NEXT MOBILITY

MENU

2020年12月25日【新型車】

トヨタ、2人乗り超小型EV「C+pod」を発売

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車・ロゴ

トヨタ自動車は、2人乗りタイプ超小型EV「C+pod(シーポッド)」の法人ユーザーや自治体等への限定販売を、12月25日(金)に開始した。価格(税込み)は165万円から。

 

今後トヨタは、EVの新たなビジネスモデル構築など、普及に向けた体制づくりを進め、個人向けを含めた本格販売を、2022年を目途に開始する予定。

 

 

 

 

新型車C+podでは、日常生活における近距離移動に加え、定期的な訪問巡回といった法人利用や都市・山間部など、それぞれの地域に即した安心・自由かつ環境に良い移動手段を目指し、移動における1人当たりの高いエネルギー効率を追求していると云う。

 

またトヨタは、EVのさらなる普及推進のためにラインアップを拡充すると共に、オープンに仲間を募り、新たなビジネスモデルの構築を目指し、先ず日本で、C+podや歩行領域EV(*1)、TOYOTA i-ROAD(*2)を用いた取り組みを開始する。

 

なお、この取り組みについては、現在200以上(*3)もの法人や自治体とともに検討を進めている。

 

 

 

 

具体的には、今回のC+pod発売を機に、EVならではの新たなサービスを実証的に提供。最適な充電設備工事とCO2フリー電力などのEV向け電力プランについて、1つの窓口でサポートする法人向けワンストップサービス「TOYOTA GREEN CHARGE」を、中部電力ミライズと共同開発し、同社ならびに関西電力、東京電力エナジーパートナーとも提携して同サービスを展開する。

 

さらに、観光情報とのセットでTOYOTA SHARE(*4)を活用し、利用者の観光・周遊促進を図る「EVカーシェア」など、順次進めていく計画だ。

 

*1:歩行空間での移動をスムーズにするEV。荷物が多い等の体への負荷が大きいシーンや、歩行が困難な人等の移動をサポート。立ち乗りタイプ、座り乗りタイプに加え、車いす連結タイプの3タイプを予定。
*2:コンパクトなボディサイズによるバイク並みの使い勝手とクルマに近い快適性・安定性を両立させた3輪タイプのEV。
*3:2020年12月時点。
*4:スマホひとつで利用できるトヨタのカーシェアサービス。

 

 

 

 

[生産工場]

 

トヨタ自動車 元町工場

 

[メーカー希望小売価格] (消費税込み/円)

 

<グレード、原動機、バッテリー、駆動、価格(*)>
– X、1RM(交流同期電動機)、リチウムイオン電池、後輪駆動(RR)、1,650,000

 

– G、1RM(交流同期電動機)、リチウムイオン電池、後輪駆動(RR)、1,716,000 ◎

 

◎:掲載写真(除くオプション)
*:価格にはリサイクル料金は含まれない。

 

 

[車両概要]

 

① 移動の自由を提供

 

・全長2,490mm×全幅1,290mm×全高1,550mmのコンパクトなボディ。最小回転半径を3.9mとし、曲がり角や車庫入れ時などにも切り返しが少ない優れた取り回しを実現。

 

・リチウムイオンバッテリーをシート足元の床下に搭載し、段差の少ない低床フラットフロアを実現。

 

・リヤにモーターを配置。高剛性かつ軽量なボディと路面の凹凸を吸収する独立懸架式サスペンションとの組み合わせで、上質な乗り心地ときびきびとした安定感のある走りを実現。

 

・150kmの航続距離(WLTCモード値 クラス1(*1)・充電電力使用時走行距離。国土交通省審査値)。

 

*1:超小型モビリティのように最高速度が制限された電気自動車について、車両に適した走行モードを規定。クラス1の走行モードには、高速道路モードが含まれない。

 

 

 

 

② EVならではの利便性

 

・「普通充電」に標準対応。付属の充電ケーブル(AC200V・AC100V兼用)をコンセントに接続するだけで充電が可能。外出先では、EV・PHV充電サポート(*2)に加入することで、G-Station(充電器)が設置されているトヨタ車両販売店(約4,200基/*3)をはじめ、全国の普通充電スポット(約10,800基/*4)での充電が可能。

 

・最大1,500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備。助手席足元に設置されたアクセサリーコンセントに加え、オプションのヴィークルパワーコネクターを車両前方の普通充電インレットに差し込めば、外部給電用のコンセントとして約10時間程度(*5)の電力が供給可能。

 

 

 

 

*2:トヨタ自動車が提供するEV、PHV向けの充電会員サービス。
*3:2020年2月時点。
*4:2020年2月時点。合同会社日本充電サービスと連携する普通充電器の設置数(http://www.nippon-juden.co.jp/)。
*5:一般家庭が日常使用する消費電力量1日当たり10kWh(家庭での1時間当たりの消費電力400W)として試算した場合。

 

③ シンプルなデザイン

 

キャビンをブラックアウト。LEDヘッドランプ、LEDリヤコンビネーションランプも取り込み凝縮感とEVデザインとして特徴的なグラフィックを創造。毎日使う充電/給電インレットをヘッドランプの間に配置し、扱いやすさに配慮。

 

・外板は樹脂製とし軽量化を追求。ボディカラーには、キャビンのブラックに、シアンメタリック、オレンジメタリックなどと組み合わせたツートーンカラー(*6)を全5色設定。加えて、キャビンに加えボディもブラックアウトしたスリートーンカラー(*6)を、全3色から選択可能。

 

・1,100mmの室内幅に、大人2人が並んで座れるシンプルな室内空間を実現。インストルメントパネルには、メーターを中心とする機能系装備をホワイトのセンタートレイ上に配置。ブラックを基調とするインテリアとのコントラストで広さを演出。スイッチ類もセンターパネルに集約し、人にやさしい操作性を実現。

 

*6:Gにオプション設定。

 

④ 安全装備

 

・軽自動車向けの基準をもとに、新たに設定された超小型モビリティ用の安全基準に対応。万が一の事故に備え、衝突エネルギーを多くの部材へ効率よく分散吸収させる構造の採用等により、前面、側面、後面など、あらゆる方向からの衝突に対して安全性を追求。歩行者への衝撃を緩和する歩行者傷害軽減ボディも採用。

 

・車両(昼夜)、歩行者(昼夜)および自転車運転者(昼間)を検知可能なプリクラッシュセーフティを標準装備。低速走行時における、壁などの障害物との衝突回避または被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]も設定。

 

 

[主要諸元]

 

 

 

■(トヨタ)EVの普及に向けたメッセージ:https://toyota.jp/personalmobility/

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。