NEXT MOBILITY

MENU

2020年11月19日【テクノロジー】

ボルボ、画期的な複合現実シミュレーターの使用で安全追及

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ボルボ・カーズは11月19日(現地時間)、最新のゲーム技術を活用した画期的な複合現実シミュレーターを使用していると明らかにした。

 

 

 

ボルボ・カーズのエンジニアが「究極のドライビングシミュレーター」と呼ぶこのシミュレーターは、微調整可能な運転席、触覚フィードバックのあるステアリングホイール、透き通ったバーチャルリアリティヘッドセットを備えたセットアップで、現実とシミュレーションの境界をシームレスにするというもの。

 

 

2019年、ボルボ・カーズはフィンランドのバーチャルおよびミックスリアリティの専門家であるVarjo(バリヨ)と共同で、複合現実ヘッドセットを装着したまま実車の運転を可能にした。現在、このコラボレーションは、最先端のリアルタイム3D開発プラットフォームであるUnity(ユーニティ)と全身触覚スーツメーカーのTeslasuit(テスラスーツ)にも拡大されている。

 

 

実物に酷似した高精細3Dグラフィックス、拡張現実感を生み出すヘッドセット、仮想世界からの触覚フィードバックを提供する全身スーツ型デバイス「テスラスーツ」を組み合わせ、身体の反応をモニタリングすることで、実際の道路で実際の車を運転しているかのように感じられるという。

 

 

このソフトウェアとハードウェアの組み合わせにより、ボルボ・カーズのエンジニアは、新しい安全性、運転支援、自動運転機能の開発のために、人と車の相互作用に関する知見を蓄積できる。テストドライバーは、想像されるアクティブ・セーフティ、運転支援機能、今後の自動運転ユーザーインターフェース、将来のカーモデル、その他多くのシナリオに触れ、実際のテストコースの道路やテストラボで使用することができる。

 

 

ボルボのオープンイノベーションアリーナのユーザーエクスペリエンス担当シニアリーダーのキャスパー・ウィックマン氏によると、このシミュレーターにより、ボルボ・カーズでは安全な環境下で本物の人間の反応を研究することができ、実際のテストにかかる費用を何分の一かに抑えることができるとしている。

 

 

衝突回避技術のような自動車の安全システムを開発する場合、テストは非常に重要となるが、実際にシステムをテストするには危険が伴い、時間と費用もかかる。しかし、バーチャルシミュレーションや複合現実シミュレーションを使えば、物理的なプロトタイプを作ったり、複雑なシナリオを設定したりすることなく、実際の環境で完全に安全なテストが可能となる。同社では、この最先端の技術を使用することで、私たちは将来の安全な車づくりを模索していくとしている。

 


 

【ドライビングシュミレーターに使用された技術】

 

■Varjoミックスリアリティヘッドセット

 

ボルボ・カーズは2019年、Varjoと共同で、複合現実ヘッドセットを装着しながら実車を運転できるように設定。Varjo XR-1 Developer Editionヘッドセットは、ビデオカメラを使用して複合現実を可能にし、高精細な解像度で複合現実または仮想現実を提供する。Varjo XR-1 ヘッドセットを使用することで、Unityyで作成したオブジェクトや環境を現実世界とシームレスに統合する。

 

 

■テスラスーツ

 

ハプティック技術(触覚技術)は、力、振動、または運動を応用することで、仮想世界と対話する際の触覚体験を再現する。Teslasuiの先進的な全身触覚スーツを着用することで、ボルボのシミュレーション・テスターは、実際に危険な状況を体験することなく、衝突時に受けるであろう衝撃の小規模な再現を体感できる。ボルボのエンジニアは、ストレス下で筋肉、ストレスレベル、心拍数がどのように反応するかをテストでき、この研究結果をリスクの高い状況の回避と緩和を目的とした次世代の安全システムの開発に応用できる。

 

 

■Unityシミュレーションエンジン

 

ビデオゲーム開発の分野で、世界で最も人気のある開発プラットフォームのひとつであるUnity社の最新のリアルタイム3Dソフトウェアを使用して作成。ボルボ・カーズのエンジニアは、Unityを使用することで、シミュレーションで使用する仮想環境を作成し、その仮想環境に正確に設計されたボルボ車の3Dモデルを配置し、設計の評価ができるようになる。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。