周ほどを除いて、レース前半戦の大半で首位を走行。レースが折り返しを迎える頃には、2位との差を1周以上に広げた。

 

一方、8号車は序盤にタイヤのパンクやブレーキダクトのダメージといったトラブルに見舞われ、2度の予定外のピットストップと10分間の修復などでタイムを失いながらも、中盤には2番手につけていた。

 

 

 

 

7号車にトラブル発生

 

12時間を経過した直後の午前3時前、小林選手が運転する7号車は出力低下に見舞われ、ガレージでの修復を余儀なくされた。排気マニホールドの破損に見舞われた7号車は、修復作業に30分を要し、小林選手は首位から6周遅れ、3位のレベリオン3号車から4周遅れの4位でコースへと復帰。レース復帰後追い上げを図ろうとしたが、何かにヒットして車両フロアにダメージが及んだことで、7号車には空力的な性能低下が生じていた。

 

 

 

 

TGRチーム、揃って表彰台へ

 

後半戦、2位以下に充分な差を拡げた8号車は、ペースをコントロールしながら周回を重ね、最終的にその差を5周まで拡げた。そして3年連続でアンカードライバーを務めた中嶋選手が、2020年ル・マン24時間レースのフィニッシュラインをトップで通過。ル・マン、サルト・サーキットにおいて最も成功した日本人ドライバーとしての地位を確固たるものとした。

 

7号車は表彰台を目指し追い上げを続け、ライバルのレベリオン3号車が残り1時間というところでクラッシュし、ピットでの修復を余儀なくされたことで3位へと浮上。優勝した8号車から6周遅れながら、2位のレベリオン1号車とは1周差での3位表彰台獲得となった。

 

 

 

 

8号車のドライバーがこの勝利によるポイントを加えたことで、ドライバーズタイトル争いは、11月14日にバーレーンで開催される、2019-2020年シーズン最終戦に持ち越されることとなった。8時間レースのバーレーンでは、最大39ポイントを獲得できるが、現在首位の8号車と2位の7号車の差は、僅か7ポイント。タイトルを掛けて、最終戦に臨むこととなる。

 

 

 

 

[チーム代表および選手コメント]

 

■村田久武 TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表

 

ル・マン24時間レースへの挑戦というのは、真の耐久性が求められる実に困難なものであると、今回改めて実感しました。我々は、TS050 HYBRIDでル・マンを3連覇するという夢に向かって確固たる決意をもってレースにのぞみ、序盤で8号車に降りかかった逆境も、チームワークで乗り越えました。チーム全員が、素晴らしい仕事をしてくれました。しかしながら、我々は1-2フィニッシュを狙っていたのもまた事実です。素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた7号車のドライバー、メカニック、エンジニアには本当に申し訳なく思います。我々は一つのチームです。彼らの悔しさは、チーム全員の悔しさでもあります。我々が今年のル・マンで経験した嬉しいこと、悲しいことをファンの皆様に現場で直接分かち合うことはできませんでしたが、来年は直接お会いすることができることを願っています。レベリオンの皆様、準優勝おめでとうございます。何度もプッシュされました。本当に尊敬すべきチームです。また、このような世界的な困難な状況にありながらも、我々にル・マンに挑戦する機会を与えてくださったACOにも感謝しています。

 

■小林可夢偉 選手(7号車)

 

3位という結果は我々が望んでいたものでも、予想していたものでもありません。我々は今年もここル・マンで非常に速かったのですが、レースというのは残酷です。我々はよく戦いましたし、チームも深夜に迅速な作業で車両を修復してくれました。今回のトラブルは初めてのことですが、それがこのような重要なレース中だったというのは本当に不運でした。しかし、ル・マンではこういうことも起こりえます。8号車と、ハードワークで2台揃っての完走を成し遂げたチームを祝福します。

 

■マイク・コンウェイ 選手(7号車)

 

ル・マンの勝利の女神は今年も我々には微笑んでくれませんでした。TOYOTA GAZOO Racingが3連覇を達成したことは喜ぶべきことですが、我々7号車の側からすると、また勝利を逃してしまったような感じです。また、これによりチャンピオン争いの状況が大きく変わってしまったことも残念です。ひとつのレースで2つの大きなダメージを負ってしまいました。我々は常に良いレースをするためにここに来ていますが、いつも何かに邪魔されているようです。とはいえ、8号車が勝ったことはチームにとって良かったですし、彼らは素晴らしい戦いぶりでした。


 

■ホセ・マリア・ロペス 選手(7号車)

 

まずは、チームと8号車のクルー、おめでとう。このようなビッグレースを3連覇するというのは、TOYOTA GAZOO Racingにとっても大変な偉業です。このレースに向け、チームは昼夜なくハードに働いてきました。マイクと可夢偉を含む誰もが素晴らしい働きをしましたし、私自身もその一部だったと思います。今回は運に恵まれず、我々の7号車にとって望んでいた結果にはなりませんでした。本当に速かっただけに、勝てなかったのは残念ですが、挑戦を続けます。

 

■中嶋一貴 選手(8号車)

 

TS050 HYBRIDでの最後のル・マンで勝つことができたことは格別ですし、3連覇達成というのも素晴らしいです。我々の今日のレースは浮き沈みの激しい展開でしたが、7号車のクルーも含め、全員が本当に素晴らしい働きをしました。どういうわけか、我々は他の車よりも運に恵まれているようです。7号車がトラブルに見舞われたときは、TOYOTA GAZOO Racingとしてレースに勝つことが全てだったので、その後はとてもタフなレースになりました。それだけに勝利を達成することができ、このチームの一員でいられたことが本当に嬉しいです。

 

■セバスチャン・ブエミ 選手(8号車)

 

最高の気分です。チームメイトと、そしてチームがこの様な素晴らしい成果を成し遂げてくれました。ここル・マンでは、レースの流れはあっという間に変わります。レースが始まったときは、スローゾーンのタイミングやタイヤのパンク、ブレーキ冷却のトラブルなど、あらゆる災厄が私に襲いかかってきているように感じました。しかしその後、突然状況は好転して我々は首位に立ち、まもなく後続に5周差をつけるまでになりました。今年のル・マンは、レースは最後まで何が起こるか分からないということを改めて教えてくれました。

 

■ブレンドン・ハートレー 選手(8号車)

 

チームメイトと、チーム全てを誇りに思います。このチームに加わったばかりの時は、学習の連続でした。セブ(ブエミ)と一貴のおかげで、この複雑なレースカーを速く走らせることができるようになりました。今日は序盤、幾つかのトラブルに見舞われましたが、支えてくれた最高のメカニックやエンジニアのおかげで、その後は完璧なレースでした。全てが上手く行き、TOYOTA GAZOO Racingには本当に感謝しています。

 

 

 

 

■WEC 2019-2020年 第7戦 ル・マン24時間レース 特設ページ:https://toyotagazooracing.com/jp/wec/special/2019-2020/24h-lemans.html

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。