NEXT MOBILITY

MENU

2018年9月27日【テクノロジー】

ヤマハ発動機、低速モビリティの試作車を国際福祉機器展に出展

NEXT MOBILITY編集部

ヤマハ発動機は、低速モビリティのコンセプトモデル「YNF(Yamaha Next Field)-01」を制作し、10月10日(水)~10月12日(金)に東京ビッグサイトで開催される、「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」に出展する。

ヤマハ発動機・ロゴ

「YNF-01」には、ROV(Recreational Off-highway Vehicle)やATV(四輪バギー)など、多岐に渡る事業で培った技術やノウハウを凝縮。さまざまな路面を走破できる大径タイヤと4輪独立サスペンションを採用し、コンパクトでありながら頑丈な足回り設計とした。

 

また、乗る人を包み込むフレーム設計にすることで「ホールド感」と「解放感」を共存。オフロードテイストのスタイリングと質感を感じるマテリアルやカラーリングなど、乗る人の「行きたい場所には全て行き、やりたいことは全てやる」という意欲をかき立て、外の世界へと誘うデザインとした。

 

ヤマハ発動機は、個人利用のみならず、商業施設やテーマパーク、新しい観光スタイルなど、さまざまな企業・団体・自治体とのコラボレーションやラストワンマイルモビリティなど、新たな移動利用を積極的に提案し、展開していくとしている。

 

 

[第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018の開催概要]

 

– 主催:全国社会福祉協議会 保健福祉広報協会
– 会期:2018年10月10日(水)~10月12日(金)10:00~17:30(最終日12日のみ16:00まで
– 会場:東京ビッグサイト東展示ホール
– 出展社:約550社(見込み)
– 来場者:約12万人(見込み)
– 入場料:無料(登録制:事前もしくは当日)
– 展示製品:

○移動機器、移動補助製品
○福祉車両、関連機器
○コミュニケーション・見守り機器
○建築・住宅設備
○リハビリ・介護予防機器
○義肢、装具
○日常生活支援用品
○福祉施設環境設備・用品
○在宅・施設サービス経営情報システム など

 

■第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018:https://www.hcr.or.jp/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。